お詫びと訂正
SNSで最新の記事を受け取る

マツコ・デラックス「寿命が縮んだ…」15年間出演し続ける番組で、命の危険に…視聴者も「心配です」

スポンサーリンク
タレント

画像:時事通信フォト

1日に放送された「5時に夢中!」(TOKYO MX)。

同番組のMCであるマツコ・デラックスさんが、同番組に出演を続けたことで「寿命が縮んだ」と口に。

その言葉を聴いた視聴者から「心配です」と、マツコさんの身を案じる声が上がっています。

マツコさんの寿命が縮んだその原因とは?

ad
スポンサーリンク

マツコ「寿命が縮んだ」15年間出演の「5時に夢中!」で命の危機?ファン「心配」

1日午後に放送された「5時に夢中!」(TOKYO MX)。

この日、同番組のMCであるマツコ・デラックスさんが、ファンからの応援に対して「寿命が縮んだ」とコメントする場面が。

「ステイホーム中に、『5時に夢中!』を観てハマりました」

およそ2ヶ月に及んだ外出自粛の期間、その影響か普段なら勤務中で視聴できない人たちが同番組を視聴できるようになり、ファンが増加しているとのこと。

しかし、マツコさんは新しく増えた番組のファンに対してチクリと一言発しました。

「まっとうな社会人は観ない方がいいですよ」

マツコさんが言うには、同番組を視聴することで「生きる価値」が失われてしまうようで、そのため番組を観ないことを勧めたのでした。

そして、「私も、寿命が縮ました」と、同番組に出演したことで自身にも悪影響が出ていることを公表したのです。

この一言には、スタジオにいたタレント・ふかわりょうさんも苦い笑いでしたが、

「何かあったのかな?健康には気をつけてくださいね」

「そんなに出演でストレスたまるのか……」

「心配です……何もなければいいけど」

と、マツコさんのファンは不安そうなコメントをネット上に寄せていました。

2005年からレギュラーを担当し、15年間も同番組に「顔」として出演してるマツコさん。

鋭いコメントで、今ではキー局で数々のレギュラー番組を持っていますが、その裏では測りしれない気苦労があったのでしょう。

 

スポンサーリンク

マツコ・デラックスの積もりに積もったストレス…昨年はN国・立花孝志とも

「5時に夢中!」に出演したことで、寿命が縮んだことを口にしたマツコ・デラックスさん。

実際にどこか体調を崩した、あるいは病気を患ったということはないようですが、同番組の放送によって過去、度々重いストレスを抱えることになったのは間違いないと思われます。

かつては、大手家電販売店「ビックカメラ」のスペースを間借りして放送していた同番組。

マツコさんはそこから、地方局とは思えないほどの有名番組にまで押し上げた功労者ですが、その道のりは決して平坦ではありませんでした。

マツコさんのコメントが、ネット上で炎上することもしばしばあり、さらには元SMAP・稲垣吾郎さんの出演を巡って「共演NG」をマツコさんが突き付けたとも噂が流れました。

また、昨年にはマツコさんのコメントに激怒した、「NHKから国民を守る」党・立花孝志氏が放送局に押しかけて抗議の声を上げることも大きく話題になりました。

称賛を浴びる一方、同じくらい批判や誹謗中傷も浴びてきたマツコさん。

「寿命が縮んだ」その発言の裏には、数えきれないほどの気苦労があったのでしょう。

(文:有馬翔平)