当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

吉田沙保里、静岡ロケで新型コロナ感染対策のずさんさが露呈…「ほんとテレビ様はすごい」と批判が殺到

スポンサーリンク
スポーツ選手

画像:時事通信フォト

昨夜、新型コロナウィルスに感染したことが発表した元レスリング日本代表・吉田沙保里さん。

その吉田さんが収録で静岡・三島市近辺を巡り歩いた様子が9日、「土曜はナニする!?」(フジテレビ系)で放送されました。

しかし、そのロケの様子に視聴者からは呆れた様子が。

「ここで感染したんじゃないの」、「詰めが甘すぎる」などと厳しいコメントが相次ぐこととなった、吉田さん参加のロケの様子とは一体どのようなものだったのでしょうか。

スポンサーリンク

吉田沙保里、静岡・三島で伊豆を満喫!高所恐怖症な一面発覚にスタジオも驚き

9日、昨夜新型コロナウィルスに感染したことが発表された元レスリング日本代表・吉田沙保里さんが「土曜はナニする!?」(フジテレビ系)にVTRで出演、静岡・三島市近辺の巡り歩いく様子が放送されました。

この日、女優・平祐奈さんと合流してロケに参加した吉田さん。

三島市北部にある日本で一番長いつり橋「三島スカイウォーク」をまず訪れると、「私、高いところが苦手。足が震えて歩けなくなったらどうしよう」といきなり弱音を吐く吉田さんにスタジオからも驚きの声が。

つり橋の他、今回は同施設に設置されている高さ10mのところからネットにダイブするアトラクションにも挑戦し、吉田さんは乙女チックな一面をカメラの前にさらけ出しました。

そしてアトラクションを満喫した2人は、市内にあるイチゴ農園でイチゴ狩りを楽しみ、こぶしほどある大きなイチゴを練乳にたっぷりと浸してその旬の食材に舌鼓を打ちました。

さらに、伊豆地方でも最大級の神社「三嶋大社」に恋愛成就の祈願。

その後、三島市名物のウナギ料理を頬張り「間違いないよね」と、恍惚とした表情を浮かべ、毎週平さんとどこかに出かけていることから、「今度はプライベートでどっか行きたいね」と、仕事以外での旅行を約束し、旅を締めくくることに。

 

スポンサーリンク

吉田沙保里、静岡ロケで新型コロナ感染対策のずさんが露呈…

土曜はナニする!?」で静岡・三島市内を巡る様子が放送された吉田沙保里さん。

ロケ収録日については「12月3日です」とテロップが掲載され、今回吉田さんが新型コロナウィルスに感染したこととロケは無関係と番組側は主張しましたが、ただそれでもロケの内容に番組を観ていた視聴者からは怒りの声が上がりました。

「イチゴ食べ放題とか感染しやすいもんだろ。手で取って消毒もせずに食べて、また取って食べるんだからさ。しかもあんだけ話しながら食べていたら飛沫も相当飛んでるだろ」

「あれだけ飛沫に気をつけようと言ってるのに、なんでフェイスシールドだけなんだ。せめてちゃんと不織布マスクを着用しようよ。感染対策甘すぎるでしょ」

「ロケ日が1ヶ月前だけどさ、こんなことしてたらいつどこでウィルスに感染していてもおかしくないよね?番組はタレントをないがしろにし過ぎだと思う」

「大声でアスレチックしたり、ウナギ食べたり…全然感染対策できとらんやん。これロケ地大丈夫なの?」

「なんかちょっと普通に見れないな…ものすごく元気にしてる、あちこち動いてる、こうやってウィルスはばらまかれるって見せつけられてように思う」

などと番組の感染対策の甘さに批判が殺到しました。

また、ワイドショーや情報番組で感染対策を叫んでいる一方、ずさんなロケを行うテレビ局に対し、「ほとんど効果のないフェイスシールドをつけて、アクリル板のついていないところで食事をするシーンを放送しているとか、本当テレビ様はすごいですね」という皮肉まで飛び交いました。

吉田さん以外にも新型コロナウィルス感染者が急増している芸能界。

改めてロケ収録の感染対策を見直すべきなのかもしれません。

(文:有馬翔平)