当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

『ウワサのお客様』出演のブルーママ、味覚障害の疑いに視聴者ドン引き「病院行ったほうがいい」

スポンサーリンク
TV番組

※画像:時事通信フォト

9日に放送された「ウワサのお客さま」(フジテレビ系)。

ゲストとして番組常連となっている“爆食美人ママ軍団”たちが出演したのですが、番組中に見せた軍団員の“ブルーママ”の行動がネット上で話題となっています。

一体どのような行動だったのでしょうか?

スポンサーリンク

ブルーママ、すべての料理を激辛にしてしまう

9日に放送された「ウワサのお客さま」(フジテレビ系)。

日本の様々なチェーン店の情報を収集し、そのお客さまの情報を番組スタッフが潜入して徹底的に調査するといった番組内容。

そのお客さまならではのとっておきのお店の裏情報も紹介されることで人気の番組となっています。

この日は人気企画の『激辛道場破り』に加え、これまで3度放送されて毎回お茶の間が騒然となっている『爆食美人ママ友会』が再び行われました。

今回はこれまで参加したママたちの中から“歴代最強メンバーTOP3”が集結する特別な回に。

ママ友会のリーダー的存在である「ボスママ」に加え、前回に続いての出演となった“四国の大砲”こと「大砲ママ」、同じく2回目の出演となり前回黒い服をまとっていた“ブラックママ”は、今回全身青い服装だったことから「ブルーママ」になって登場しました。

そんなママ友会の舞台となったのは、千葉・東京・埼玉・神奈川で展開されている回転寿司チェーン店の『すし銚子丸』。

1注文目から「ボスママ」はサラダ軍艦を20皿、「ブルーママ」はオーロラサーモンを20皿、「大砲ママ」は塩いなり・生ゆばにぎり・ねぎとろ軍艦・赤海老チーズ炙りを5皿ずつ頼むなど、いつも通りとんでもない注文が続きましたが、中でも「ブルーママ」は注文だけでなくその食べ方が話題に。

「ブルーママ」は開始早々、わさびを大量に出した“わさび山”を作り、オーロラサーモンに大量に乗せた状態で美味しそうに食べ始めたのでした。

その後も同じ要領で作った“からし山”をつけて食事をしたり、あら汁の表面が見えなくなるほど七味唐辛子を振りかけるなど、その味覚が話題となったのでした。

その味覚を心配する一方、職人さんからも見える状態で平然と“味変”をしていたため、「作っている人に失礼だ」と感じた視聴者も少なくなかったようです。

スポンサーリンク

視聴者からの正直な意見

この放送を実際にリアルタイムで見ていた視聴者からはネット上で、

≪ブルーママってのは味音痴なんじゃねぇか?≫

≪ブルーママのわさび山とからし山は理解でけへんすぎた≫

≪やっぱりブルーママ総スカン食らってるな。無理もないよね、あんな食べ方してたら≫

≪とりあえずブルーママは病院行ったほうがいいマジで≫

≪毎回楽しんでみてるけど、ブルーママ確実に味覚障害やん≫

≪大食いママのブルーママなんでも激辛にして、職人1番嫌なタイプ。味音痴で量あればいいタイプや≫

≪ブルーママとか言う人の食べ方無理。辛いの好きなのは分かるけど、色々かけすぎ。お店に失礼だと思う≫

≪ブルーママが一番綺麗ぽいけど味覚死んでる≫

≪大食いもそうだけど、なんかの病気じゃないのかな…≫

≪ウワサのお客様のブルーママ…味覚障害ということに気がついた方が良い。多分だけど。辛党とは違うよね。これテレビで放送するのっておかしくないかなー。≫

と、その感覚を「理解できない」といった趣旨の声が多く寄せられました。

とはいえ毎回その食べっぷりが好評となっている同コーナー。

これからも「ブルーママ」の活躍が楽しみですね。

(文:Quick Timez編集部)