お詫びと訂正
SNSで最新の記事を受け取る

藤浪晋太郎、練習遅刻により2軍へ降格…「コロナといい遅刻といい、私生活もノーコン」との厳しい声

スポンサーリンク
スポーツ選手
スポンサーリンク

(※画像はイメージです)

29日、プロ野球、阪神タイガース・藤浪晋太郎選手が、2軍に降格したことが明らかとなりました。

その理由は、前日の練習に遅刻をしてきたからとのこと。

先日、コロナ感染した藤浪選手ですが、その感染経路が大阪市内での友人宅のパーティだっただけに、批判が集中していたのも事実。

信頼回復に向けて再スタートを切っていただけに、ファンや関係者の落胆は計り知れません。

藤浪晋太郎、練習遅刻により2軍へ降格…「コロナといい遅刻といい、私生活もノーコン」と厳しい批判が

29日、プロ野球、阪神タイガース・藤浪晋太郎選手が、2軍に降格したことが明らかとなりました。

新型コロナウイルスの影響により開幕が延期していたプロ野球ですが、先日、6月19日に開幕することが決定。

大きな転機となっただけに、ファンからも期待の声が多く寄せられました。

藤浪選手が所属する阪神タイガースでも、開幕に向けて調整が進められており、5月23日からは本拠地・甲子園での練習も再開されたばかりでした。

24日のシート打撃で藤浪選手は、打者5人と対戦をし、4三振を奪うなどの好調ぶりをアピールし、同球団の矢野燿大監督からも、開幕一軍が期待されるほど。

しかしながら、28日の全体練習に遅刻をしてきた藤浪選手は、監督より2軍行きを命じられることに。

「2軍で見つめ直すというか…一緒にやるのはちょっと難しいなという判断で、下に行ってもらった」と、2軍行きを命じた理由について語っておりました。

これには阪神ファンのみならず、野球ファンからも、

《コロナといい、遅刻といい、藤浪は何をしているのでしょうか?私生活もノーコンピッチャーですね。》

《いつまでも本人に危機感がないよね》

《結果を残すのも大事だけど、日々の行動もしっかり改めないと、失ったものは取り戻せないんだよ》

《遅刻とか話にならん。藤浪はもう要らん》

など、プロとしての自覚が足りない行動に、厳しい意見が寄せられました。

 

スポンサーリンク

藤浪晋太郎、コロナ感染でバッシングも…何を学んだのか?

遅刻が原因で2軍に降格をしてしまい、批判が相次いでいる藤浪晋太郎選手。

藤浪選手をめぐっては、3月26日にPCR検査で陽性反応が出ており、コロナに感染したことでも話題になりましたが、その感染経路が大阪市内での友人宅でのパーティに参加したによるものだったため、世間からは数多くのバッシングが。

しかしながら4月23日、兵庫県内の球団施設で会見に臨んだ藤浪選手は、「非常に軽率でした」と謝罪をし「今後は野球のプレーで信頼を取り返すしかない。しっかりプレーで恩返しが出来るよう、一生懸命野球を頑張っていきたい。」と話しました。

頑張っていこうと再起を誓った矢先、遅刻をしてしまった藤浪選手。

ネット上からは「コロナ感染で何を学んだ?」という声も。

プロとして、エンターテイメントという「興業」の一面もあるプロ野球は、選手一人ひとりの言動が世間から注目されるのも事実。

藤浪選手の様な人気選手であれば尚更です。

プロとしての自覚があるのであれば、これ以上の社会的なマナー違反を起こさないことを祈るばかりです。

(文:服部慎一)