当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

吉岡里帆、ハイレグレオタードの生写真が出回りネット騒然「何でこんな嬉しそうな顔なん?」「もはや凶器」

スポンサーリンク
俳優・女優

画像:時事

女優として数々の作品に出演をする吉岡里帆さん。

かつては、水着グラビアなどをやっていた時期もあるようですが、今月になりその当時のハイレグレオタード姿の生写真が話題となっています。

スポンサーリンク

吉岡里帆、ハイレグレオタードの生写真が出回りネット騒然「エッッッッッッッ」

女優として数々の作品に出演をする吉岡里帆さん。

そんな彼女の水着グラビア写真をめぐり、ネット上が騒然となっています。

吉岡さんといえば、「ゆとりですがなにか」(日本テレビ系列)や、「きみが心に棲みついた」(TBS系列)、「レンアイ漫画家」(フジテレビ系列)などのテレビドラマをはじめ、「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」、「パラレルワールド・ラブストーリー」、「Fukushima 50」といった映画にも出演をしてきた人気女優。

また、2019年に公開された映画「見えない目撃者」では視力を失くした元警官という難役を見事に演じきり、同年公開の「パラレルワールド・ラブストーリー」との両方の演技が高く評価され、第43回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しています。

女優というイメージが強いですが、京都府出身ということもありお笑いも好きだということで、バラエティ番組でも活躍をしたり、日清食品のどん兵衛のCMでは「どんぎつね」というキャラクターが人気となるなど、ポップで親しみの安い人柄も魅力の一つです。

さらに、女優としてデビューをする前は、「週刊プレイボーイ」(集英社)などの雑誌でグラビアを披露しており、抜群のプロポーションと豊満なバストで世の男性を虜にしていました。

そんな吉岡さんをめぐって今月に入り、ネット上では水着グラビア時代の生写真が複数枚出回り、その写真にはハイレグのレオタード姿というセクシーな吉岡さんの姿が。

この写真に対してネット上からは、

《何でこんなに嬉しそうな、得意気な表情してるの?》

《エッッッッッッッ》

《吉岡里帆って、めちゃくちゃスタイルいいんだよな!》

《こんなのもはや凶器でしょ。》

《吉岡里帆って、いつ見ても大きさ形ともに最高のバランス》

《今や大女優なのにレオタードとかよくやってたよな。完全に黒歴史やろ》

などの意見が殺到していました。

スポンサーリンク

吉岡里帆、どん兵衛のCMでは関西弁も披露し大好評

吉岡さんといえば、今や”どんぎつね”としてお茶の間の人気者でありますが、今月から公開されているどん兵衛(日清食品)の新CMでは、関西弁も披露しています。

東西の出汁の違いを説明するために、標準語の吉岡さんと関西弁の吉岡さんが交互に出演。

「どっちが好きなん?」と京都府出身の吉岡さんが惜しげもなく関西弁を披露しており、これには

《どん兵衛のCMの吉岡里帆の関西弁は女の私が聞いても良い》

《どん兵衛のCM星野源じゃなくなってるんか。 それにしても吉岡里帆の関西弁は効くな。さすが京女》

《新しいどん兵衛CMの関西弁吉岡里帆がたまらないんですけど》

などのコメントが寄せられ大好評のようです。

また、今までどんぎつねのパートナーを務めていた星野源さんにかわり、お笑い芸人のこがけんさんが新たに起用されていることでも注目のCM。

吉岡さんの新たな魅力がたっぷり詰まっていますので、ご覧になっていない方はチェックすることをおすすめします。

(文:服部慎一)