当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

藤井隆、NHKのニュースへとんでもない無茶ぶりする暴走に博多大吉も思わず「この後ニュース読みづらいよ」

スポンサーリンク
お笑い芸人

画像:時事

岩手県で盛んに行われているというスポーツチャンバラを特集した7日の「あさイチ」(NHK総合)。

その放送中、同局の塩田慎二アナウンサーがタレント・藤井隆さんからとんでもない無茶ぶりが受けることに。

スポンサーリンク

藤井隆、『あさイチ』のスポチャン特集で大暴れ

7日、恒例コーナー「みんなでシェア旅」で岩県内の名産、名所を紹介した「あさイチ」(NHK総合)。

その放送中、岩手県で盛り上がっているという「スポーツチャンバラ」でこの日のゲストだったタレント・藤井隆さんが暴走するシーンがありました。

チャンバラごっこにルールが加えられ競技となった「スポーツチャンバラ」

岩手県では2016年に開催された岩手国体でデモンストレーションが行われ、それをきっかけに競技人口が増えているのだとか。

現在では世界大会も開かれるほど人気競技となったスポーツチャンバラを、スタジオの出演者らも体験することに。

すると、スタジオに用意された競技で使用する剣を手に、博多華丸さん側のアクリル板を鬼の形相で叩き始めた藤井さん。

「なんでえ?」と突然の出来事に華丸さんが戸惑うと、その様子を見ていた博多大吉さんは「始まりましたよ。隆タイムが始まりましたよ」と苦笑。

藤井さんはその後、カメラの前に立ちスポーツチャンバラで使用される技「回し打ち」を体験するとその際も華丸さんへ体を向けて「回し打ち」を連発。

さらに、スタジオにサンドバッグが用意されるとそのサンドバッグに向かい「おはようございます!」と膝をついて最敬礼し、「戦わせていただけるんですか…?お言葉に甘えてやらせてただきます!」と藤井隆劇場を続けたのでした。

ただ、藤井さんがサンドバッグを叩きははじめるとその力強さに「バイーン、バイーン」と振動音がスタジオに響き渡ることに。

瞬き一つせず一心不乱にサンドバッグを叩く藤井さんに、「藤井くんごめんごめん…スポーツチャンバラで聞き馴染みのない音がする」と大吉さんが思わずストップ。

藤井さんはそれでも止まらず、叩きながら「この後はニュースです!」と午前9時のニュースを担当する塩田慎二アナウンサーへバトンタッチするも、大吉さんから「いけない!いけない!この後ニュース読みづらいから!」とツッコミを受けていました。

スポンサーリンク

「これぞプロ」塩田慎二アナの対応に拍手喝采

スポーツチャンバラを体験している最中、スタジオでまさに暴走状態に入った藤井隆さん。

そしてそのまま番組は中断し、9時ちょうどのニュースに突入。

藤井さんの無茶ぶりもあり、ニュースを担当している塩田慎二アナウンサーへ注目が集まりました。

しかしあの大騒ぎとなった「あさイチ」からのバトンにもかかわらず、塩田アナは一瞬口をすぼめただけで淡々と神奈川・秦野にヘリコプターが墜落したニュースを伝えたのでした。

すると、見事に藤井さんからの無茶ぶりを流した塩田アナに視聴者から「塩田アナすごいな…これぞまさにプロの姿」などと、冷静に対応した塩田アナへ賛辞が殺到したのでした。

藤井さんのギャグに耐えた塩田アナ、しかしNHKのアナウンサーは笑いに強いのだと言います。

「5年ほど前だったと思います。紅白歌合戦に出場したピコ太郎さんが新曲を披露するという想定外の行動に出て、そのまま幕間のニュースに入るという出来事がありました。その時ニュースを担当したのが『おはよう日本』の高瀬耕造アナ。当時は高瀬アナは短く深呼吸して笑いを堪えていました。NHKのアナウンサーは切り替えが特に早いように思いますね」(芸能ライター)

藤井さんの無茶ぶりを見事に乗り切った塩田アナ。

プロ根性とプロ根性のぶつかり合いに視聴者も思わず感嘆の声を漏らしたようです。

(文:有馬翔平)