当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

『雨上がり決死隊』の解散理由を公表した蛍原徹、同情の声が多数寄せられる「可哀想だな」

スポンサーリンク
お笑い芸人

画像:時事

17日に放送された「アメトーーク!特別編」(※吉本興業公式YouTubeとABEMAで配信)。

同番組で解散が発表された「雨上がり決死隊」ですが、その解散理由について、蛍原徹さんへの同情の声が寄せられています。

スポンサーリンク

蛍原徹、雨上がり決死隊の解散理由に言及「ちょっとずつズレが生じてきた」

17日に放送された「アメトーーク!特別編」(※吉本興業公式YouTubeとABEMAで配信)。

同日付で、解散を発表した雨上がり決死隊の宮迫博之さんと、蛍原徹さんがコンビ揃って最後の収録に臨み、YouTubeとABEMA TVで配信がされました。

番組冒頭、久々の2ショットとなった2人はそれぞれの口から解散の経緯などを説明。

宮迫さんは時折涙ぐみながらも、「2年前に僕がついた嘘で、闇営業騒動ということで、本当にもうとんでもない方々にご迷惑をおかけして、申し訳ございませんでした」と謝罪。

蛍原さんは、2年間コンビとしての活動をしていなかったことを挙げた上で、「やっぱり僕的にですね、宮迫さんに対する気持ちがですね、ちょっとずつズレが生じてきたかなと正直思います。」と、解散に至った経緯についてを語りました。

「もちろん最初はですね、コンビで戻ってきて、2人で何とかもう1回復帰したいと、もちろん僕は思っていました」と、当初はコンビ継続を考えていた蛍原さん。

しかし、「宮迫さんがYouTubeやり始めたくらいから、『僕と宮迫さんの価値観や方向性が違う』と、複雑な気持ちが続いていました」と、宮迫さんのYouTubeチャンネル開設がコンビの溝を深めたと言及。

宮迫さんが後輩芸人らとコラボをするたび、わざわざ自身の元へ報告に来るのを目の当たりにした蛍原さんは、変に気を遣わせていると感じ、「雨上がり決死隊という屋号を外した方がすっきりとするのではないか?」と考え、解散を決意したと言います。

また、宮迫さんがYouTubeを始めたことについても蛍原さんは、「宮迫さんが個人で1人でやってるというのはそれは僕も応援していたと思うんですけど、相方の横に戻りたいっていうことだったんで、『それなら僕だったらそうしないよ?』っていうその辺ズレはありました」と、復帰への仕方に違和感を感じている様子でした。

スポンサーリンク

雨上がり決死隊の解散理由に、蛍原徹への同情の声が多数寄せられる

解散理由について語った蛍原徹さん。

その理由が、宮迫さんのYouTubeチャンネル開設によるコンビ間の価値観のズレだったことを受け、番組視聴者からは、

《蛍原さん可哀想。。 宮迫は罪が重いなー》

《ずっと待っててくれた蛍原さんが可哀想だなぁ。 宮迫さんはどこまでも金の亡者ですな。》

《蛍原さんがとにかく可哀想に見えてしまうなぁ。コンビを大事に思ってもらえないし、あの姿見ちゃ嫌にもなるわ》

《やっぱり蛍原さんが可哀想だなぁ… ずっと待っててくれたんじゃないの? 宮迫さんは、何をしてたの? YouTube楽しそうで良かったねぇ。。》

などの、同情の声が多数寄せられていました。

さらに同番組で蛍原さんは「(コンビとしての活動がなくなってから)1年半、毎日泣いてたんで」と、辛い胸の内を明かす場面もありました。

宮迫さんは現在、チャンネル登録者数141万人という人気YouTuberの仲間入りを果たしていますが、その影の立役者として知られるのが、コンサルタントという立場でチャンネルを支えているYouTuber・ヒカルさんの存在。

ヒカルさんのアドバイスにより、登録者数や再生回数をどんどん伸ばしていった宮迫さんは、ヒカルさんと共に焼肉屋をプロデュースをするなど、新プロジェクトにも精力的に活動しています。

いわば、ヒカルさんというYouTubeでの新たな相方を見つけてしまった宮迫さん。

地上波のテレビ復帰を目標にしていただけに、結果的に蛍原さんという古くからの相方を裏切る結果となってしまいました。

蛍原さんから出た本音に加え、現在のYouTubeでの活動を見た視聴者からは

《蛍原よりもヒカルなんかを選んだんだよ宮迫は。要は相方を見限ったってことだろ》

《宮迫、蛍原よりヒカルとるのか。 金より大切なものってあると思うんだがなぁ》

《宮迫は30年来の付き合いの蛍原より、まだ知り合って間もないヒカルを選んだってわけね。》

など、厳しい意見も散見されました。

32年というコンビの歴史に幕を閉じた雨上がり決死隊。

その衝撃の余波はまだまだ続きそうです。

(文:服部慎一)