当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」、「霜降りミキXIT」に取り上げられました

Aマッソ加納、ダウンタウンを目の前に”共演NG”と噂の中山秀征の名を出しお茶の間も戦慄

スポンサーリンク
お笑い芸人

画像:時事

16日に放送された「ダウンタウンDX」(日本テレビ系列)にお笑いコンビ・Aマッソが出演。

ワタナベエンターテインメント所属のふたりが、ダウンタウンとの共演NGが囁かれる〝とある人物〟の名前を口にしてお茶の間を戦慄させたようです。

スポンサーリンク

お茶の間も戦慄!共演NG「ダウンタウンの前で○○の話は…」

この日は様々な事務所の芸人が出演し、各所属事務所の給料事情や知られざる裏話を大放出。

Aマッソはワタナベエンターテインメントを代表して快活なトークを飛ばし、場を盛り上げました。

放送の中で「ダウンタウンを事務所にスカウトするならどんな条件を出す?」という議題になると、Aマッソの加納愛子さんは「名誉あるポジションと、お仕事を差し上げます」と回答。

同事務所には実績を残したタレントの写真が飾られていると続け、ダウンタウンのふたりが移籍した暁には「中山秀征さんと松本明子さんの間に(写真を)入れさせていただきます」と宣言しました。

しかし、加納さんのこの発言にお茶の間には動揺が走ります。

ダウンタウンのふたりと中山秀征さんの間にはまことしやかに共演NG説が流れているため、視聴者からは「その名前を出してはいけないのでは?」との声が続出したようです。

実際にネットを見てみると、

《ダウンタウンに中山秀征の名前出すとか……》

《あぶね〜。ダウンタウンの前で中山ヒデの名前は出しちゃダメだろ!》

《Aマッソ、ダウンタウンの前で中山秀征の話をする勇気だけは認める》

など、やはり中山さんの名前が出た瞬間にハラハラしたという人が多い様子。

放送でこの事について言及する様子はありませんでしたが、果たして共演NG説は本当なのでしょうか?

スポンサーリンク

ダウンタウンと中山秀征の確執は当時の〝ネタ被り〟にあった?

そもそも、一体なぜこんな噂が流れ始めたのでしょうか。

調べてみたところ、この騒動の火種となったのは1980年代のこと。

とある番組収録で、お笑いコンビ・ABブラザーズとしてブレイクを果たしていた中山さんとダウンタウンのふたりが共演した際に起こった出来事のようです。

二組はその収録でネタを披露する予定だったそうですが、ネタのテーマが偶然にも被ってしまったのだとか。

どうしたものかと頭を抱えた番組プロデューサーは、東京ではまだ駆け出しだったダウンタウンにネタの変更を指示したそうです。

しかし、ダウンタウンのふたりはこの指示をを当時ブレイク中の中山さんが下したものだと思っているらしく、「どのツラ下げてネタ変更させとんねん」と怒りをあらわにしたのだとか。

それ以来ダウンタウンと中山秀征さんは共演NGになったのではないかと言われています。

中山秀征さんはこの件に関して「僕がそんなことできるわけないじゃないですか」とネタ変更の指示は自分ではないと釈明。

まったくの誤解であることも公言しているようですが、果たして今後この2組が和解する日は訪れるのでしょうか。

激動の80年代を駆け抜けてきた大御所同士なだけに、いつかまたバラエティーで共演する姿を心待ちにしているファンも少なくないはずです。

(文:Quick Timez 編集部)