お詫びと訂正
SNSで最新の記事を受け取る

和泉元彌、『お家騒動』でのバッシングを語る!視聴率のために仕組まれた『マスコミの闇」とは?

スポンサーリンク
俳優
スポンサーリンク

3日に放送された「人生が変わる1分間の深イイ話」(日本テレビ系列)。

同番組の密着取材を受けた俳優で狂言師・和泉元彌さんが、過去にバッシングを受けた和泉流お家騒動に言及しました。

その時に、報道メディアから言われた一言が、ネット上で話題になっています。

その一言とは一体、何だったのでしょうか。

和泉元彌、1995年の和泉流お家騒動を語る!宗家を告げなかった事実!

3日に放送された「人生が変わる1分間の深イイ話」(日本テレビ系列)。

この日同番組が注目したのは、俳優で狂言師・和泉元彌さん。

和泉さんといえば、江戸時代から続く狂言の家元に生まれ、かつては大河ドラマなどにも出演した方。

最近では、チョコレートプラネット・長田庄平さんが元彌さんのモノマネで大ブレイクしたことで、再度脚光を浴びています。

現在は、狂言をたくさんの人に知ってもらう広報活動をしながら、長男と舞台に立ったりと、狂言の仕事に専念している様子。

狂言に人生をささげている元彌さんですが、過去には狂言によって大騒動に巻き込まれたことがありました。

それが、和泉家が代々継いできた宗家の跡取り問題から起きた「和泉家お家騒動」。

事の発端は1995年、元彌さんの父で、和泉流第19世・和泉元秀さんが公演中に倒れ、急死したことが原因でした。

元秀さんの死後、当時21歳だった元彌さんは、当然自分が後を継いで20世宗家になるのだろうと思っていましたが、ここで辛い出来事が起こります。

和泉流は、元彌さんの宗派を含めて複数の派閥に分かれていますが、その各流派の代表が若輩であった元彌さんを宗家だと認めず、さらに宗家の世襲制を廃止しようと動いたのでした。

そのため、現在でも元彌さんは20世宗家を名乗ってはおらず、現在20世宗家を継いでいるのは、元彌さんの長男・和泉元聖さんです。

宗家として認めてもらえなかったどころか、代々続く世襲制を廃止されそうになったことを、元彌さんは「1番辛かった」と、当時の心境を述べていました。

 

スポンサーリンク

和泉元彌にマスコミのバッシング!視聴率のために仕組まれた?

宗家として認めてもらえず、狂言の世界で心苦しい立場に立たされた和泉元彌さん。

さらに、追い打ちをかけるように報道メディアから追い回され、その報道を見た世間からバッシングを受けます。

何をしても悪いように報道され、バッシングを受ける日々。

するとそんな中で、元彌さんは自身の報道を続けていたリポーターから、あることを言われました。

「ワイドショーで取り上げて、褒めて視聴率が上がった人は褒め続けます。ただ、元彌さんの場合は、叩いて視聴率が上がったので、ごめんなさい」と、まるで視聴率のために、元彌さんを悪く報じていたことを認めるような発言。

これには視聴者も、

「マスコミはロクなもんじゃない」

「視聴率のためなら何でもするのか」

と、怒りを露に。

しかし、元彌さんはこの発言を受けて、「どんな時も素直でいること」という、急死した父・和泉元秀さんの言葉を思い出し、良いことも悪いことも受け止めることを決意しました。

結果現在も、元彌さんは「お家騒動」という苦しい出来事があったとしても、狂言の活動を続けられているのでした。

江戸時代以前から、日本に根付く伝統芸能・狂言。

これからも狂言師としての活躍を祈っています。

(文:有馬翔平)