当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

劇団ひとり「本当に消えてほしい」定型文みたいなガヤをいう芸人に嫌悪感あらわ

スポンサーリンク
お笑い芸人

画像:時事

10月30日放送の「ゴッドタン」(テレビ東京系)。

この日は「MCガヤムカつかせ選手権」が開催され、レギュラー出演者である劇団ひとりさんもこの企画に参戦。

企画中に「マジで消えて欲しいと思うツッコミ芸人」に対して言及する場面があり、視聴者からの注目を集めたようです。

スポンサーリンク

「定型文みたいな笑いが嫌」 劇団ひとりが”マジで消えて欲しいツッコミ芸人”に言及

10月30日放送の「ゴッドタン」(テレビ東京系)。

この日は「MCガヤムカつかせ選手権」が開催され、制限無しで自由なガヤを入れて誰がMCを一番ムカつかせられるかを競う様子が放送されました。

レギュラーメンバーである劇団ひとりさんも、この企画に参戦。

本番前には、同じく参加者であるさらば青春の光・森田哲矢さんが、「今この辺の世代がガヤでひしめいてる」と、自身を含めた世代がガヤを奪い合っていることを明かしました。

「本当はMC側に行きたいんですよ」と語る森田さんの発言をきっかけに、普段MCをやっている劇団ひとりさんの「MC側」の本音を暴露。

”ムカつくガヤ”について劇団ひとりさんは、「なんか、もうちょっと泳がせてからツッコミたいのになってときに早めに処理されると『なんかもったいないな』って」と、MCよりも先にツッコミを入れてしまうガヤが嫌だと明かします。

続けて、「なんでもない場で言うならいいんだけど、そこそこおいしそうな匂いがしているときに『それもう楽屋でやってもらえます?』って言うガヤが嫌」、「そんな定型文で終わらせるやつは、本当に消えてほしい」と発言。

定型文の笑いをするガヤを嫌っていることを明かしました。

視聴者からは

ゴッドタンがまた頭おかしい企画始めててウケる

ゴッドタンのガヤムカつかせ選手権の社長生き生きツヤツヤしすぎで水を得た魚

ゴッドタンでMCがムカつくガヤの入れ方の話、ほとんどノンスタ井上じゃん。

《久しぶりの新企画物で面白かった》

など、企画を楽しむ声や劇団ひとりさんの発言に注目する声など、様々な意見が見られたようです。

スポンサーリンク

劇団ひとりは天才!? そのマルチな活躍ぶりとは

この日、「ゴッドタン」内にて普段MC側として活躍するからこその”消えて欲しいガヤ芸人”について発言し、注目を集めた劇団ひとりさん。

そんな劇団ひとりさんですが、1993年にお笑い芸人として芸能界デビューし、2000年からピン芸人としての活動をスターとしたようです。

その後の劇団ひとりさんは、ネタ番組での一人語り形式のネタで人気を博し、その後は数多くのレギュラー番組でMCも務める存在に。

また、お笑い芸人としてだけでなく作家としての活動も話題となり、2006年発売の「陰日向に咲く」(幻冬舎)は100万部を突破し、2008年には映画化もされています。

また、映画監督を務めたり自身も俳優として出演するなど活躍の場を広げ、なんと2021年に開催された「東京オリンピック2020」では、日本のアーティストを代表して開会式にも出演しました。

このように、芸人としてだけでなく様々な分野で成功している劇団ひとりさんに対し、「天才」と評価する視聴者も多いようです。

そんな劇団ひとりさんの”消えて欲しい芸人”発言だったからこそ、説得力があったのかもしれませんね。

(文:Quick Timez編集部)