当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

ひろゆき、絶縁報道の堀江貴文へ生謝罪し視聴者も騒然「あ、ごめんなさい」

スポンサーリンク
タレント

画像:時事通信フォト

先日、週刊誌によって堀江貴文氏と絶縁状態であることを報じられたひろゆきこと実業家・西村博之さん。

水曜レギュラーとして出演している「グッとラック!」(TBS系)に10日登場すると、絶縁のトッピクスに対し堀江氏へ謝罪の言葉を述べました。

スポンサーリンク

ひろゆき、堀江貴文との絶縁報道に謝罪「あ、ごめんなさい」

10日、先日週刊誌によって報道された堀江貴文氏とひろゆきの愛称で親しまれる実業家・西村博之さんの絶縁報道を「グッとラック!」(TBS系)が特集。

番組に出演したひろゆきさんが、カメラに向かって堀江氏へ謝罪するシーンがありました。

昨年、堀江氏と飲食店との間に勃発した騒動に持論を述べるなどしたひろゆきさん。

すると堀江氏から「無理になりました」などと絶縁状とも取られる発言を突きるつけられることに。

この日、放送冒頭でこの話題を特集されると、ひろゆきさんは「僕、一言多いんですよね。前からそうなんですが。積み重なりがあってこういうことになったのは本当に申し訳ない」と、開口一番に謝罪の言葉を述べました。

そして、堀江氏が激怒した背景について「餃子屋さんの話が最後なんですけど、僕堀江さんの体型イジリとかめちゃくちゃやってたんですよ」と分析。

「そのせいでさすがに堪忍袋の緒が切れた的な…やっぱ思ったこと言っちゃうのはよくないなと思うんですよね」と反省。

しかし一方で、「一応大人として言うべきこと、言うべきでないこと考えたりするんですけどやっぱり思っちゃうと言いたくなっちゃうんですかね」とも。

その後、堀江氏と不仲報道について出演者らから質問を受けると「仲良くても悪くても言っちゃうんで。本当すみません」と、ひたすら謝罪を繰り返したひろゆきさん。

最後に、堀江氏へのコメントを求められても「あ、ごめんなさい!」と、謝り倒しました。

スポンサーリンク

ひろゆきの釈明に「人をイラつかせる天才」

堀江貴文氏から絶縁状と思われる言葉を突き付けられたひろゆきさん。

「グッとラック!」ではひたすらに謝り続けましたが、そのひろゆきさんの姿に番組を観ていた視聴者は、

「ひろゆきとホリエモン(堀江氏の愛称)のケンカが朝のニュースのトップで扱われるってすげえな…わかってんじゃん」

「ひろゆき、すべてに一言多くてめちゃくちゃ笑ってる」

「ホリエモンとひろゆきの話、まさか朝から見るとはwww打ち切り決まってからやりたい放題だな」

「ホリエモンとひろゆきでは、断然ひろゆきの方が性格悪いでしょうね(笑)」

「ホリエモンは良く悪くもストレートな発言が多い。それに対してひろゆき氏は頭良いんだよ。『おいらは好きですよ』で、自分を度量の広い大人に見せて、ホリエモンを小物に見せている計算づくだと思う。嘘と嘘と略」

「ひろゆき氏は本当に人をイラつかせる天才だよな~。ホリエモンは好きじゃないけど、怒る気持ちはわかるw」

「何事もバランスが大事なのかもしれないと朝から思った」

「ひろゆきさんとホリエモンはプロレスみたいなところがあるからな~痴話げんかみたいなものだと思ってる。でもすげえ楽しそうだなおい」

などと、何か含みがあるような謝罪の言葉に思わず笑いを誘われたよう。

日本のネット黎明期を走り抜けたひろゆきさんと堀江氏。

今回のひろゆきさんの謝罪は、堀江氏の目にどのように映ったのでしょうか。

(文:有馬翔平)