中川翔子、憧れのガングロギャルに変身し絶賛の声「別人かと思うくらいに綺麗」

文:Quick Timez 編集部
中川翔子タレント
スポンサーリンク

画像:時事通信フォト

・中川翔子さんが自身のYouTubeチャンネルを更新。

・学生時代になりたかったというガングロギャルに変身し、その姿が話題となっています。

・また、ギャルに対する憧れの思いを熱く語っており、大きな反響が寄せられています。

スポンサーリンク

中川翔子、憧れのガングロギャルに変身し絶賛の声

中川翔子さんが自身のYouTubeチャンネル、中川翔子の「ヲ」を更新。

学生時代は自己肯定感の低さのあまり、「私がギャルになんてなれない。」と思っており、ギャルの格好ができなかったという中川さん。

「人生で一回でいいからギャルになりたい」という事で、平成ギャルに変身します。

張り切って用品を揃えたものの、「いい?」「怒られる?」と、始めは戸惑い気味だった中川さんでしたが、メイクを進めるうちに次第にノリノリに。

黒のファンデーションを塗り進めると、意外にも似合っており、スタッフからも「健康的」と好印象で、中川さん自身も「いるよね、こういう人。」と、違和感のない様子でした。

また、顔が黒くなったため、歯の白さがより際立ち、なんだか面白い感じとなり、カメラに歯を見せて、スタッフの爆笑を誘う場面もありました。

その他のメイクも済ませ、制服に着替えていよいよ登場した中川さん。

言動や行動までギャルになりきって、完璧な平成ギャル姿を披露すると、中川さん自身も「夢かなった!」「嬉しい!」と大満足。

スタッフも「いちばんやばい!」と、大絶賛でした。

視聴者からも高評価で、コメント欄には

《ギャルメイクが違和感なくカワイイ》

《別人かと思うくらいに綺麗》

《ベースが可愛いから似合う》

《世界一ギャルが似合うよ〜かわいい〜》

などと、中川さんのギャル姿を絶賛するコメントが多数寄せられていました。

スポンサーリンク

清楚系は××?!ギャルの方が優しい! ギャルとの思い出語る

ギャルの外見だけでなく、マインドも好きだと語る中川さんは、高校生時代のギャルとの思い出エピソードも披露。

中学生時代は絵を描いていたら「絵とか描いてんじゃねぇよ。キモイんだよ。」と言われてしまったことがあり、トラウマになってしまったそうですが、高校生時代に出会ったギャルは中川さんが絵を描いていると「絵うまいじゃん!」と褒めてくれたそう。

「すごいよね、明るいの底抜けに。」と、ギャルのマインドも尊敬していると語る中川さん。

池袋のカラオケにもギャルに連れて行ってもらったといい、その時歌った浜崎あゆみさんの歌は今でも覚えていると、ギャルとの楽しい思い出を振り返っていました。

さらに、自分が男で付き合うなら(明るくて性格がいい)ギャルがいいと話し、「清楚系人って意外と××。」と爆弾発言をし、スタッフを焦らせる場面も。

この思い出に視聴者も共感し、

《学生時代、ギャルに助けてもらっていたのを思い出しました。》

《ギャルはいい子なんですよ~》

《ギャルは裏表ないしポジティブだし憧れ》

などのコメントが寄せられていました。

(文:Quick Timez 編集部)