当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」、「霜降りミキXIT」に取り上げられました

香川照之、はかなく散ったアゲハチョウの一生で命の尊さを訴えネット感動「感慨深い」「泣きそうになる」

スポンサーリンク
TV番組

画像:時事通信フォト

22日朝に放送された「THE TIME,」(TBS系列)に、香川照之さんが、スタジオに生出演。

香川さんは、蜘蛛に絡め取られたアゲハチョウを見て命の尊さを訴えるフリートークを展開し、感動を誘いました。

スポンサーリンク

香川照之、はかなく散ったアゲハチョウの一生で命の尊さを訴えネット感動の嵐

22日朝に放送された「THE TIME,」(TBS系列)。

金曜MCを務める俳優で歌舞伎役者の香川照之さんが、スタジオに生出演しました。

香川さんは、番組開始後のフリートークで「ここ数日、町中でチョウチョが飛ぶ姿がよく見られるようになりました。我が家のベランダにも昨年秋に幼虫から蛹化(ようか)をして、その姿のまま長い冬を越しているアゲハチョウのさなぎが7匹おりまして、そのうちの1匹が今週、ついに成虫になりました」と話し始めます。

続けて「ところが、その直後。私が一瞬、目を離したすきにその子は約1メートル下のコンクリートの床の隅に巣を張っていたクモの餌食になり、私がベランダに戻った時にはせっかく伸びた羽根が折りたたまれるように糸に絡め捕られて動かなくなっていました。その間、たった数十分の出来事でした」と、怒涛の展開を振り返ります。

さらに「このアゲハは昨年9月から7ヶ月間もの間、ずっとじっとサナギの中にいて、今週、ようやく外に出られたのです。この子の寿命は、成虫だったたった数十分とされるのか、それとも7ヶ月と数十分だったのか、人間の私にはそれを計る術もありません。しかし、私たちは今日もこの命を与えられて、クモの糸に絡め捕られることなく、一日を自由に生きられます」と人間に置き換えました。

「その日、このチョウの分まで生きようと決意を新たにした私をたかが虫のことでと、どうか笑わないでください」と2分に渡り、命の尊さを訴えた香川さん。

ネットには、フリートークに感動した視聴者から

《なかなか感慨深い…》

《香川照之さんの虫の話で泣きそうになる》

《弱肉強食の世界!改めて自分が当たり前に生きている事に感謝》

《6時香川照之さんの オープニングトーク凄すぎる。号泣しそう》

など、書き込みが殺到し、Twitterのトレンドワードで一時「香川さん」がランキング入りするなど大きな反響を呼びました。

スポンサーリンク

香川照之、秀逸なフリートーク連発でMC力に称賛の声

今回、その鋭い観察眼からまたも視聴者を唸らせた香川さん。

香川さんは、東京大学文学部卒ということもあり、その頭脳明晰ぶりは周知の通り。

今までも、コロナ禍により成人式の開催が危ぶまれている新成人へ向けての心強いエールや、「大学入試共通テスト」前日にも説得力のある励ましが注目を集めました。

香川さんは熱狂的なファンとして知られるボクシングの解説を務めたときは、「地球の地軸が少しずれてるようなパンチ」、「先祖の墓までぶっ飛ばすようなパンチ」など、現場の興奮を伝える 「香川語録」が話題になるほどに説得力のあるトーク力が魅力。

女優を母に持ち、父も歌舞伎役者という血の濃さから、自身も俳優として活躍していますが、 「朝の顔」としてすっかり定着しているようです。

(文:Quick Timez編集部)