当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

玉川徹、週刊誌で報道された山本雪乃アナの驚きの行動を絶賛「僕も見習いたい」

スポンサーリンク
アナウンサー

画像:時事

先日、およそ20日間の競技全日程を終了して閉幕した東京オリンピック。

その大会期間中、大会ボランティアとして従事したスタッフの行動が世界で絶賛されていることを20日、「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)が特集。

するとその最中、同局の山本雪乃アナウンサーのある「行動」に玉川徹氏が絶賛するシーンがありました。

スポンサーリンク

玉川徹、山本雪乃アナをべた褒め

20日、東京オリンピックを裏で支えた大会ボランティアの活躍を特集した「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)で、山本雪乃アナウンサーのある「行動」を玉川徹氏が絶賛するシーンがありました。

先日閉幕した東京オリンピック。

選手らの活躍が目立った裏で、大会ボランティアの行動を各国のメディアが称賛。

その中でも同番組は、陸上男子110m障害で金メダルを獲得したジャマイカ代表のハンスル・パーチメント選手が決勝直前、道を間違えた際にその窮地を救ったスタッフに注目。

パーメント選手がメダル獲得後、件のスタッフのもとへ感謝を告げに足を運んだ動画はジャマイカ国内でも反響を呼び、同国首相は「すべてのジャマイカ国民は感謝の気持ちを忘れてはいけない」とコメントし、ウサイン・ボルト氏からも感謝のメッセージが。

このことをはじめ、スタッフの活躍に山本アナは「私、オリンピックの取材に行ってるんですけど、ビックリするくらいのおもてなしなんですよ」、「もうちょっと困ってたらすぐに声をかけてくれるというスタッフの方たちがたくさんいらっしゃいました」と、スタジオで報告。

すると、玉川氏はこのことについて「人に親切にすると、気分が良くなるというのは経験上自分もわかっているんだけど、なかなかできない」と、気づかずに通り過ぎてしまうとコメント。

そして唐突に「雪乃さんだったら僕、できると思うんですよ」と、山本アナに称賛を送ったのでした。

これには山本アナも「え?」と戸惑い。

ただ、玉川氏が山本アナを称賛したことには理由があり、「雪乃さん、雑誌かなんかに記事が載っててね」と視覚障がい者の方をフォローしている記事を読んだことを明らかに。

「全然見られてことのないところで、雪乃さんすごいなと思ったんだよね」と再度感心した様子を見せ、「雪乃さんがやってるから、僕も見習いたいなと思ったんだあの時」と褒め称えた玉川氏。

そんな玉川氏の言葉に、「パラアスリートの方にも取材させていただいてますので、声をかけやすかっただけなんです」と山本アナは控えめなコメントを残していました。

スポンサーリンク

「テレ朝のエースに」視聴者からも称賛の声

週刊誌で報道された善行に対し、玉川徹氏から「見習いたい」と絶賛された山本雪乃アナウンサー。

すると、玉川氏が明かした山本アナの行動に番組を観ていた視聴からも相次いでコメントが。

《代理で出てくる山本アナだけどメインでも十分いけるよな。それだけの品格を感じる》

《すごく明るくて、フリートークも上手いし山本アナ何気に好きなアナウンサーなんだよな。テレ朝にエースになってほしい》

《この番組、山本アナがメインアナになってもいいんだよ》

などと好意的な声が集まり、お茶の間の人気が拡大したよう。

週刊誌によって、視覚障がい者の方をフォローしていることを報じられた山本アナ。

ただその後も「声をかけやすかった」と、謙遜したコメントを述べたことも視聴者には印象的に映ったようです。

(文:有馬翔平)