当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

ゆりやんレトリィバァ、『THE W』で再優勝を狙うもネタが大不評…「つまらない」「全然面白くなかった」

スポンサーリンク
お笑い芸人

画像:時事

12月14日放送の、「女芸人No.1決定戦 THE W 2020」(日本テレビ系)。

毎年女芸人たちがネタを披露し、盛り上がりを見せている当番組。

阿佐ヶ谷姉妹や3時のヒロインなど、過去の優勝者達が売れっ子になっていることもあり年々注目を集めているこの番組ですが、第一回優勝者のゆりやんレトリィバァさんが再出場することでも話題となっていました。

注目が集まるゆりやんレトリィバァさんでしたが、「サザエさん」のカツオのコスプレをしながら話すというネタを披露。

スタジオは大盛り上がりを見せ、対戦相手となったAマッソを倒し高い評価を獲得したゆりやんさん。

しかし、視聴者からは「全然面白くない」「こんなにつまらないのに勝っちゃったの?」と不評の声が多かった様子。

どのような内容だったのでしょうか。

スポンサーリンク

ゆりやんレトリィバァ、再優勝を狙うも「THE W」ネタが大不評

12月14日放送の、「女芸人No.1決定戦 THE W 2020」(日本テレビ系)。

毎年女芸人たちがネタを披露し、盛り上がりを見せている当番組。

阿佐ヶ谷姉妹や3時のヒロインなど、過去の優勝者達が売れっ子になっていることもあり年々注目を集めている当番組。

今回も、ネクストブレイク芸人と言われているAマッソや、人気急上昇中のぼる塾など、優勝候補と言われる女芸人たちがネタを披露し番組を盛り上げました。

その中でも、特に注目を集めたのが第一回優勝者のゆりやんレトリィバァさん。

再優勝を狙うべく、渾身のネタとして披露したのはアニメ「サザエさん」のキャラクター・カツオのコスプレをしながら話すというもの。

「姉さんは大きな間違いをしているよ~」とカツオのモノマネをしながら、サザエさんや世間を少し皮肉るような独特な内容でした。

スタジオの審査員たちからは高い評価が得られ、1つ前に斬新なネタを披露したAマッソを倒し次の審査に進んだゆりやんさんでしたが、視聴者からは

「え、全然面白くなかったんだけど」

「Aマッソの方が面白かったのにゆりやんが勝っちゃったんだ」

「ゆりやん、つまらんな…何が面白いのかさっぱりわからん」

「わけわからないまま終わった」

「笑う以前に意味が分からなかった」

など不評の声が多かった様子。

その後、同じくピン芸人の吉住さんに負け、敗退となったゆりやんさんでした。

一方で、「ゆりやんはこれで良い」「ゆりやんのネタが頭から離れない」など、固定ファンもいる様子のゆりやんさん。

今回は優勝を逃しましたが、独特な世界観はこれからも維持して欲しいですね。

スポンサーリンク

ゆりやんレトリィバァの対戦相手となったAマッソとは?過去に炎上も?

今回の「THE W」で、ゆりやんレトリィバァさんがネタ披露をした際に対戦相手となったのが、お笑いコンビのAマッソでした。

Aマッソは、漫才をしながらプロジェクターに映し出された映像とリンクさせるという斬新なネタを披露し、ゆりやんさんに負けないくらいに話題となりました。

「Aマッソに勝って欲しかった」という声も上がるように、ネクストブレイク芸人として注目されているコンビのようです。

そんなAマッソですが、過去には大炎上した経験が。

過去に披露したネタにて「大坂なおみには漂白剤が必要」という、人種差別とも捉えられてしまう発言をしたことが波紋を広げました。

この内容は、イギリスのBBCニュースでも扱われるなど、大きな問題となり本人たちが謝罪する事態に。

とはいえ今回の「THE W」では、汚名を返上するように斬新なネタで視聴者からも評判だったAマッソ。

ゆりやんレトリィバァさんもAマッソも、今後のますますの活躍に期待したいですね。

(文:Quick Timez編集部)