押切もえ、『さんま御殿』での見た目に「顔変わりすぎ」「こんな顔だった?誰だか分からない」

文:Quick Timez 編集部
押切もえタレント
スポンサーリンク

画像:時事

・15日に放送された「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)。

・今回の放送ではタレントと他の仕事の二刀流をしている芸能人が集まり、二刀流ならではの悩みや職業病などについて話しました。

・その中でも、視聴者の中では押切もえさんの話した内容への関心が高かったようですが、押切さんの顔の変化に注目が集まっています。

スポンサーリンク

押切もえ、「顔変わりすぎ」とネットから驚きの声

15日に放送された「踊る!さんま御殿!!」。

今回の放送ではタレントと他の仕事の二刀流をしている芸能人が集まり、二刀流ならではの悩みや職業病などについて話しました。その中でも、視聴者の中では押切もえさんの話した内容への関心が高かったようです。

今回、押切さんはモデルと文筆家の二刀流タレントとして出演。

軽快にトークを繰り広げていましたが、視聴者が注目したのは外見の変化だったようで、ネット上では、

《まじで本当にいつのまにバージョンアップしたの?テロップ出るまで押切もえだと気付かなかった….》

《誰かと思ったら押切もえだった。顔が変わり過ぎてわからなかった。》

《押切もえ、顔、変わってね?》

《押切もえ・・・顔が違いすぎて誰だかマジで分からなかった》

《なんか垢抜けたっていうか…美容整形とかしたのかな?》

《押切もえ久々に見たけど、こんな顔だっけ?》

などの声が寄せられていました。

確かに若々しくて肌のハリもあるように見えますよね。

▼押切もえさんの近影は記事最下部でご紹介

スポンサーリンク

押切もえ、デビューのきっかけを回顧「歌が下手すぎてモデルに…」

今回の放送で、押切さんは初めの頃は歌手としてスカウトされたことを回顧。

歌手を探していたプロデューサーに「歌ってみて」と言われて歌うと、10秒くらいで消されたと思い出話を語りました。

歌手を探していたオーディションだったので、他にやれることがなく、最終的にモデルになったという押切さんは、スタジオの音楽プロデュースなどを生業としている芸能人たちに対して「歌を歌っている人達には本当に憧れます!」と羨望の眼差しを向けていました。

押切さんもモデルとして成功を収めているので、適材適所と言えますよね。

今後も二刀流で芸能と文筆に励んでいく押切さんの今後にも期待です。

(文:Quick Timez 編集部)