当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

ライターの黄蘭(麻生千晶)、過去には亀梨和也の顔を「爬虫類」と揶揄していた

スポンサーリンク
トレンド

(※画像はイメージです)

12日、自身のインスタグラムを更新した元プロ野球選手の上原浩治さん。

自分の容姿に関して書かれたネット記事に対し、怒りをあらわにしました。

スポンサーリンク

上原浩治「ちょっと我慢できませんでした」自身の容姿をめぐるJ CASTの記事に苦言

12日、自身のインスタグラムを更新した元プロ野球選手の上原浩治さん。

ネット記事の画像を引用し、これは、産んでくれた親に失礼だと思います。自分は何とか大丈夫ですが…それでも少し凹んでます」と怒りをあわらにしました。

上原さんは、ウェブメディア「J-CASTテレビウォッチ」の記事を掲載。

評論家の黄蘭さん(別名義、麻生千晶さん)が連載しているコラム「てれび見朱蘭」で書かれた内容に苦言を呈しました。

その記事には、「実を言うと、上原が現役の時、筆者は彼の顔が苦手で、余り好意をもっていなかった。いかに、男は顔じゃないよと言われても、プロ野球のピッチャーにはイケメンもいる。楽天の岸孝之、日ハムの上沢直之、昔の金子千尋もよかった。ところが、引退後の上原は美醜に関係がなくなり、発言もしっかりしてきた。」と、上原さんの容姿に関する項目が書かれていたのです。

これには上原さんもインスタグラム上で「ブサイクでも野球頑張りました。好みは人それぞれですが、それは酒の席だけにしてください。公にしないでください! 顔が苦手、好意が持てない…勝手にしてくれ。 ただ俺にも家族がいる。産んでくれた親がいる。 すいません… ちょっと我慢できませんでした」と発言。

Twitterでも「J-CASTの記者さん… 容姿のことを言われても、これでも一生懸命に生きてるんです。 親には感謝してます。 苦手な顔、好意を持ってない…そりゃ〜 好き嫌いは自由ですが、表立って書くことではないと思うんです。 俺だって人間…傷つくこともありますので」と、怒りを滲ませました。

この投稿をInstagramで見る

Koji Uehara(@koji19uehara)がシェアした投稿

スポンサーリンク

黄蘭(麻生千晶)、ネット上では大炎上 過去には亀梨和也の顔を爬虫類と揶揄

上原さんの容姿に関して辛辣な記事を書いた黄蘭(麻生千晶)さん。

ネット上では、

《公の記事でこんな内容を面白いと思って書いてる人間がプロとして仕事をしていることに愕然としますね…》

《なんやこの記事。失礼極まりない。我慢する必要ないと思いますよ!》

《これはひどい。削除は当然として、担当者と責任者はちゃんと謝りに行くべき。》

《なんだこの上から目線の記者は!俺は現役の頃から好きだったけどな〜》

《れ記事にしちゃダメですよね。 誰がこの筆者の顔の好みに興味あるんやろか》

などの意見が寄せられ、大炎上する騒ぎとなっています。

これを受け、記事を掲載した「J-CASTテレビウォッチ」編集部は謝罪。

14日付で、「テレビウォッチ編集部 記事内容を一部削除・再編集しました。上原浩治さんにお詫び申し上げます。」とのコメントを同コラムの文末に付け加えていました。

黄蘭こと麻生千晶さんは、東京大学文学部を卒業した方で、現在は83歳。

かつては、裕木奈江さんをバッシングする記事を書いていたり、2018年には「J-CASTテレビウォッチ」で、KAT-TUNの亀梨和也さんの容姿に関しても、下記のように酷評しています。

亀梨和也はノッペリ顔で、何故か爬虫類を連想する。今回の物語は母親が無実なのに殺人者と疑われて、マスメディア(特にテレビのワイドショー)の犠牲になり自殺した過去を持つ、復讐に燃える男を演じているのだが、爬虫類顔のお陰で、ドロドロ復讐劇にはならずに、どこかゲームを楽しんでいるようなペロッとした感触だ。」(J-CASTテレビウォッチ てれび見朱蘭 2018年01月29日)

(文:服部慎一)