当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」、「霜降りミキXIT」に取り上げられました

吉野家「生娘をシャブ漬け戦略」発言で大炎上!CM出演中の藤田ニコルに「可哀相」の声

スポンサーリンク
モデル

画像:時事通信フォト

18日、牛丼チェーン店「吉野家」を運営する株式会社吉野家は公式ホームページを更新。

同社の役員を務める人物による発言を謝罪しました。

スポンサーリンク

吉野家、「生娘をシャブ漬け戦略」発言を謝罪「極めて不適切で到底許されるものではない」

18日、牛丼チェーン店「吉野家」を運営する株式会社吉野家は公式ホームページを更新。

「株式会社吉野家常務取締役企画本部長が、4月16日に開催された外部における社会人向け講座にて講師として登壇した際に、不適切な発言をしたことで、講座受講者と主催者の皆様、吉野家をご愛用いただいているお客様に対して多大なるご迷惑とご不快な思いをさせたことに対し、深くお詫び申し上げます。大変申し訳ございませんでした。」と、謝罪をしました。

ことの発端は、16日に早稲田大学で行われた社会人向けマーケティング講座での同社取締役の発言によるもの。

SNS上に寄せられた情報によれば、当該の取締役は自社の若年女性向けマーケティングのことを「生娘をシャブ漬け戦略」と発言。

加えて、「田舎から出てきた、右も左も分からない若い女の子を無垢・生娘な内に牛丼中毒にする。男に高い飯を奢って貰えるようになれば、絶対に食べない」などという発言をしていたのだそうです。

同取締役は当時、「不適切な発言で不愉快な思いをされた方がいらっしゃったら、申し訳ないんですが」と、前置きをしていたといいますが、到底容認出来ない内容だっただけに、瞬く間にネット上で炎上。

これを受け、同社は公式ホームページを通じ「当該役員が講座内で用いた言葉・表現の選択は極めて不適切であり、人権・ジェンダー問題の観点からも到底許容できるものではありません。当人も、発言内容および皆様にご迷惑とご不快な思いをさせたことに深く反省し、主催者側へは講座開催翌日に書面にて反省の意と謝罪をお伝えし、改めて対面にて謝罪予定です。」と、謝罪をしていました。

スポンサーリンク

吉野家のCMに出演中の藤田ニコルに「可哀相」の声も

「生娘をシャブ漬け戦略」と発言し大炎上をしてしまった吉野家ですが、現在放映されているCMでは、モデルでタレントの藤田ニコルさんが起用されています。

藤田さんは店員役として出演をしているのですが、今回の吉野家の騒動を受けネット上からは

《吉野家の広告やってる藤田ニコルが可哀想》

《例えばタレントがやらかした場合、企業はタレント側に損害賠償を請求するけど、今回のような場合、藤田ニコルさん側が吉野家に損害賠償請求するっていうことはないのかな?》

《吉野家のサイトのトップに、藤田ニコルがドンと出てきたけど大丈夫かね》

《吉野家の取締役の件が醜悪過ぎて、CMに出てる藤田ニコルさん可哀想…》

《藤田ニコル、吉野家のキャンペーン中なのか。 例の発言に結び付けられそうなので、ダッシュで逃げた方が良い》

など、イメージダウンにつながる可能性あるのではとの指摘が相次いでされていました。

CM起用に関しては、期間など契約によって決まっているとは思いますが、藤田さんは自身のイメージダウンを避けるためにも、降板するという選択肢を取ってもいいかもしれません。

(文:服部慎一)