当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

安住紳一郎、28年前の成人式でもらったサボテンお披露目!驚きの変化に視聴者「純粋にすごい」

スポンサーリンク
アナウンサー

画像:時事

2年連続、新型コロナウィルスが流行している中で迎えた成人の日。

成人式が各地で開催されることに合わせて10日、「THE TIME,」(TBS系)で安住紳一郎アナウンサーが28年前参加した成人式で贈られた記念品に言及しました。

スポンサーリンク

安住紳一郎、成人式でもらった28年前の記念品公開

10日、全国で迎えた成人の日を話題に取り上げた「THE TIME,」(TBS系)で、MC安住紳一郎アナウンサーが28年前に参加した成人式で受け取ったという記念品を明かすシーンがありました。

この日、6時代のオープニングd「今日は成人の日でお休みです。街で晴れ着に身を包んだ女性を見かけると、本当に華やいだ嬉しい気持ちになります。今日は天気にも恵まれそうです」と成人式の話題を取り上げた安住アナ。

「私も今48歳なので、28年前に成人式に参加しました」と成人式当日を振り返ると「当時まだ学生だったので、アパートのあった埼玉県与野市の成人式に参加しました。現在の埼玉県さいたま市です」と地元・北海道ではない自治体の成人式に参加したことを明らかに。

また、安住アナは「みなさん、成人式にいただいたお土産って覚えてますか?」と視聴者に質問。

そして「私は当時、与野市の方から小さなサボテンをもらいました。当時は多肉植物がインテリアとして人気だったんですね」と記念品が観葉植物と述べ、「私、物持ちがいいんでそのサボテンをずっと育ててまして現在のそのサボテンの様子をご覧ください」と、大きく成長し株も増えたサボテンの画像が画面に映し出されたのでした。

すると、およそ30年間大事に育てられたサボテンの姿にスタジオからざわつきが。

そんな中「はい。非常に巨大なサボテンになりまして。たくさん子サボテンができまして、近所の方に配ったりして喜ばれています」と微笑みを浮かべた安住アナ。

「本当にたくさんの人にお世話になりまして、私も48歳になりました」と成人式後28年間の感謝を口にしていました。

スポンサーリンク

「純粋にすごい」サボテンの成長具合に視聴者もビックリ

28年前、埼玉県旧与野市の成人式に参加してサボテンをもらったことを明かした安住紳一郎アナウンサー。

すると、巨大になったサボテンの姿に番組を観ていた視聴者もビックリし、「北海道の実家なのかな?サボテンの寿命は知らないけど、極寒の地であれだけ大きく育てられるって純粋にすごい」などと驚きの声が多数寄せられていました。

しかし、このサボテンには安住アナの悲しい思い出が詰まっていると言います。

「旧与野市の成人式に参加した安住アナですが、進学のために住んでいた自治体だったこともあり友人などもおらず非常に寂しい式典だったようです。今から十数年前に出演しているラジオで披露した内容ですが、当時の心境を『スポットライトが当たっているのに自分のところがくぼんでいる』と表現していました。さらにその時にサボテンの話も出てきましたが、安住アナは耐え難い孤独感から『俺は負けそうだよ』と語り合ったのだとか。なのでこのサボテンは安住アナにとって普通の記念品以上の思い入れがあるようです」(ライター)

縁もゆかりもない土地で成人の日を迎えた安住アナ。

孤独な瞬間をともに過ごしたサボテンは忘れられない思い出の品となったようです。

(文:有馬翔平)