ヒカキン 、イベント中に不審者が乱入し絡まれる…ネット騒然「ガチの放送事故」

文:Quick Timez 編集部
ヒカキンタレント
スポンサーリンク

画像:時事

14日に代々木競技場第一体育館で開催されたイベント「オールスター大運動会@代々木競技場」第二部の上演中、ステージに不審者が乱入しました。

不審者は人気YouTuberのヒカキンさんに絡み、いつ大事件に発展してもおかしくない状況であったことから、ネットには警備の杜撰さを指摘する声やヒカキンさんを心配する声が殺到しました。

スポンサーリンク

ヒカキン 、オールスター大運動会中に不審者が乱入

14日に代々木競技場第一体育館で開催されたイベント「オールスター大運動会@代々木競技場」第二部の上演中、ステージに不審者が乱入しました。

同イベントは、見届け人として人気YouTuberのヒカキンさんが登壇しており、主催は所属しているUUUM。

人気ストリーマーが一堂に会した有料イベントは、観客席は全て指定となっており、イベントの様子はYouTubeでライブ配信されていました。

傘をさした男性が、突然カメラに映り込み、ビニール袋のようなものをぶら下げた右腕で、馴れ馴れしくヒカキンさんの肩に手を回し、体を密着させた上でヒカキンさんの胸元にあったピンマイクを奪取。

ずっと何か声を発していましたが、ピンマイク越しに「皆さん、初めまして。僕、世界一かっこいい男に」と喋ったところで、スタッフにステージ裏へ連れ出されました。

裏に連れて行かれた男性は、何か絶叫しており、司会が「今スタッフの方が対応しております」、「ヒカキンさん、マイクお持ちですか?」と場を繋ぎますが、ヒカキンさんは、動揺を隠せずに共に登壇していた2名も困惑の表情を浮かべこわばったまま。

流血や殴打といったトラブルではなかったためなのか、イベントはその後も継続となったようです。

スポンサーリンク

ヒカキン、乱入者に「接触されたが無事」と投稿

今回の出来事を受け、ネットは騒然。

オンラインでイベントに参加していた人やライブ配信を見ていた視聴者からは、

《何かあってからでは遅い》

《警備の甘さや対応の遅さにビックリ》

《本当に怖かった…無事でよかった》

《オールスター大運動会の放送事故、警備弱すぎね? 》

《セキュリティ、甘すぎです。あれでHIKAKINさんに何かあったら事務所としてどう責任取るおつもりですか? 》

《これ、ガチの放送事故やん》

など、運営に対する手厳しい意見やヒカキンさんの無事に安堵する声が多数寄せられました。

今回の一連の出来事について、同日夜になり所属事務所と本人がそれぞれコメントを発表。

今回のイベントを運営した、ヒカキンさんの所属事務所・UUUMはホームページで「本日、代々木競技場第一体育館にて開催した『オールスター大運動会@代々木競技場』第二部の上演中に、ステージに不審者が侵入し、当社専属クリエイターHIKAKINに接触しました。(中略)当該事件発生直後、侵入者を複数スタッフにて取り押さえ、所轄の代々木署の警察官の方々へ引き渡しました。(以下省略)」と記述し、「事件」として報告しました。

また、ヒカキンさんはTwitterで「【ご報告】イベント中にステージで不審者に接触されたのですが、わたくしヒカキン怪我など一切なく、無事でした。メンタル的な部分に関しても大丈夫です。ショッキングな映像が流れてしまい申し訳ありません。ご心配ありがとうございます」と、謝罪ツイート。

UUUMは「本件によりHIKAKIN、出演者、スタッフなどにもいまのところ怪我などは発生していない状況です」としたものの、犯人が凶器を所持していたらと思うと、いつ命が失われてもおかしくなかったことから、ネットには不信感が募っているようです。

何事もなかったとはいえ、ヒカキンさんや応援しているファンに大きな心の傷を残す結果となりました。

(文:Quick Timez編集部)