坂口健太郎は結婚している?豪華すぎる歴代彼女や結婚観について解説

文:Quick Timez 編集部
坂口健太郎俳優・女優
スポンサーリンク

画像:時事通信フォト

・さわやかで、クールなイメージが強い俳優の坂口健太郎さん。

・恋愛ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」に出演したきっかけで人気急上昇。

・そんな坂口健太郎さんの結婚についてや過去の恋愛エピソード、現在やこれからの活動など、さまざまな情報をご紹介します。

スポンサーリンク

坂口健太郎のプロフィール

名前:坂口健太郎(さかぐち けんたろう)

生年月日:1991年7月11日

出身:東京都

身長:178㎝

血液型:O型

趣味:映画鑑賞

特技:バレーボール

坂口健太郎、俳優、モデル。2010年ファッション誌「MEN’S NON-NO(メンズノンノ)」(集英社)による、第25回MEN’S NON-NOモデルオーディションに合格し、専属モデルとして活動開始。

2014年公開映画「シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸」で俳優デビュー。

翌年公開された映画「64-ロクヨン」の好演により、「第40回日本アカデミー賞」で新人俳優賞、「第41回エランドール賞」では新人賞を受賞。

テレビドラマでは2018年放送「シグナル 長期未解決事件捜査班」(フジテレビ系列)にて、連続ドラマ初主演を果たしモデル、俳優として人気を集める。

CM、バラエティ番組に出演のほか写真集も発売し幅広く活動している。

学生時代は高身長を活かしバレー部に所属し選手として活躍していた。

スポンサーリンク

坂口健太郎の結婚観は?

現在、坂口さんは結婚しておりませんが、結婚観について語っています。

テレビ番組「ボクらの時代」に出演したさいに、共演者から結婚願望について問われると
「そうですね・・・今はさあ!みたいな気持ちはないです」と回答。

続けて「僕なんかたぶん、人生観が”タイミング命”みたいなところがあったりするんですよ」と打ち明けています。

坂口さんは、結婚願望はありつつも俳優業とのバランスを考えているようです。

番組を観た女性ファンからは、「まだ結婚しないで」、「安心した」といった声が多数寄せられています。

坂口健太郎の好きなタイプは?

高身長で塩顔イケメンの坂口健太郎さんは、どのような異性がタイプなのでしょうか?

過去のインタビューにて好きなタイプについて問われると「自由に自分ができる人。気を抜いてていい人」と回答。

坂口さんは、知り合ってもなかなか相手に心を許すことは出来ず、すぐ好きになるタイプではないと明かしています。

続けて「かなり適当に生きている僕を、余裕を持ってコントロールしてくれる年上女性」とも告白。

また、攻めすぎると、逆に距離を取られるちゃうかなと頭で考えすぎてなかなか踏み出せないようです。

バラエティ番組では女性の好きなファッションは、白いワンピースに麦わら帽子が似合う方とも告白。

坂口さんは、一目惚れで急接近するといったこともなくゆっくりと時間をかけ、相手に素をみせられるくらい積極的で自立した女性が良いみたいですね。

坂口健太郎の歴代彼女とは?女優との過去の恋愛は?

これまでに結婚観や異性のタイプなどについて触れてきましたが、実際に坂口さんはこれまでに、どのような恋愛をしてきているのでしょうか。

坂口健太郎の歴代彼女①:波留

2015年、女優の波留さんとの熱愛が報道されました。

波留さんも坂口さんも過去にモデルのお仕事をしていたので、そこから交際に発展したのではないかとのこと。

しかしながら、それ以降お2人の情報も目撃もなく、俳優業として注目を浴びる時期だったので自然と終わってしまいました。

坂口健太郎の歴代彼女②:高畑充希

2016年、女優の高畑充希さんとの熱愛が報道され、高畑さんが坂口さんのマンションに通う姿もスクープされています。

2人は坂口さんのブレイクのきっかけともなったドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(フジテレビ系列)の共演にて交際に発展。

その後ドラマ「とと姉ちゃん」(NHK)で再共演しています。

翌年では、お互いドラマなど多忙であったため高畑さんは、坂口さんのマンションに引っ越し。

その後4年間の交際が続きましたが、2021年に破局してしまいました。

関係者によると「30歳を目前にして将来に対する考えに相違が出てきて別れた」と告白。

結婚に対する考えが違ってしまえば、好きでも別れを選択してしまうのかもしれませんね。

坂口健太郎の現在と今後の活動は?

素敵な笑顔で多くの女性ファンを虜にしている、坂口健太郎さんは今後はどのように活動していくのでしょうか。

2020年に公開された映画「仮面病棟」に出演。

坂口さん演じる見習い外科医は、ある夜にピエロの仮面を被った男が発砲した女性を治療するように依頼される。
そのまま、入院患者と職員が人質となり、病院の脱出に挑むストーリーとなっています。

続いては、2022年の3月に公開された映画「余命10年」に出演。

数万人に一人という難病である肺動脈性肺高血圧症で、余命が10年であることを知る彼女と、坂口さん演じる恋人との物語。
物語は実話であり、ご本人の故郷である静岡県にて1年かけて撮影したそうです。

また、同年に公開された映画「ヘルドッグス 地獄の犬たち」に出演。

関東最大の暴力で若頭補佐を務める主人公とその相棒を演じる坂口さん。

共に殺しの仕事を片付けるほか、血で血を洗う激しい抗争を繰り広げています。

現在も多くの映画に出演し、実力派俳優として活躍中の坂口健太郎さん。

今後の活躍にも注目です。

(文:Quick Timez 編集部)