当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」、「霜降りミキXIT」に取り上げられました

V6、解散する本当の理由とは?今後の活動やカミセン存続の真相も

スポンサーリンク
ジャニーズ

画像:時事

ジャニーズ事務所に所属するアイドルグループ・V6が、2021年11月1日をもって解散することが明らかとなりました。

この解散に伴い、トニセンは存続しカミセンは解散するということですが、その理由とは何なのでしょうか?

スポンサーリンク

V6、解散!26年にわたる活動に幕

12日、ジャニーズ事務所に所属するアイドルグループ・V6が、2021年11月1日をもって解散することが明らかとなりました。

公式サイトで同事務所は、「この度、V6は2021年11月1日をもちまして、解散いたしますことをご報告申し上げます。」と報告。

加えて、「今回、解散という結論に至りましたが、これは6人がV6のメンバーであることを誇りに思い、一人の人間として、これからの人生に対して前向きに決断した結果でございます。」とした上で、「そして、森田より『これからの人生、ジャニーズ事務所を離れた環境で役者としてチャレンジしたい』という発言があり、5人はその思いを受け止め、以降、何度も本音で話し合い、全員で今回の結論を導き出しました」とメンバーの森田剛さんがきっかけであるとも明かしました。

解散の理由については、『この6人でなければV6ではない』という思いが6人の中で一貫していたことから決断することができましたと、あくまで6人でいることが重要と強調していました。

V6は1995年、「MUSIC FOR THE PEOPLE」でメジャーデビューを果たし、年上組の坂本昌之さん、長野博さん、井ノ原快彦さんで形成される「20th Century(トニセン)」と呼ばれるユニットと、森田剛さん、三宅健さん、岡田准一さんから形成される「Coming Century(カミセン)」と呼ばれるユニットとしても活動をしていきました。

こちらの記事も読まれています→KinKi Kidsも解散?V6解散報道で、キンキファンが激震したワケ

スポンサーリンク

V6、解散する本当の理由とは?今後の活動やカミセン存続の真相も

解散を発表したV6。

ジャニーズ側は森田剛さんがきっかけであるとした上で、「2021年11月1日以降、森田剛は、ジャニーズ事務所を退所し、新たな道を歩むこととなりました」と、森田さんの退所も発表しております。

ネット上では、解散理由について

《剛くんやメンバーみんなで話し合った結果ならしょうがないよね。前向きな答え》

《私的にものすごく解散理由に納得してしまったから、悲しい気持ちやるせない気持ちには永遠に変わりないけど「この6人でなければV6ではない」が当たり前すぎて。それを本人達が1番分かってるのを知った瞬間なんか大丈夫になった》

《V6の解散がすごいショックなんだけど解散理由を見て仲良いからこそなんだなって思ってほっこりしたと同時に涙が出てきた》

《解散理由をそれぞれ学校の屋上から主張してほしい》

など、概ね納得をしているようです。

あくまで俳優業に専念をするために、ジャニーズを退所する森田さんの意向を尊重し、6人で活動しないならV6を解散するというのは、仲の良いV6らしい理由だと思います。

また、ジャニーズ事務所は「V6のグループ内ユニット20th Centuryは存続することとし、Coming CenturyはV6の解散をもちまして、活動を終了いたします」としており、カミセンは解散するものの、残るトニセンは存続するとのことです。

これには、「森田剛くんの退所とカミセンの活動終了なのに トニセンだけユニットとして活動継続なのは理由が分からない」と納得できないファンもいるようですが、トニセンのメンバーはジャニーズ事務所内に残りますし、特に解散する理由もないのでしょう。

SMAPの解散に続き、嵐の活動休止とV6の解散。

一時代を築いたグループの報道には、寂しさが残ってしまいます。

(文:服部慎一)