当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」、「霜降りミキXIT」に取り上げられました

堤真一、『妻、小学生になる』へのコメントで物議「失礼な意味じゃないよね?」

スポンサーリンク
俳優・女優

画像:時事

本日から放送がスタートするドラマ「妻、小学生になる」に出演する俳優・堤真一さんらがスタジオの登場した21日の「THE TIME,」(TBS系)。

するとその放送中、堤さんが口にしたある一言が視聴者の間で物議をかもすことに。

スポンサーリンク

堤真一、『妻、小学生になる』の第一印象に「『また漫画原作かよ』っていう気分だったですけども…」

21日、同日から放送がスタートするドラマ「妻、小学生になる」に出演する俳優・堤真一さんらが登場した「THE TIME,」(TBS系)。

その放送の中で、堤さんが同ドラマの印象について明かすシーンがありました。

この日、ドラマに出演する堤真一さん、石田ゆり子さん、蒔田彩珠さんの3人が出演した「THE TIME,」。

ドラマをひと足先に鑑賞したMC香川照之さんは「私もですね、第一話を拝見させていただきましたけども、すごい芝居合戦でしたね。芝居の密度とレベルが高い。本当にそこに人がいて話しているみたい」と3人の演技力を絶賛。

「すごいなと思いました。いいドラマでした」と拍手を送りました。

それを受けて「こっから面白くな…いや今も面白いんですが」と絶妙な言い間違いをしてスタジオの笑いを誘った堤さんに、さらに香川さんは「堤さん、この話を初めて聞いた時、ファンタジックな気持ちと実際演じた時の違いってありました?」と質問を投げかけました。

「妻、小学生になる」は夫と娘を残して先立った妻が生まれ変わり、小学生となって再び家族の前に現れるというストーリー。

そんな内容に堤さんは「最初、漫画原作だったんで『また漫画原作かよ』っていう気分だったんですけども、脚本を読んだ時に本当に面白くて、単なるファンタジーじゃなくて人生哲学的なものまで入ってる」と印象を明らかに。

また現在進行形で撮影も行われているようで「これからまだ撮影中ですけども僕自身が楽しみですね」と、ストーリーがどのように進んでいくのか気になっている様子だと述べていました。

スポンサーリンク

『漫画原作』発言で視聴者ざわつく「失礼な意味じゃないよね?」

今夜放送されるドラマ「妻、小学生になる」について印象を語った堤真一さん。

しかしその発言の中のある一言が視聴者を騒然とさせる事態になったのだそう。

「視聴者が引っかかったのは堤さんが発した『漫画原作かよ』って部分です。この一言に『漫画原作ってダメ?』、『どういう意味なんだろ』と発言の真意を気にする声が多数寄せられていました」(テレビウォッチャー)

実際SNS上でも堤さんの発言に対し、

《また漫画原作かよ。これ企画に対してだよね?作者に失礼な意味じゃないよね?》

《堤真一が少し嫌そうに言ったのは過去に漫画原作の駄作に出させられたから?それともオリジナルで書ける脚本がいないこと?どっち?》

などという書き込みが。

ではなぜ「漫画原作かよ」という一言がここまで反応を集めることとなったのでしょうか。

「近年、コミックスを原作にしたドラマというものは数多く放送されています。昨年、交番勤務の婦警を描いて人気になった『ハコヅメ』もそうですよね。ただ、ドラマや映画での漫画を原作とした実写化は評判が良くない作品が多いように思われます。たとえば『進撃の巨人』や『ドラゴンボール』といった大人気コミックスも実写化されましたが、そちら鳴かず飛ばずどころか大炎上。原作から設定が大幅に変更されファンからのクレームが殺到しました」(ライター)

また、堤さんの発言の真意についても、

「炎上騒動に繋がりやすい漫画原作の実写化ですが、その煽りをキャスト陣も受けます。実写化作品にしばしば出ていた俳優のYさんや女優のTさんも『嫌いになった』とアンチが急増していましたし、批判を受けやすいという意味で演じる側としては恐怖を感じるのではないでしょうか」(同)

これまで度々ファンからの批判を受けてきた漫画原作の実写化作品。

その影響で演じる側にも心理的な影響が出ているのかもしれません。

(文:有馬翔平)