当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

TKO木下「ぶっちゃけ死活問題です」YouTubeから消える『バッド数』に冷や汗ダラダラ

スポンサーリンク
お笑い芸人

画像:時事通信フォト

後輩芸人へのパワハラなどでバッシングを浴び、昨年に「松竹芸能」を退社したTKO・木下隆行さんが出演した21日の「ABEMA的ニュースショー」(AbemaTV)。

すると、活動拠点の一つでもあるYouTubeのシステム変更に対しクレームを口にする場面が。

スポンサーリンク

TKO木下、謝罪動画のバッド数『50万』達成に「ありがとうございます」

21日、後輩芸人へのパワハラなどで批判を浴びてその後「松竹芸能」を退社したTKO・木下隆行さんが出演した「ABEMA的ニュースショー」(AbemaTV)。

その放送中、木下さんが開設しているYouTubeのチャンネルで「バッド」数が日本一になったことを報告しました。

後輩芸人へペットボトル投げつけや顔面踏み付けなど、週刊誌に暴行沙汰が報じられて地上波から姿を消していた木下さん。

この日、YouTubeから低評価ボタンが削除される話題が同番組で取り上げられると、昨年木下さんがYouTubeに登校した謝罪動画について「50万バッドです」と低評価が大台に乗ったことを明かしました。

「これは日本一やと、個人的に聞いております」とある意味で頂点に立った木下さん。

しかし、50万達成までに紆余曲折あったよう。

ただ「っていうフリじゃないですか。上島竜兵さんも『押すな押すな』言われて押されるでしょ」と本意ではありませんでしたが「じゃあ『押せ』言ったら押さへんのかなと思ったら3日で50万いったんですよ」とフリが正直に受け取られてしまったとも告白。

すると、3日足らずで目標を達成したことにMC千原ジュニアさんも「1回押した人はもう押せないということはそれだけ新しい人が来たっていうことですよね」と驚き。

木下さんは「見事に消える前に50万達成しました。ありがとうございます」と、低評価を押した人々へ感謝の言葉を口にしていました。

スポンサーリンク

「死活問題」低評価削除で木下は痛手被る

低評価ボタンが削除される寸前にバッド数が50万に達して、YouTube国内トップのバッド数を稼いだチャンネルとなった木下隆行さん。

ただ、低評価ボタンの削除は木下さんにとって痛手となったよう。

その後、「これ動画を観なくてもバッドは押せるんですか?」と千原ジュニアさんから問われると「でも、動画に飛んだ瞬間にイチ再生になるらしんですよ」とYouTubeの仕組みに言及した木下さん。

「つまりそこに飛んだ瞬間、我々には収益が入ってくるので低評価をわざわざ押しにくる人が来なくなった分、死活問題ですぶっちゃけ」と収益減少の可能性を指摘しました。

「もちろんグッドが多い方がいいに決まってるんですけど、ちょっと僕のチャンネルというのはバッドが多い雰囲気にもなってるんですよ」と低評価を押すことがチャンネルの醍醐味になっていたともコメントしましたが、番組を観ていた視聴者からは、「だいたい謝罪動画で金を稼ごうとしているのが間違ってる。コイツ反省してないだろ全然」などと厳しい意見が。

迷惑YouTuberなど犯罪行為に走る配信者が後を絶たないYouTube界隈。

しかし木下さんが「痛手」と言うように、低評価ボタン削除が一定の効果をもたらすのでしょうか。

(文:有馬翔平)