当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました

ロンブー田村淳、韓国発言をセーブ?過去番組を降板させらた事実に「ブレーキを踏まざるを得ない」

スポンサーリンク
お笑い芸人

画像:時事

先日、東京オリンピック開催に合わせて都内にある選手村に入村した韓国の選手団一行。

しかし、選手村のバルコニーから挑発的とも受け取ることのできる横断幕を下げたり、福島県産の食材を拒絶する行動がSNSで物議をかもしていることを20日の「Abema Prime」(AbemaTV)が特集しました。

するとその放送中、MCロンドンブーツ1号2号・田村淳さんが隣国に対する発言に「ブレーキ」をかけていることを明かすシーンが。

スポンサーリンク

ロンブー田村淳、韓国発言を『ブレーキ』している事実を明かす

20日、先日都内の選手村に入村した韓国の選手団が挑発的な横断幕を掲げたり、福島県産の食材を拒否するなどしてSNSで物議をかもしていることを特集した「Abema Prime」(AbemaTV)。

その放送で、ロンドンブーツ1号2号・田村淳さんが隣国に対する発言に「ブレーキ」をかけていることを明かしました。

オリンピック開催前から火花を散らしている日韓両国。

この日、首脳会談が白紙になったことも取り上げた同番組で水を向けられた淳さんでしたが、「韓国サイドが日本に対して言ってくることが、どうしても歴史的なものと、政治的なものを絡めて色々と仕掛けてきている感じがしている」とどこか歯切れの悪い様子でコメントを口に。

すると淳さんは、過去韓国との領土問題についてSNSで発言したところ「それまでレギュラー番組が決まっていたのに、1週間前に僕その発言で降ろされたんですよ」と、番組レギュラーを失う憂き目に遭っていたことを告白。

その影響で、「その発言があるんで、とても日韓問題に対して積極的にしゃべろうという意識が、あの時から僕はブレーキを踏まざるを得なくなってます」と、発言をセーブしていることを明らかにしました。

過去の韓国に関する発言で、芸能活動に悪影響があった淳さん。

「それくらいナイーブな問題で、しゃべっちゃいけないとか、ほじっくっちゃいけないこともたくさんある問題なのかなと思います」と改めて日韓が抱える問題に見解を示していました。

スポンサーリンク

「落ち着かなきゃなと思う」日韓問題に自制を呼びかけ

過去、韓国との領土問題に言及し、仕事を失ったことから発言をセーブしているという田村淳さん。

しかしこの日の放送では、「でもオリンピックのことに関していえば…」と話を切り出し、「晴海の選手村に掲げられたのが、日本を本当に侮辱する意味での横断幕なのか調べなくてはいけないですけども、できれば僕はあれは下げてほしいと思います」と韓国の選手団の行いにコメント。

また一方で「だけど、片や韓国の選手がお台場での競技をするにあたって『水質がひどい』と」、「その韓国の人が言ったことに『また韓国が言ってるよ』じゃなくて、水質はひどいのでそれはおっしゃる通りだと」と、台場周辺の水質汚濁に関する発言にも言及。

加えて、「韓国というフィルターが入ることで、僕たちはちゃんとジャッジできないような、熱量を持っているのも落ち着かなきゃなとは思います」と、国内から上がる韓国への反発の声に対しても自制を促しました。

すると、この淳さんのコメントに対し、「お台場の海が汚いのは事実だし、フィルターかけて文句言ってても何も解決はしない」などと視聴者の共感を集めていました。

オリンピック開催にあたり再燃している日韓問題。

しかし「韓国だから」と日本国内の問題に蓋をしてしまうのは、愚かな行為なのかもしれません。

(文:有馬翔平)