当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

『仰天ニュース』、救いようのない結末に視聴者あ然「ここ数ヶ月で一番胸糞」「見なきゃよかった」

スポンサーリンク
TV番組

画像:時事通信フォト

23日に放送された「ザ!世界仰天ニュース」(日本テレビ系列)。

2009年に実際に起きた新橋ストーカー殺人事件を取り上げましたが、視聴者にとってはトラウマ級の放送となったようです。

スポンサーリンク

「仰天ニュース」、救いようのない結末に視聴者あ然「後味悪くて胸糞」

23日に放送された「ザ!世界仰天ニュース」(日本テレビ系列)。

2009年に実際に起きた新橋ストーカー殺人事件を取り上げました。

再現VTRでは、とある男が耳かき嬢に夢中となるあまりお店に通い詰め、次第に恐怖を感じる様になった耳かき嬢と、自身の想いに応えてくれない焦燥感から怒りをむき出しにする様になり、ついには出禁となるも諦めきれずにストーカー化する男の様子が丁寧に描かれています。

耳かき嬢は当初、気丈に振る舞いつつも、身の危険を感じる様になり上司や同僚に相談し、周囲もそれに応えて休憩中に寄り添ったり送り迎えするなどケア。

耳かき嬢は家族思いであることから、逼迫した状況になり初めて家族と警察に相談するなど、時系列でどれだけ耳かき嬢が追い詰められているのか手に汗握る展開となります。

客である男は、拒否され続けたことから愛情が憎悪に変わり、ハンマーや果物ナイフを携えるなど明確な殺意を持って耳かき嬢の自宅を急襲。

祖母と耳かき嬢本人をナイフで刺し、祖母は即死、耳かき嬢も1ヶ月後に死亡するという結末は多くの視聴者の胸中をえぐります。

それだけでなく、当時の映像が流れ、その後の裁判では極刑を望まれたにもかかわらず無期懲役の判決が下るなど、救いようのない現実に

《ここ数ヶ月で一番胸糞悪かった。見なきゃよかった》

《職業柄仕方ないとかいう輩がいて胸糞》

《耳かき店の話、胸糞すぎて寝られないわ。 40そこらにもなって、ビジネスの関係なのも分からなくなって挙句の果てに刺殺するとか・・・ありえない》

《胸糞悪い……なんで無期懲役なん…… 》

《当時の流れを覚えてるけど、ネットの被害者叩きは本当に胸糞だった。酷かった。 》

《最近仰天ニュース見ると胸糞な事件多くて最後まで見れないんよなぁ》

など、視聴後のモヤモヤが抜けずに、気分が悪くなったという書き込みが殺到し、ネットは炎上しました。

スポンサーリンク

『仰天ニュース』、定期的に後味の悪いニュースを取り上げ物議を醸す

今回取り上げたい事件は実際に起きたものということに加え、比較的、記憶に新しい事件ということもあり当時のニュースを思い出した視聴者も多かったよう。

誰ひとり幸せな結末がないどころか、出口の見えないトンネルのように暗闇へ1人置いてきぼりにされたような感覚に陥り、視聴前からモヤモヤしている投稿が目立ちました。

同番組は、過去にも家族がスイカ割りを楽しむ際、初体験の孫にお手本を見せる形で挑戦するも、スイカを破る瞬間に、急に方向転換して孫目がけて棒を振りかざし、孫を号泣させるというショッキングなニュースも取り上げたことがあります。

当時、それを見た視聴者は失明の危険性を指摘するほどで、その時にもネットでは「仰天ニュース」、「胸糞」というワードがトレンド入りしたこともあるほど。

視聴後、あまりにも気分が悪くなるもので、スタジオにいる出演者も涙が堪えきれなかったり、重たい雰囲気に包まれた今回。

こうした事件を、ニュース番組だけでなくバラエティ番組などでも折に触れて接することで、自身の周囲でそうした出来事がないよう抑止力になっているのでしょう。

(文:Quick Timez編集部)