関口宏、津波警報を謝罪も視聴者から批判の声相次ぐ「番組打ち切りでもおかしくない」

文:Quick Timez 編集部
関口宏TV番組
スポンサーリンク

画像:時事

16日に放送された「サンデーモーニング」(TBS系列)。

司会を務める関口宏さんが番組に生出演しました。

関口さんは、トンガ沖で発生した海底火山による津波情報を伝える日本地図が画面に出ることを謝罪し、違和感を感じた視聴者からの苦情がネットに殺到しました。

スポンサーリンク

関口宏、津波警報を謝罪で視聴者違和感だらけ「番組打ち切りでもおかしくない」

16日に放送された「サンデーモーニング」(TBS系列)。

司会を務める関口宏さんが番組に生出演しました。

冒頭で関口さんは、トンガ沖での海底火山が噴火した影響により、日本でも奄美群島、トカラ列島、岩手県に気象庁から津波警報が発令されていたことを受け「お気づきかもしれませんが、トンガというところでもって、火山が噴火しまして、それによる津波の注意報、警報が出ています」と伝えます。

続けて「これをお伝えしながら今日は番組を進めていかなければなりません」と発言し、不本意そうな表情に違和感を持つ視聴者。

新型コロナウィルスのニュースに移ると、そのパネルと画面上に表示されている津波情報の日本地図が重なると、関口さんは「画面がどうしても(パネルに重なりニュースが伝えづらい)、津波の警報を出すために日本地図をあそこへ出さなきゃならないんでしょうか」と疑問を投げかけた上、「ちょっとこれは見にくいかも知れませんが…。今日はちょっとお許しください」と謝罪。

津波警報については、人命がかかっているなど緊急性が高い上、その時間帯にNHKなどでは中継で津波が到達し船が転覆した様子などを放送するなど、決して他人事ではないニュースです。

にも関わらず、それらを排除しようとした姿勢に、ネットでは

《マスコミの最大の使命は緊急性の通達だと思う》

《番組打ちきりになってもおかしくない失言》

《国民の生命のリスクより、自分達の番組の見栄えを大事と考える》

など、違和感を感じた意見が殺到しました。

スポンサーリンク

関口宏、失言続きでもはや「老害」

同番組において関口さんの失言は多く、もはや「司会者」としての資質を疑う声も噴出しています。

過去には「ジェンダー論」について、勉強して意識をアップデートしていくとしながらも、意図していなかったとはいえ女性を軽視するような発言をしたり、観測史上最大の雨量を襲った熊本県や鹿児島県の被災者への配慮があるとは思えない軽い発言をするなど、その「老害」ぶりを非難する声は多く、厳しい声が寄せられています。

もはや毎週何かしらの失言が見られるようになり、それで炎上するのはお約束となりつつあります。

同番組では、昨年いっぱいで野球評論家の張本勲さんが降板しました。

張本さんは、幾度となくその失言により炎上騒動を度々起こしており、その降板ですら遅すぎたと言う書き込みが見られましたが、関口さんについても降板を望む声は未だ根強く、視聴者のためにも共に降板して番組の再編をするという選択肢があってもいいのではないでしょうか。

(文:Quick Timez編集部)