当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」、「霜降りミキXIT」に取り上げられました

羽鳥慎一、玉川徹氏のテレビ朝日『クビの可能性』をポツリ…

スポンサーリンク
アナウンサー

画像:時事

全国でテレワークの普及が進む中、定住先を持たずに各地を歩き回って仕事を行う若者が増えていることを9日の「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)が伝えました。

すると、コメンテーターの玉川徹氏の発言に、番組MCの羽鳥慎一アナウンサーがある可能性をつぶやくシーンが。

スポンサーリンク

羽鳥慎一、玉川徹のテレビ朝日『クビ可能性』にポツリ

9日、新型コロナウィルスの流行によって全国で普及するテレワークに伴い、定住先を持たずに転居を繰り返す若者が増加していることを「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)が特集。

将来のホテル暮らしを希望するコメンテーターの玉川徹氏に対し、番組MCの羽鳥慎一アナウンサーがある可能性を指摘しました。

この日、賃貸を解約してまで全国を飛び回る男性や、平日はホテルで生活をしてホテル先から仕事を行う女性など、コロナ禍ならではの生活を送っている例を紹介した同番組。

しかし、定住先を失ってまで転居を繰り返す若者に「自宅まで解約してというのはどうなのかな?」と首を傾げた玉川氏。

コロナ禍収束とともに、宿泊施設が軒並み価格高騰する予測から危機感をあらわにするも「ただ自宅を持ちつつ平日はホテル暮らしの方いましたよね?ああいうのは僕はいいなと。やりたいなと思ってるんですよ将来」と、定住先を持つ場合であれば「やりたい」と意欲を見せました。

すると、「会社クビ…クビにはならないのか。辞めた場合にね」と、所属するテレビ朝日を解雇されるというケースを口にした玉川氏。

訂正したものの、羽鳥アナはこの言葉を見逃さず「いや、クビにならないとも言えないですよ?まだ3年くらいありますから」と、即ツッコミを入れました。

羽鳥アナの言葉に、玉川氏も「クビにならないとは言えないですね。僕も毎日ハイリスクなことやってますから」と納得。

その後、玉川氏は「僕は東京に家があるわけですから。寒い時には暖かいところ、暑い時には涼しいところにいたわけですよ」と、宿泊先からのリモート出演を希望し、「可能性はありますよね」と新型コロナによって生じた新しい仕事の様式に頷きました。

スポンサーリンク

羽鳥の意見に「ハイリスクの自覚はあるんだな」

転居を繰り返しながら仕事を行っている若者のトピックスに対し、「クビになったら」と解雇の可能性を口にしてしまった玉川徹氏。

すると、玉川氏のコメントに「フリーになったら他の情報番組でコメンテーターやってほしいです」、「ホテル暮らしのリモート出演楽しみにしてます」と、応援のメッセージが。

しかし、多くの視聴者からは、

「いやあクビはないと思うけどハイリスクな発言してるって自覚はあったんだな。だったらなおのこと性質が悪いわ」

「クビになったとしても、人はそれを自業自得って言うんですよ」

「ハイリスク?今まで朝日の方針に従った発言したんじゃないの?だったらクビなんてあり得ないでしょうw」

「玉川はクビにならないだろ…本当にクビ切られそうな人間だったら他人じゃなく自分が謝ってるよ」

「テレ朝の代弁者なんだから解雇されないよよっぽどのことがない限り。」

「自社社員をコメンテーターに出して成功させる例を玉川は作ったよな。まあコロナの恐怖を煽るわデマは流すわ、褒められた内容じゃないけど」

「クビにならなくても、今すぐ消えてくれ!と思ってる人は多いと思うよ」

などと、クビに対して批判的なコメントが殺到したのでした。

現在、同時間帯の視聴率トップを走っている「羽鳥慎一モーニングショー」。

その立役者でもある玉川氏が、、テレビ朝日に見捨てられることはないのでしょう。

(文:有馬翔平)