当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

滝川クリステル、五輪番組の裏でバラエティのMCとして出演をし波紋広がる「何してんの?」

スポンサーリンク
アナウンサー

画像:時事通信フォト

2日に放送された「教えてもらう前と後」(TBS系列)。

この日の放送では、「歌うま芸人No.1」決定戦が放送されましたが、MCの滝川クリステルさんへの起用方法に波紋が広がっています。

スポンサーリンク

滝川クリステル、五輪番組の裏でバラエティのMCをし波紋広がる

2日に放送された「教えてもらう前と後」(TBS系列)。

同番組MCの滝川クリステルさんへの起用方法に波紋が広がっています。

この日の放送では、「歌うま芸人No.1」と題して、芸能界で歌が上手い芸人を音楽のプロが選び、ベスト10形式で発表するという内容が放送されました。

次長課長の河本準一さんや、オリエンタルラジオの藤森慎吾さん、チョコレートプラネットの長田庄平さんなど、有名芸人もトップ10にランクインをする中、見事1位に輝いたのはどぶろっくの2人。

どぶろっくは、下ネタソングを武器に「キングオブコント2019」では見事にチャンピンに輝きましたが、同番組の歌唱披露では下ネタを封印。

ガチ歌ということで、ゆずの「虹」を熱唱しました。

プロの並の歌唱力ということで、審査員も圧倒されたパフォーマンスだったのですが、視聴者が注目をしたのはMCの滝川さんの存在。

五輪招致に大きく関わったとされるスピーチをしたにも関わらず、五輪開催期間中にバラエティ番組のMCをしていたこともあり、

《滝川クリステル、招致やってたのにオリンピック関係じゃなくて、芸人がただ歌を歌うだけの番組の司会やってる。》

《おもてなしとか言ってた滝川クリステルが、野球終わった後のクソ番組でMCしてて面白い》

《滝川クリステル、もうオリンピックのオの文字も言わず、TBSで歌うま芸人決定戦の司会をしている。どゆことかしら。。オ・ボ・エ・ナ・シ…覚えナシ?》

《滝川クリステルさん。 歌ウマ芸人の番組でてるけどオリンピック番組で一度も見ないね “招致”だけがお仕事だったのか、結婚して事情が変わったのか… なんかほったらかされ感で、寂しいんですけど…》

《オリンピックに負けない!芸人歌うま!って滝川クリステル何してんの、オリンピックおもてなしどーした》

などといった意見が大量に寄せられていました。

スポンサーリンク

滝川クリステル、五輪開催中に番組に起用されず「オ・ボ・エ・ナ・シ?」

2013年、アルゼンチン・ブエノスアイレスで行われたIOC(国際オリンピック委員会)の総会で、東京五輪の招致をめぐり、東京がプレゼンテーションを行いました。

そのプレゼンテーションで、センセーショナルなスピーチをしたのが滝川クリステルさんでした。

滝川さんは、このスピーチの中で日本の文化や日本人の特徴について、たった一言「お・も・て・な・し」という言葉を用い表現。

この言葉は、2013年ユーキャン新語・流行語大賞を獲得するなど、人々の記憶に深く刻み込まれました。

あれから8年が経過した2021年の夏。

東京オリンピックは1年の延期を経て、無事開催をされているのですが、五輪招致に深く関与した滝川さんはオリンピックの関連番組に呼ばれることはなく、バラエティ番組でMCをしていたのです。

この日は、オリンピックの野球競技が同局系列で中継されており、延長タイブレークまでもつれてしまったため、同番組は1時間ほど後ろ倒しとなってスタートしていました。

野球中継からそのままの流れで番組を視聴した人も多かっただけに、普段同番組を見ない層が滝川さんのMCに驚きを隠せなかったのだと思います。

おもてなしを世界に印象付けた滝川さんですが、五輪の開催期間中は皮肉なことに「オ・ボ・エ・ナ・シ」となってしまったのかもしれません。

(文:服部慎一)