真野恵里菜「興奮して寝れない」W杯で強豪ドイツに逆転勝ちした日本代表へ喜び爆発

文:Quick Timez 編集部
真野恵里菜俳優・女優
スポンサーリンク

画像:AFP=時事

・23日深夜に自身のツイッターを更新したタレントの真野恵里菜さん。

・サッカーのワールドカップで、日本代表が強豪ドイツに逆転勝ちする大金星を挙げたことに大興奮したようです。

・フォロワーらとも大いに盛り上がったツイートとは、いったいどのようなものだったのでしょうか。

スポンサーリンク

真野恵里菜「興奮して寝れない」日本代表がワールドカップで強豪ドイツに逆転勝ちを収め喜び爆発

23日深夜に自身のツイッターを更新したタレントの真野恵里菜さん。

真野さんは、2018年にサッカー選手の柴崎岳選手と結婚し、スペインに在住しています。

この日、4年に一度開催されるサッカーの祭典・FIFAワールドカップにて、日本代表はドイツとの初戦。

強豪ドイツに2対1で逆転勝ちを収め、その歴史的快挙に日本中を大歓喜させましたが、真野さんは、試合終了直後、自身のツイッターに「興奮して寝れないので、この後のスペインとコスタリカの試合も見ます。今のところ毎日1試合は見てる。日本の応援はもちろん、こうして他の国のサッカーや結果にもものすごく興味を持って率先して見るようになれたの幸せ!!」とツイート。

さらに「今日はクロアチアとモロッコも後半から見てたから、次のスペインとコスタリカも見たら3試合だ!サッカー見るの楽しいって幸せ!(2回目)立場的にこういうことをツイートしていいのかものすごく悩んだけど、4年に一度のW杯だからこそ私もみんなと楽しめるところは楽しみたい!!」と続けて、喜びを爆発させました。

スポンサーリンク

日本、ドイツ撃破で「ドーハの奇跡」がトレンド入り!

今大会の命運を分けるといっても過言ではなかったドイツ代表との対戦。

日本は過去のW杯において、初戦で勝ち点を獲得した2002年の日韓大会、2010年の南アフリカ大会、2018年のロシア大会では決勝トーナメントに進出しています。

対して、初戦で敗れた1998年のフランス大会、06年のドイツ大会、14年のブラジル大会ではグループリーグ敗退しており、げん担ぎの面からだけでなく、結果自体を左右しかねない重要な初戦だけに、どうしても突破したい関門のひとつ。

世界ランキングでははるか格上のドイツ(11位、日本は24位)を撃破し、大番狂わせとなった今試合。

今大会はカタールですが、首都・ドーハは1993年に日本代表が涙を呑んだ地として思いを馳せる読者も多いことでしょう。

1993年10月28日、終了間際に失点し、W杯出場を逃した米国W杯アジア最終予選イラク戦は「ドーハの悲劇」として広く知られているところ。

あれから実に29年、同じ場所で日本代表は歓喜の瞬間を迎えました。

この日の試合終了は、後半のロスタイムが7分と長かったことから日付が変わる少し前。

そんな夜が深い時間にもかかわらず、ネットへの投稿の勢いは止まらず、日本サッカーをこよなく愛するファンから「ドーハの悲劇からドーハの奇跡へ」、「ドーハの奇跡になった」などの投稿が殺到し、「ドーハの奇跡」がトレンド入りしました。

強豪ドイツを破り、白星スタートを切った日本代表に神風が吹いているようです。

(文:Quick Timez編集部)