SNSで最新の記事を受け取る

堀ちえみ、舌ガンでの『誤診』を告白!しかし、過去には『誤診』で命を落とした芸能人も

スポンサーリンク
タレント

17日に放送された「名医とつながる!たけしの家庭の医学」(テレビ朝日系列)。

同番組に出演したタレント・堀ちえみさんが、昨年手術を受けた舌ガンの、経緯を赤裸々に語りました。

体内の他部位にまで転移が進み、ステージ4になった舌ガン。

その始まりは、医者の誤診が原因だったようです。

スポンサーリンク

堀ちえみ、舌ガンの誤診を語る!「大きな病院に行っておけば…」と後悔

17日夜に放送された「名医とつながる!たけしの家庭の医学」(テレビ朝日系列)。

これまで数々の病症を紹介し、視聴者の健康を手助けしてきた同番組ですが、この日最終回を迎え、放送16年の歴史に幕を降ろしました。

その最後に登場したのが、タレント・堀ちえみさん。

堀さんは一昨年、舌ガンを患っていることを公表、舌からリンパなどにも転移している「ステージ4」の状態であることも明らかにして、手術を受けました。

手術は無事成功、そして今年1月初旬に放送された「徹子の部屋」(テレビ朝日系列)で、堀さんは芸能活動復帰を果たします。

そんな堀さんは、「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で舌ガンになり、手術を受けるまでの経緯を赤裸々に語りました。

始まりは2018年。

口の中に「ピリッ」とした痛みを感じた堀さん、口の中の様子を確認すると、舌に口内炎のようなものができていました。

しかし、堀さんは「口内炎だろう」と思い込み、放置してしまいました。

結果、1ヶ月経過しても口内炎のようなものは治らず、それどころか大きくなる一方。

心配になった堀さんは、かかりつけの歯科医師に相談しました。

この時に、「悪性の疑い」と診断されれば良かったものの、歯科医師は「悪性のものじゃないから大丈夫」と誤診してしまったのです。

診断結果に安心してしまった堀さん、数ヶ月病院にかかることはありませんでしたが、激痛が収まらないことで口腔外科を受診し、舌ガンだと判明したのです。

「もっと早く専門の病院を受診していれば良かった」と、歯科医に行ってしまったことを後悔している堀さん。

「歯科医師の責任じゃん。誤診したんでしょう?」

「せめてセカンドオピニオンを勧めていれば……」

と、番組を観た視聴者からは、誤診を起こした歯科医師に批判が相次いでいました。

 

スポンサーリンク

堀ちえみだけではない!誤診された芸能人!

誤診を受けたことが、舌ガンの悪化に繋がってしまった堀ちえみさん。

芸能界には他にも、誤診を受けた人が存在します。

俳優・今井雅之さんも誤診を受けた1人です。

お腹の調子が良くなかった今井さん、都内の総合病院に診察を受けにいきましたが、「腸の風邪」だと診断されます。

しかし、調子が良くならないことが気になった今井さんは、その後何度も受診しますが、その度に「腸の風邪」とあしらわれたそう。

そこで、兵庫の病院で診察を受けたところ大腸ガン、しかも施しようがないほど悪化していました。

病院を巡り、横浜の専門医の元で手術を受けることができ、今井さんは一命を取り留めました。

しかし翌年、闘病の末、帰らぬ人に。

また、日本テレビのアナウンサーだった小林麻央さんも誤診からガンを見逃してしまった1人。

歌舞伎俳優・市川海老蔵さんと結婚し、2児の子供の母親でもありましたが、乳がんを患い2017年に亡くなりました。

その小林さんの闘病の始まりも、誤診から。

人間ドックで乳がんの可能性を指摘された小林さんは、都内の病院を受診。

しかしこの時、乳ガンとは診断されず、病名が明らかになったのはそれから8ヶ月のことでした。

身近な出来事である誤診。

医師も人間であるゆえ、ヒューマンエラーを起こす可能性はゼロではありません。

誤診から逃れるには、セカンドオピニオンを受けるなど、自分自身の思い込みを防ぐことがたいせつなのでしょう。

(文:有馬翔平)