当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

三宅健「家族よりも時間を共にしている」V6メンバーへの想いを吐露

スポンサーリンク
ジャニーズ

画像:時事

今年11月1日で解散が決定しているV6から25日放送の「徹子の部屋」(テレビ朝日系)に出演した三宅健さん。

放送ではメンバーへの想いをつづり、さらには今後の展望について明かすシーンもありました。

「いつまでもついていく」とファンも思わず涙した三宅さんのコメントとは一体?

スポンサーリンク

V6三宅健、『徹子の部屋』でメンバーに想い伝える「いて当たり前の存在」

25日、「徹子の部屋」(テレビ朝日系)にV6・三宅健さんが出演し、今秋で解散となる同グループのメンバーへ想いをつづるシーンがありました。

この日、黒柳徹子さんから「サボテンに名前つけてるってそう?」とプライベートの質問を受けた三宅さん。

自宅で育てるサボテンにメンバー1人1人の名前を付けているようで、トゲが無数に生えているサボテンには「岡田っぽくないですか?」と岡田准一さんに見立てていることを明かしました。

「毎朝移動したり、水あげたりで大変…」とメンバーの名前を付けたサボテンを甲斐甲斐しく世話する三宅さん。

さらに放送では、「メンバー誰も欠けずに26年間…すごいねV6って」とグループでの活動に感心した徹子さんから「メンバーにはどんな思いを持ってるんですか?」と、メンバーへの気持ちに関する質問が。

その質問に、三宅さんは「本当に…デビューした当時なんて毎日のようにみんなと一緒」、「デビューして3年間くらいは記憶がないほど忙しかったんですね。でもそれくらいみんなで、6人で一緒にいたので家族よりも時間を共にしている感覚がある」と、長い時間を共にしたと感慨深げにコメント。

その上で、「不思議な関係性というか」、「いて当たり前の存在」と答え「たとえば黙って一緒にいても気にならないし、会話がなくても一緒に過ごせるようなそんな仲」と答えたのでした。

スポンサーリンク

「魅力の詰まった30分間」今後の展望にファン反応

今秋で解散するメンバーへ向けて改めて気持ちを明かした三宅健さん。

また番組では今後の展望についても明かす場面がありました。

その後、黒柳徹子さんから「どんな40代を目指しているの?」と尋ねられた三宅さん。

すると、「26年グループをやってきて、それを11月1日で終えるんですけどその後の自分の先の未来、自分は何になるんだろう、どこを目指すんだろうって考えた時に徹子さんのプロフィールってとてもお手本になるというか」と、黒柳さんを目標にしていることを明らかに。

40代で『ザ・ベストテン』の司会、50代でユニセフの親善大使と年齢にとらわれず精力的に活動してきた黒柳さんに対し、「年齢関係なく、新しいことを始めることができるんだとすごく徹子さんを見てると思える」、「40代、50代、何ができるんだろうということがとても楽しみ」と新しいことへチャレンジすることをほのめかしたのでした。

この三宅さんのコメントにファンが反応。

《後半結構泣いてしまった。健くんの魅力がギューッと詰まった30分間だった》

《40代、50代と色々なことにチャレンジしていくってちゃんと言ってくれたからとても嬉しかった。これからもずっとついていくからね》

《健くん、将来は徹子さんみたいな大物司会者とかになるのかな?ほんといつまでも健くんの成長を見守っていたい》

などと、「楽しみ」と三宅さんのこれからの活動に期待する声が寄せられました。

11月1日で解散するV6。

しか、し解散後の活動へ具体的なものはなかったものの言及したことで、ファンもどこか安堵したようです。

(文:有馬翔平)