当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

松本人志、張本勲氏の『差別発言』の謝罪文に対し「これが許されるなら何を言ってもいい」と皮肉

スポンサーリンク
お笑い芸人

画像:時事

15日に放送された「ワイドナショー」(フジテレビ系列)。

野球評論家の張本勲さんが、女子ボクシングに対して差別的とも取れる発言をし、批判や抗議を受けた事に対して謝罪文を出しました。

しかしその内容すべてが言い訳めいていることから、同番組レギュラーの松本人志さん(ダウンタウン)がツッコミを交えつつ強烈な皮肉を込めコメントして視聴者から称賛の声が相次いで寄せられました。

一体、松本さんはどのようなコメントを発したのでしょうか。

スポンサーリンク

松本人志もあきれ顔!張本勲の女子ボクシング差別発言の謝罪文が言い訳ばかり

野球評論家の張本勲さんが、8日に放送された「サンデーモーニング」(TBS系列)内で、東京五輪女子ボクシングフェザー級で金メダルを獲得した入江聖奈選手に対して「嫁入り前のお嬢ちゃんが顔を殴り合って」などと差別的とも取れる発言をし、ネットでは批判が、日本ボクシング連盟からは猛抗議を受けた事に対して謝罪文を出しました。

謝罪文の内容は「入江選手の快挙を称えると共に、自分も金メダルを取れるのではと思って、ボクシングをやる女性が増えてほしいということを本当は言いたかったのです。言葉足らずで反省しています」(一部省略)と、元の発言から読み取れる意味合いとは真逆の真意があるというもの。

松本さんは謝罪コメントを受け「今回の言い訳は、これが許されるなら何を言ってもいいですよね。何を言おうが、怒られたら『本当はあれは真逆の意味で言ってました。言葉足らずですみません』。全部いけちゃう万能の言葉やなと」と、謝罪文について皮肉を込めてツッコミます。

MCの東野幸治さんが「ボクシングをやる女性が増えてほしいということを本当は言いたかったのです」と、TBSを通した張本氏のコメントを紹介すると、松本さんは「全然言ってないよ!言ってなかったねー」とさらにツッコミ。

ド正論の中に痛烈な嫌みを込めて発した言葉には

《張本さんの言い訳、無理がありすぎ》

《この謝罪で許されるなら、素晴らしい発見だよね(棒読み)》

《へりくつが過ぎるのをばっさり斬った松っちゃん、さすが》

など、そのコメントの的確さを称賛する書き込みが多数寄せられました。

スポンサーリンク

ファーストサマーウイカ、切れっキレのコメントに視聴者絶賛

この日、同番組に出演していたファーストサマーウイカさんは「なぜみんな怒っているのか、言い方をはっきりさせないと。とりあえず謝っとけではなく、何があかんかったか分かってる?と確認しないと。悪気があって言ってるのと違うから心配」と率直に発言。

「言葉が足りずで申し訳ないではなく、余計な事を言い過ぎ。『おじさんやから』で誤魔化したらあかん」と的確な指摘をしており、視聴者からは

《張本対してウイカ、今日のワイドナショーは的確だった。》

《しっくりきたよ。確かにそうだよな》

《張本さんの件でウイカは良いこと言ってたな》

など、そのドンピシャリな発言を称賛する声が多数寄せられました。

問題の本質を捉え、根本的な解決の糸口を探るファーストサマーウイカさんの切れのあるコメントにしびれ、活路を見出そうとするネットの書き込みが見られるなど、学びの多い放送回だったようです。

(文:Quick Timez編集部)