当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」、「霜降りミキXIT」に取り上げられました

三四郎・小宮「ゴッドタンは小さい番組」発言に麒麟川島が猛ツッコミ「色々傷つけている」

スポンサーリンク
お笑い芸人

画像:時事

12日に放送されたラジオ番組「ブレインスリープpresents 川島明のねごと」(TBSラジオ)にて、麒麟の川島明さんがゲストである三四郎・小宮浩信さんに対して「色々傷つけている」と諭したシーンが話題を呼んでいます。

スポンサーリンク

ゴッドタンは小さい番組?三四郎・小宮の発言に麒麟川島「傷つけている」

番組冒頭では2000年代前半に食事に行った際の貴重なエピソードが語られました。

小宮さんいわく、M-1グランプリやサウナの話などで盛り上がったのだとか。

今でこそ様々な番組で共演しているイメージが強いふたりですが、その当時は共演も少なく、プライベートで食事に行ったことも少なかったそう。

当時を振り返りながら、川島さんが「小宮くんともそこまで飲みに行ったこともないし。三四郎自体もそこ(2000年代前半)でぱっと出てきた感じやもんね?」と共演について話を振ります。

すると、小宮さんが「そうですね、ちっちゃい番組とかでは。ゴッドタンとかでは……」と、あたかも「ゴッドタン」(テレビ東京)が〝小さい番組〟であるような発言をし、川島さんからストップがかかりました。

「ちょっと待て…。今、色々傷つけている」という冷静なツッコミに、現場では笑いが起きます。

「ちっちゃい番組、ゴッドタンっていうのはいろんなプロデューサーがめちゃくちゃ怒ってる」と諭す川島さんに、小宮さんはあたふた。

しっかりと対面できる距離で共演できたのは「ゴッドタン」が初めてだということが言いたかったらしいのですが、その後は何を言っても川島さんに「ちっちゃい番組?」とイジられる結果に。

同番組のプロデューサーである佐久間宣行さんもこのラジオを聴いていることから、川島さんは最後に「ゴッドタンにはお世話になってます。大きい番組ですよ!」とフォローし、三四郎のふたりもそれに賛同しました。

スポンサーリンク

川島が放ったパワーワード「相田はセントバーナードの○○」

そんな「ゴッドタン」で共演した際、川島さんが自身の相方である相田周二さんに放った一言が忘れられないと語った小宮さん。

「覚えてますか? 相田のことなんて言ったか」と尋ねる小宮さんに、川島さんは堂々と「覚えてます! セントバーナードの金玉!」というパワーワードを放ち、スタジオを爆笑の渦に巻き込みました。

その当時の相田さんの見た目が〝もっちゃり〟していたことから咄嗟に出たワードだったとのことですが、この発言に小宮さんはものすごい衝撃を受けたのだとか。

今まで共演することも少なく闇の部分を見たことがなかったため、この発言で「この人にはこういう部分もあるんだな」と認識することができたという小宮さんに対し、川島さんは「あの時はそういうのを出す企画やったからね」と苦々しく笑いを漏らしました。

この話があまりにも印象的だったため、Twitter連動企画のキーワードには「セントバーナード」が選ばれるなど、放送内で深い爪痕を残す結果となりました。

今も昔も、瞬時に繰り出される一言に定評がある川島さん。

相田さんの顔を見ると「言われてみれば確かに」と感じる人も少なくないのでは?

(文:Quick Timez 編集部)