当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

山口智子、芸能界で最初に『胸を触った相手』を告白「たいした胸じゃないけど…」

スポンサーリンク
俳優

3日に放送された「チマタの噺」(テレビ東京系列)。

同番組に出演した女優・山口智子さんが過去、ドラマの最中に胸を触られたことを告白。

その相手が、芸能界の大御所タレントでした。

山口さんは一体、誰に胸を触られたのでしょうか。

スポンサーリンク

山口智子の胸を触ったのは笑福亭鶴瓶!さらに露出まで?

3日深夜に放送された「チマタの噺」(テレビ東京系列)。

この日、同番組のゲストとして出演したのは女優・山口智子さん。

山口さんといえば、90年代に放送されたトレンディドラマで、数々のヒロインを務めてきた方。

特に、1996年放送のドラマ「ロングバケーション」(フジテレビ系列)では、木村拓哉さんの相手を務め、最終回の視聴率36%という数字を叩き出したことでも有名です。

そんな山口さんが、女優として名前を全国に広めたのは、1988年放送の朝ドラ「純ちゃんの応援歌」。

同ドラマで山口さんは、「チマタの噺」のMCである落語家・笑福亭鶴瓶さんと共演を果たしていました。

話題は、当時の撮影に。

「純ちゃんの応援歌」で、二人三脚をするシーンがあったそう。

二人三脚を組んだ山口さんと鶴瓶さんが、転ぶシーンの撮影でしたが、転んだ際に鶴瓶さんの手が、山口さんの胸にあたるという演出でした。

「芸能界で初めて胸をタッチした」と、鶴瓶さんを指摘する山口さん。

鶴瓶さんは「台本に書いてあんねんで!」と、カメラに向かって弁解します。

さらに、胸を触られた話から、山口さんは撮影時のプライベートな話題を口にしました。

「これ、オンエアしていいかわかないけど……」と言って、山口さんが話し始めたのは、当時宿泊していたホテルで「露出狂」が出たというもの。

山口さんが撮影から帰ってエレベーターに乗ろうとしたところ、浴衣の男が乗っていたそう。

すると、その男はいきなりバッ、と浴衣を脱ぎ、恥部を晒してきてきました。

通常、女性なら「キャー!」と悲鳴を上げるはずですが、山口さんは撮影の疲れもあり、無表情で通り過ぎていきました。

ただ、山口さんが通報もしなかったことから露出狂は逮捕されず、誰なのかわからないまま。

胸を触った話から露出狂の話になったため、鶴瓶さんに疑惑の目が向けられましたが、「おい!俺じゃないぞ!」とすぐさま否定し、笑いを誘っていました。

 

スポンサーリンク

笑福亭鶴瓶の行為はセクハラ?濡れ場も厳しくなった撮影現場

初主演時の朝ドラ「純ちゃんの応援歌」で、笑福亭鶴瓶に胸を触られる演出があった山口智子さん。

「大した胸じゃないんだけどね」と、胸を触られたことに嫌悪感は抱いていない様子。

しかし、撮影とはいえデリケートな体の部分を触って、セクハラになることはあるのでしょうか。

アメリカでは2017年、映画プロデューサーが長期間にわたって、セクハラ行為をしていたとして「#MeToo」運動が巻き起こりました。

この運動がきっかけで、注目を浴びたのが「インティマシー・コーディネーター」。

元々は、役者の精神状態を管理する仕事でしたが、現在は性的な描写のある、いわゆる「濡れ場」シーンを撮影する際は、インティマシー・コーディネーターが必ず立ち会わなければならない、という風潮になってきているそう。

世が世なら昨日の放送で、鶴瓶さんが山口さんから「セクハラだ!」と言われていたのかもしれません。

(文:有馬翔平)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
俳優
SNSで最新の記事を受け取る
シェアする
Quick Timez