松重豊「息子が郡山出身の女の子と結婚しました」福島県との意外なつながりを語る

文:Quick Timez
松重豊俳優・女優
スポンサーリンク
スポンサーリンク

松重豊「息子が郡山出身の女の子と結婚しました」福島県との意外なつながりを語る

25日、都内で行われた福島県のトップブランド米の「福、笑い」の新CM発表イベントに俳優の松重豊さんが登壇。

同県にまつわるエピソードを語りました。

松重豊

「福、笑い」は全国屈指の米どころである福島県が、日本一の米づくりを目指したいという思いから、14年の歳月をかけて開発をしたお米。

28日から放送される新CMでは、松重さんがナレーションを担当しています。

自身は福岡県出身でありながらも、同県とは深い関わりのある松重さん。

松重豊

福島県への思いを聞かれた松重さんは、「CMをやる前に『八重の桜』という福島を舞台にした大河ドラマをやりまして、それで福島の会津藩士の八重の父親役をやらせてもらった。そこから自分の中では、福島県人という意識がありました。」と、告白。

また、福島県人という思いが芽生えたためか、「その後薩摩藩士の役を頂いたんですけども、断りました。」と、笑いを誘う場面も。

続けて松重さんは、「どこか福島というのを背負っているというのがありまして、ついこの間、息子が郡山市で生まれ育った女の子と結婚をしまして、孫も郡山で生まれたということで、ますます絆が深まったように感じます。」と、報告。

「本当に感無量といいいますか、本当に福島は美味しいものに囲まれていますし、そういうPRを担えるのは光栄でございます。」と、同CMへの思いを語っていました。

松重豊

(文:Quick Timez編集部)