当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

ドランクドラゴン塚地、テレビ業界のタブーを犯す?『あさイチ』出演に視聴者ハラハラ「大丈夫なの?」

スポンサーリンク
お笑い芸人

画像:時事

King&Prince・永瀬廉さんが出演し、その演技力が話題を呼んでいる朝ドラ「おかえりモネ」。

14日の放送では永瀬さんに加え、坂口健太郎さん、平山裕介さんらイケメン俳優が勢ぞろいしたことに「あさイチ」(NHK総合)鈴木菜穂子アナウンサーも興奮気味にコメントを述べました。

すると、ドランクドラゴン・塚地武雅さんが嫉妬心を覗かせるシーンが。

スポンサーリンク

ドランクドラゴン塚地、キンプリ永瀬廉らイケメンに対抗心

14日、朝ドラ「おかえりモネ」にイケメン俳優らが相次いで出演したことに、鈴木菜穂子アナウンサーが興奮を抑えきれない様子を見せた「あさイチ」(NHK総合)。

その鈴木アナの様子に、この日のゲストだったドランクドラゴン・塚地武雅さんが嫉妬心を見せる一幕がありました。

King&Prince・永瀬廉さんらが出演することで注目を浴びている「おかえりモネ」。

舞台がヒロインの故郷である気仙沼から登米市に戻ったこの日の放送では、鈴木アナは「今日すごくないですか?」と開口一番興奮気味にコメントを差し込みました。

「りょーちん、菅波先生、中村先生っていうイケメンリレー」と鈴木アナが感激した理由は、第5週目となった放送初日に永瀬さんのほか、坂口健太郎さん、平山裕介さんとイケメン俳優が勢ぞろいしたことにありました。

「月曜日から目が潤いました」と興奮冷めあがらぬ様子の鈴木アナ。

すると、鈴木アナの様子に「あさイチ」のゲストだった塚地さんは「やっぱりイケメンの方が目が潤う感じですか?」とチクリ。

前作の朝ドラ「おちょやん」ではヒロインの危機を救った「花車当郎」を演じたことを引っ張り出し、「出ている時は、『心のイケメン』ってすごい言われていたんですよ」と自身の「イケメン度」を強調していました。

スポンサーリンク

「大丈夫なの?」塚地のタブーに視聴者ハラハラ

永瀬廉さんらイケメン俳優の登場に、「あさイチ」で対抗心を燃やした塚地武雅さん。

「その節はありがとうございました」と博多大吉さんらも塚地さんの演じた「花車当郎」には頭が上がらない様子でしたが、番組を観ていた視聴者は塚地さんの登場であるものが気になって仕方がなかったよう。

「これ大丈夫なの?」と塚地さんを案じるコメントが多数寄せられた背景には、NHKEテレで放送されていた番組が関わっていました。

「『あさイチ』に生出演した塚地さんでしたがその同時間帯、NHKEテレで放送されていた『おはなしのくに』にも登場。語りとして出演したほかブンブクチャガマの狸も演じており、『裏かぶり』の状態だったのです」(テレビウォッチャー)

同時間帯の番組に重複して出演する「裏かぶり」。

テレビ業界ではタブーの行為として広く知られており、それをNHKで犯してしまったことから、

「2つの番組にドランクドラゴンの塚地さん出てて、一瞬戸惑った」

「裏かぶりってやつだよね…?まずいんじゃないの?」

などと、視聴者から心配の声が上がったのでした。

ただ、今回塚地さんがNHK総合とNHKEテレに同時出演したことは裏かぶりでも「例外」なのだとか。

「『裏かぶり』がタブーとされているのはスポンサーに配慮しているため。なのでキー局放送の番組で裏かぶりすることはアウトでも、『TOKYO MX』などの地方局であれば許可されている場合もあります。その点、NHKはスポンサーが存在しないテレビ局。だからこそ今回の塚地さんのような一件が放送できたのでしょう」(芸能ライター)

テレビ業界のタブーに踏み込んだと案じられた塚地さん。

しかし禁断の「裏かぶり」が実現した背景には、NHKだったという理由が存在していたようです。

(文:有馬翔平)