SNSで最新の記事を受け取る

IKKO、自宅で泥棒と鉢合わせに?過去の空き巣被害の暴露に、視聴者「無事で良かった」

スポンサーリンク
タレント

画像:時事

14日に放送された「幸せ!ボンビーガール」(日本テレビ系列)。

今回ゲストとして迎えたタレントのIKKOさんが、昔泥棒に入られたと語り、話題になっています。

IKKOさんの当時の被害は、どれほどだったのでしょうか。

ad
スポンサーリンク

IKKO、空き巣に入られるも…貧乏すぎて、泥棒は何も盗まず!?

14日に放送された「幸せ!ボンビーガール」(日本テレビ系列)。

同番組のゲストMCで登場したのは、タレントのIKKOさん。

IKKOさんは高校を卒業後、福岡から上京し、東京都の中目黒に住んでいました。

当時、田舎育ちの癖が抜けずに、鍵を閉めずに窓を開けて寝ていたところに、深夜泥棒が家に侵入。

泥棒の存在にIKKOさんは気づくも、怖くて動けず、寝たふりをして、泥棒が帰るのを待っていたと話しています。

IKKOさんの自宅には、金目のものはなく、そもそも家の中に何も置いてなかったため、泥棒は諦めて何も盗まずに帰っていったとのこと。

当時、IKKOさんはまだスタイリストとして、日の目を浴びておらず、ギャラは月収5万円しかもらっていなかったそうです。

そのため、IKKOさんの家の中に金目のものがないのも頷けます。

この放送を見た視聴者からは、

「無事で良かった」

「そのまま帰ってくれてよかった」

とIKKOさんを心配した声も寄せられていました。

 

スポンサーリンク

過去、志村けんも空き巣被害に!?被害総額はなんと…

上京当時、中目黒に住んでいた際に、空き巣の被害にあったIKKOさん。

他にも芸能人の方で空き巣被害にあう方が多数いる中、被害額が一番多いのは誰なのでしょうか。

それは、先日日亡くなったお笑いタレントの志村けんさんです。

志村さんが泥棒に入られたのは、2004年のこと。

当時、東京の三鷹にある志村さんの自宅に泥棒が侵入すると、警報装置が作動。

30分後に、警備会社が志村さんの自宅に到着すると、すでに泥棒はいなく、現金やブランド品、貴金属がまるごと盗まれ、被害総額はおよそ1500万円にも及んだそうです。

事件を知った志村さんは、自宅に帰り被害を確認すると、全ての引き出しが外に出されて、荒らされていたとのこと。

当時に比べ防犯のセキュリティーも強化され、警備員の中で事故発生から25分以内に現場に向かう「25分ルール」という規定も制定されています。

志村さんのように、誰もが知る芸能人だと泥棒に狙われやすいと思いますが、現代の高いセキュリティーを駆使すれば、被害を最小限に抑えることができるでしょう。

(文:M.K)