お詫びと訂正
SNSで最新の記事を受け取る

木村花さん、自宅から遺書が…母親に対し「ごめんね。産んでくれてありがとう」誹謗中傷に対する言及も

スポンサーリンク
タレント

(※画像はイメージです)

23日、東京都内の自宅で亡くなった、女子プロレスラーの木村花さん。

人気恋愛リアリティショー「テラスハウス」への出演をめぐり、SNSでの誹謗中傷が原因で自殺をしたと考えられておりますが、その木村さんの遺書が発見されたことが明らかとなりました。

木村さんが、遺書につづった内容とは、どのようなものだったのでしょうか。

 

ad
スポンサーリンク

木村花さん、遺書で母親に対し「ごめんね。産んでくれてありがとう」

23日、女子プロレスラーの木村花さんが、東京都内の自宅で亡くなったことが明らかとなりました。

所属団体「スターダム」が公表し、木村さんは22歳という若さでした。

また、女子プロレスラーとしてだけでなく、2019年10月から放送の、人気恋愛リアリティショー「TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020」(Netflix・フジテレビ系列)に出演するなど、タレントしても活動していた木村さん。

そんな木村さんのあまりにも早すぎる死去であるだけに、ネット上は騒然。

さらに、木村さんの死因が「テラスハウス」出演時の言動に対して、SNSで誹謗中傷が止まなかったためだという見解がなされ、世間でも大きな波紋が広がりました。

これを受け、捜査関係者は、25日、木村さんの「遺書」と見られる手書きのメモが自宅から数枚発見されたと発表。

そこには周囲への感謝の気持ちが書かれていたそうで、母親に対して「ごめんね。産んでくれてありがとう」などの文言も。

また、遺書には、SNSで「誹謗中傷」をしていたとされる特定のアカウントに対して言及する内容も示されていた等の情報もあり、ますます波紋は広がりを見せることでしょう。

 

スポンサーリンク

木村花さんの早すぎる死去 未然に防ぐことは出来なかったのか?

22歳というあまりにも早すぎる年齢で亡くなってしまった、木村花さん。

死因は断定されてはいないものの、遺書とみられるメモが発見されたり、なくなる直前のSNSの言動も、自殺をほのめかす内容であった事から、十中八九、自殺なのではないかとの見解がなされております。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、プロレスも他のスポーツ同様に、試合や興行を自粛しており、選手たちも自宅にいる時間が長くなっています。

コロナ禍でなければ、試合に集中することによってSNSでの「誹謗中傷」といった雑音をシャットアウトできたのかもしれません。

また、SNSでの「誹謗中傷」を早めに誰かに相談できれば、悲劇は生まれなかったのかもしれません。

芸能人や著名人は、少なからず「批判」や「誹謗中傷」が書かれたりすることがあると思いますが、それに屈せず対応するというのは、ものすごい精神力と体力を要するため、現実的ではありません。

禅の教えに「日々是好日」というものがあります。

これは、「過ぎたことを忘れ、一瞬一瞬を大切にして精一杯生き、よい一日にしなさい」という意味の言葉。

匿名で、有名人に「誹謗中傷」をしている全ての人間が、この禅の教えを実践することができれば、尊い命を守ることができたと思います。

木村花さんの、ご冥福をお祈りいたします。