当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

アモーン関口「やっぱ売れてる人はすごい」今田耕司との飲み会で起きた驚きのエピソードを回顧

スポンサーリンク
お笑い芸人

自称「最強漫才師」として活動をしているお笑いコンビ・アモーン。

そのスタイルの原点や、コンビとしての将来像、占い師としての活動などについて独占インタビューをし、お話を伺ってきました。

本記事では後編をお送りしますので、前編をご覧になっていない方はこちらからご覧下さい。

スポンサーリンク

アモーン関口「やっぱ売れてる人はすごい」今田耕司との飲み会でされた驚きのエピソードを回顧

ーー今憧れてる芸人さんとか、共演したい芸人さんはいらっしゃいますか?

関口さん:私は話術とかがあんまりある方じゃないんですよ。

よくネタとかで叩かれたりするとそれだけで笑いが起きたりするんですよね。

痛がってるだけで面白いと思われたりとか、そのあたりからリアクションとかで行けたらなっていうので、出川哲朗さんを目指してるんですよね。

今後ご共演もしてみたいし、越えられないんですけど越えたいっていう思いは常にあります。

ただ、リアクション芸をやったことないんで、実際はすごい難しいのかもしれないですよね。

田村さん:本当に会いたいのは「美輪明宏」さんですね。

美輪さんが良いって言った人は大体売れるっていうね。

豊川悦司さんとかビートたけしさんとかさんまさんとか、売れる前にすごいって言われてて。

「僕、何かついてますか!?」って聞きたい(笑)。

関口さん:たぶんだけど、美輪さんそういう人嫌いだと思う(笑)。

田村さん:漫才師で言ったらサンドウィッチマンさんとアンタッチャブルさん。

最強漫才師になる前は本当にその2組を参考にしてやってたので。

たぶんそれが間違いだったんですけどね。あれ、やっぱり上手くないと出来ない漫才だったっていうね。

関口さん:僕ら9年間やってて全然上手くならなかったんですよ!

田村さん:島田紳助さんも言ってたの!上手いやつは1年目から上手いって。

オール巨人師匠とかも徐々に上手くなった訳じゃなくて、最初から上手かったんだって。

俺らそれに気づくのが遅かったんだよな(笑)

関口さん:1年目から9年目まで、技術的にはそんな変わってないもんね(笑)そのダメな部分の技術が今これに活かされて全部集約した感じ。

ーーコンビとしての将来像は何か思い描いてたりしますか?

田村さん:そうですね、今までコントをやってないんですよね。

「M-1グランプリ」が終わったら「キングオブコント」は芸歴関係なく出れるので、コントをやるっていうのも有りかなって思ってます。

あとは、ここに誰か1人入れようかなって…俺が考えてる候補は「ずん」のやすさん(笑)。

関口さん:それは失礼よ!!

田村さん:あと、「M-1グランプリ」はもう出られないから、Amazon PrimeかNetflixに交渉して、賞金1億円の漫才の大会を作ってもらって…。

R-1もM-1も芸歴の制限があってくすぶってて面白い人いっぱいいるから、それ関係なく大会開いたら良いコンテンツになるんじゃないかってAmazonさんに言いたいですね。

関口さん:届けばいいねそれ(笑)

田村さん:それで優勝賞金1億円とかなったらもう話題よ?M-1よりAmazonってなるかも。

あとはTV番組に出演するというのは、やっぱり目指したいですね。

流れ星さんとか全国をすごい回ってて動員してるし、それはすごい憧れますよね。

ーーなるほど!田村さんは占い師としても活動されていますが、始めたキッカケなどは?

田村さん:よくぞご存じで!

本当に安直な発想で、当時、埼玉の立ち飲み屋で営業みたいなのがあって。

ANZEN漫才がまだ売れる前に2組で行ってたんですよ。

ギャラが2人で3,000円くらいで、余興が終わったらお客さんと好きに飲み食いをタダでやっていいよみたいな条件で。

関口さん:もしかしたらおひねりとかもあるかもよ?みたいな感じで。

田村さん:僕らとしてもお金もらえるし飲み食い出来るし全然悪い条件じゃなかったんですけど、家からすごい遠くて、交通費引いたら700円くらいしか上がりがなかったんですよ。

当時、特技のオーディションがすごいあって、僕はたまたまその時にタロットカード付きの占い本を買ってて。

余興終わってから「占い出来るんでやりたい人いますか~」って…。

お金は最低100円からっていう感じにしたんですよ。そ

したら、1日で2〜3千円もらえて、思いの他うまくいって小銭を稼げるなってそこからですね。

関口さん:最初の方はまじで本読みながらやってましたけどね。全然説得力ないじゃん!って。

田村さん:でも持ち前の洗脳技術でね(笑)

ーー芸能人の方も占われたり?

田村さん:結構ありますね。

ANZEN漫才、流れ星さん、ぺこぱの松陰寺くん、あとはヒコロヒーさんとかも。

ライブ終わりでハンバーガー屋さんに連れてかれて(笑)。

売れる前だったから写真撮っといたら良かったなぁって、今すごいじゃんヒコロヒー。

あと映像にはないけど今田耕司さんも占いましたね。

名古屋の番組で占ったんですよ、でも面白くなかったみたいで全カットされちゃって(笑)。

ーーどんな占い結果だったんですか?

