当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

おぎやはぎ矢作「話もしたくないぐらい」東京五輪の閉会式を酷評

スポンサーリンク
お笑い芸人

画像:時事

12日に放送された、「おぎやはぎのメガネびいき」(TBSラジオ)。

同番組で、おぎやはやぎの矢作兼さんが、東京オリンピックの閉会式をめぐり酷評する場面がありました。

スポンサーリンク

おぎやはぎ矢作「話もしたくないぐらい」東京五輪の閉会式をめぐり酷評

12日に放送された、「おぎやはぎのメガネびいき」(TBSラジオ)。

おぎやはぎの矢作兼さんが、東京オリンピックの閉会式について言及するシーンがありました。

この日は、ゲストにフリーアナウンサーの鷲見玲奈さんを迎えての放送。

加えて、16日に誕生日を迎える小木博明さんへのお祝いも一緒に行われました。

鷲見さんを交えてのトークでは、今月に発売された鷲見さんの写真集「すみにおけない」の話を中心に様々なトークがされ、おぎやはぎの2人も満足している様子でした。

鷲見さんはスケジュールの都合上、番組冒頭での退席となり、その後はいつも通り2人でのトークを展開。

矢作さんは先週閉会式を迎えた東京オリンピックに関して「先週もね〜オリンピックの話したけれども…」と切り出します。

すると「もう、話もできないなぁ〜」とし、「話もしたくないぐらいの閉会式だったな」と酷評。

これには小木さんもすかさず、「そういうこと言うと、すぐ批判みたいになっちゃうもんなぁ。」とフォローをしますが、矢作さんは「批判には違いないよな」と最後まで批判的な姿勢を貫いていました。

スポンサーリンク

おぎやはぎ小木、金メダル噛みつきの河村市長にも言及

東京オリンピックの閉会式をめぐり、「話もしたくない」と酷評をしたおぎやはぎの矢作兼さん。

すると今度は相方の小木さんが、金メダルに噛み付いた河村たかし市長について、言及をしました。

ことの発端は今月4日。

名古屋市出身のソフトボール日本代表・後藤希友選手が、名古屋市長の河村たかし氏を表敬訪問した際、同氏がいきなり金メダルに噛み付くと言う暴挙に出たことによるもの。

当該の言動に対して世間から批判の声が相次ぎ、炎上状態となっていました。

これを受け矢作さんは、「森永卓郎さんと河村市長は前から知り合いだと…」と切り出し、「河村市長は金メダルを噛んじゃう人だから、河村さんに渡しちゃだめなんだって言うから」と、森永さんの発言を引用。

これに対し「それもう、江頭2:50さんの扱いじゃねぇかよ」とツッコんでいました。

そして小木さんは、河村市長の謝罪態度や言動に注目。

「可哀想に見えない」理由として、「やっぱ話し方じゃない?品がないじゃない、喋り方に」と、バッサリと切り捨てた上で、「これは前代未聞」と驚いている様子でした。

(文:服部慎一)