当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

ケンドーコバヤシ、『有吉ゼミ』で意味深にカットされ視聴者騒然…「なんで?」「居ないことになってる」

スポンサーリンク
お笑い芸人

画像:時事

14日に放送された「有吉ゼミ」(日本テレビ系列)。

同番組では、過去に放送された「チャレンジグルメ激辛SP」が再放送されたのですが、女優・松岡茉優さんの隣に映っていたであろうケンドーコバヤシさんが意味深にカットされる場面があり、大きな波紋が広がっています。

スポンサーリンク

松岡茉優、「有吉ゼミ」で激辛料理に挑戦も…視聴者は隣の人物の存在に注目

14日に放送された「有吉ゼミ」(日本テレビ系列)。

この日の放送では、過去の「チャレンジグルメ激辛SP」が再放送され、美男美女が必死に汗をかきながら激辛料理に挑戦をする様子が放送されました。

女優・三吉彩花さんや早見あかりさん、俳優の川村壱馬さんや山田裕貴さんが参戦していた様子が再び見られるということもあり、視聴者も興奮している様子。

そんな中登場したのは、お笑い芸人・カミナリの2人と女優・松岡茉優さん。

「史上最凶の炎の獄辛火災ラーメン」という、いかにも辛そうなラーメンに挑戦しました。

激辛の香辛料を7種類も使用して作られたというスープに、大量のチリパウダーで炒めたもやしを載せ、他のトッピングも全て激辛な上に、その後もふんだんに香辛料をかけて完成された一品。

さらに、上からウオッカをかけて火をつけるという演出が施され、見た目も「超激辛」といったラーメンでした。

カミナリの2人は顔に汗をかきながら一生懸命食べますが、あまりの辛さに悶絶。

一方、激辛が大好きだと豪語する松岡さんは、一口を小さくして休みなく食べ進めるという秘策をひっさげながら、麺を半分も食べるという健闘ぶり。

しかし、松岡さんの健闘も虚しく、麺半分を食べたとことギブアップをしていました。

見るからに辛そうなラーメンを必死に食べる姿に、スタジオからも「根性あるな」という意見が寄せられる一方、視聴者が気になったのは松岡さんの隣にいた人物。

明らかに編集でカットされているような放送だっただけに、ネット上からは

《松岡茉優の隣誰かいたっぽいけど誰???》

《松岡茉優の隣だれやったんやろーあきらかカットしてたな》

《松岡茉優さんの隣、誰かいなかった……?》

《松岡茉優の隣に居る太い腕の人物はだれ?何かいかにも編集でカットした風なんだけど…》

《意味深にカットされてたけど、誰やったんや?映らないようにしてたよな》

などの意見が寄せられておりました。

スポンサーリンク

ケンドーコバヤシ、「有吉ゼミ」で意味深にカットされ視聴者騒然…「なんで?」「いなかった扱いになってる」

では、松岡さんの隣で意味深なカットをされた人物とは誰だったのでしょうか。

「このO.A.は2017年のクリスマスに放送されたもので、松岡さんは同年に公開された映画『勝手にふるえてろ』の番宣で出演をしていました。隣にはケンドーコバヤシさんが出演をしており、カミナリの2人と松岡さんがギブアップをする中、見事に完食をしていましたよ」(芸能ライター)

14日の放送では、松岡さんの右に写っていたカミナリの2人は写し出されていたものの、左に写っていたはずのケンコバさんの姿はカットされており、太い腕だけが見切れていました。

これには視聴者からも、

《ケンコバさんだったみたいね。なぜいなかった的な扱いになってるんだろ??》

《松岡茉優ちゃんの隣の人ケンドーコバヤシだったけどなんで映らなかったんだろう…謎〜》

《松岡茉優の隣ケンコバか?被ってるのか?》

《なぜかカットされるケンコバ》

《松岡茉優隣ケンコバらしいけど裏番組出てるのかな》

といった意見が。

「再放送でカットされる場合、基本的には裏番組での被りが原因です。しかし、この日『有吉ゼミ』の裏番組は『Qさま』(テレビ朝系列)、『アイ・アム・冒険少年』(TBS系列)『YOUは何しに日本へ?』(テレビ東京)『スカッとカラオケ』(フジテレビ系列)で、いずれもケンコバさんは出演をしていませんでしたよ。裏被りがないと考えると、なぜカットされたのかは疑問が残ります。」(同ライター)

裏被りとは、自身が出演する番組の裏番組に同時に出演することを指す言葉で、視聴率が分散する恐れがあることから、スポンサーへの配慮を踏まえてタブーとされています。

新型コロナウイルスの感染拡大によって、番組収録やロケなどができなかった今年4月〜5月にかけて、民放各局がこぞって再放送や未公開シーンを放送したことにより、多くの芸能人がカットされたり、モザイクがかけられるという編集がされたことがありました。

しかし、今回のケンコバさんはそうした事情も関係ありません。

意味深にカットされるという編集、ケンコバさんの身に何もなければいいのですが…。

(文:服部慎一)