田村さん:今年結婚できるかみたいな感じで、俺が「出来ない」って言ったんで当たってたんですよ!だからオンエア出来たんですけどねぇー(笑)。

関口さん:今田さん、絶対覚えてないと思いますけどね。

田村さん:いや、そのあと飲みに行ったから覚えてるでしょ!

関口さん:あれが初めて大物芸能人との飲み会って感じだったね。

田村さん:なんか同じ事務所の人はなんとなく行けるけど、他の事務所のMCをしてるような大物の方となると…

いやー緊張するしました。

ずっと見てきた人だから、質問しかできなかったけど、家に帰ってからもっとしとけば良かったなって。

関口さん:もう余裕感がすごかったですね。

ーー今田さんとの飲み会で印象に残ってる事などあれば…

関口さん:その番組のトークコーナーで、俺が偏食で麺好きだっていう話をしたんですよ。

飲み会で何頼むかってなったときに、「関ちゃん麺好きやろ、焼きそば頼むよ」って言ってくれて、覚えててくれたのがめちゃくちゃ嬉しかったですね。

やっぱ売れる人ってこういう些細なことも覚えてるんだなって。

田村さん:ほんと優しかったよね。

ーーお2人にとってのライバルや意識してる芸人さんっていらっしゃいますか?

田村さん:意識してるというか理想は、トム・ブラウンですね。

変わり種の漫才師でずっと地下ライブでも一緒だったし、芸歴も歳もそんなに変わんないけど、あの成功例を見てると羨ましいというか、あぁいう出方って良いなって思いますよね。

関口さん:「M-1グランプリ」で決勝行った瞬間に、変な話ですけど「俺らもこの道は間違ってなかったんだ」って勇気づけてくれたんですよね。

ネタは知ってたんですけど、テレビで大丈夫かな?とか思ったら、テレビで跳ねたんでやっぱすげぇなって思いましたね。

田村さん:それを見てると、その道は羨ましいというかそこに行けたらなとは思いますね。

変わり種というか、正統派じゃない漫才師は好きですね。

ーー最後に事務所ライブの事などもお伺いしたいのですが、お2人にとってライブとか舞台とはどういう存在ですか?

田村さん:僕はもう精神が安定する場ですね。

関口さん:初めて聞きましたね。これは明らかにインタビュー用としか思わないよ!(笑)

田村さん:やっぱりライブでウケた時って気持ちよくない?その承認が欲求されるのか分かんないですけど、そういう精神が満たされる場所ではありますね。

関口さん:お客さんがただ笑ってくれれば良いって感じですね。順位関係なしに笑ってくれたらそれで良いって。

ーー次回は「54 FIGTH」に出られるんですよね?何か意気込みなどあればお聞きしたいです。

田村さん:先月「55 NEXT」が最下位降格して(笑)

関口さん:こういう言い方したら失礼ですけど、ここで留まってるようなコンビではないのですぐに「55 NEXT」に行きたい!って感じですね。

田村さん:上位3組が上がれるのでね。

先月最下位取っちゃったんで、すぐ戻らなきゃと思ってるんですけど、心配なのは来月やる新しいネタが「便器のネタ」っていう(笑)。

関口さん:お客さんに、女性陣が多かったらちょっと不利かなって。

田村さん:関口さんが最強の便器になるっていう。人によってはちょっと不快になるかなって思ってますけど。

関口さん:最強の便器とはなんだ!っていうのをイメージして欲しいですね!

アモーンのプロフィール

名前(左):関口 まじめ(せきぐち まじめ)

生年月日:1982年7月28日

血液型:O型

出身:長野県

趣味:ゴジラ、ガンプラ、アクションゲーム

特技:ご飯、睡眠、ゲーム

名前(右):田村 元樹(たむら もとき)

生年月日:1983年2月3日

血液型:AB型

出身地:福岡県

趣味:サッカー、心理学、料理、登山

特技:サッカー、タロット占い

お笑いコンビ・アモーン。自称「最強漫才師」を名乗る浅井企画の最終兵器で、田村は「漫才を完成させた男」、関口は「漫才の向こう側に行った男」として見たら必ずクセになる漫才を披露する。田村は2020年、漫才で培ったトーク力を武器にプロの占い師としてデビューするなど、多方面で活躍をする注目のコンビ。

スポンサーリンク

アモーン出演!浅井企画が主催するライブ「54 FIGHT」の詳細

浅井企画主催のお笑いライブ「54 FIGHT」。

毎月、「55NEXT」、「54 FIGHT」、「53 DASH」の3種類が行われており、毎回投票によって数組が降格や昇格を繰り替える、バトルライブ方式となっています。

アモーンは今回、11月5日(金)に開催される「54 FIGHT」に出演をします。

名称:54 FIGHT

日時:2021年11月5日(金)開場17:20 開演17:30 (~19:00頃終演予定)

会場:バティオス with 藤崎翔(新宿区歌舞伎町2-45-4)

料金:会場観覧チケット 前売1,300円/当日1,400円(整理番号付き・全席自由)

販売:10月9日(土)12:00~ 発売開始(開演まで販売)TIGETにて販売 ※手数料がかかります
購入はこちら→https://tiget.net/events/150336

MC:ニュークレープ

出演:みほとけ/まろ/とんたくと/牧野ステテコ/鼻矢印永井/うみのいえ/キウイノート/あはは/安心安全/おちもり/地獄パワフル/おおぞらモード/スカーレット/アモーン/でっかい!くぼた/ぬえ

(文・取材:Quick Timez編集部)

(写真:RYOSUKE MAEJIMA)