当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」に取り上げられました
SNSで最新の記事を受け取る

鷲見玲奈アナ、『ヒルナンデス』出演の態度に批判殺到…「性格悪すぎ」「昼の番組には向いてない」

スポンサーリンク
モデル

(※画像はイメージです)

10日に放送された「ヒルナンデス!」(日本テレビ系列)。

同番組ではこの日、「絶対に負けられない女性アナファッション対決」が放送され、滝菜月アナウンサーと、フリーアナウンサーがファッション対決をする様子が放送されました。

しかし、そこに登場した鷲見玲奈アナの態度に、番組を見ていた視聴者から批判の声が寄せられております。

スポンサーリンク

鷲見玲奈、『ヒルナンデス』出演の態度に批判殺到…「性格悪い」「昼の番組には向いてない」

10日に放送された「ヒルナンデス!」(日本テレビ系列)。

この日の放送では、人気女子アナウンサーたちが本気のファッション対決を実施し、「クリスマスデートコーデ」を披露しました。

テーマに沿って、自身のセンスで全身コーデを作り、そのファッションセンスをランキング形式で発表するという企画に、元フジテレビの中村仁美アナ、元テレビ東京の鷲見玲奈アナ、元NHKの神田愛花アナが登場し、番組を盛り上げていきました。

上記3人のアナに加えて同番組で進行を務める滝菜月アナウンサー(日本テレビ)も加わり、対決に挑みました。

さらに、滝アナ以外の3名が1位となった場合、木曜日「ヒルナンデス!」の希望するコーナーに出演できるという特典付き。

鷲見アナは、実家の周りが畑であるということから、名物コーナーの「東京農家」を希望していることも判明しました。

有名アパレルブランドのプレスルームにて、服を選んでいくのですが、今回のルールは選んだ服に私物を1点加えるということ。

中村アナは、夫であるさまぁ〜ず大竹さんから買ってもらったバッグやアクセサリーなどを持参し、紹介していきました。

そんな中、滝菜月アナとの関係を聞かれた鷲見アナ。

「今日初めましてです。『ヒルナンデス!』を見ていて、あんまりオシャレなイメージが無かったんですけど…」と印象を語った上で、「2位とかも取ってるみたいだから、あんまり軽視は出来ない」と危機感を募らせました。

その後も、「滝ちゃん、最近色気出てきた気がする〜」と口にした鷲見アナ、「いい恋してるな!?」と上から目線な発言を繰り返しました。

さらに、元彼からもらったというアクセサリー類を紹介する場面も見受けられたことで、番組を見ていた視聴者層が猛反発。

《鷲見って人、ほんま性格悪っ!上から目線やし男受け狙いはプライベートでも仕事でも…ほんま嫌な女。》

《鷲見玲奈アナ滝ちゃんのこと見下してる感じ?してなんか嫌だな。滝ちゃんだから大丈夫的なこと言ってて不快》

《鷲見玲奈ばり性格悪いやん笑。顔に滲み出てるしヒルナンデスには出て欲しくないタイプの人間》

《鷲見玲奈って人は性格悪いキャラで売ってるの?素であれだったらすごいな》

《主婦や女性うけ悪いと思うから、ヒルナンデスには向いてないと思うけど…》

《鷲見玲奈さんって、よっぽど自分に自信があるのね。滝アナに対する上から目線が嫌な感じ》

などの意見が寄せられておりました。

ファッションセンス対決では見事に1位に輝き、コーナ出演権を獲得していた鷲見アナ。

しかし、同番組の視聴者は主婦層がメインであるだけに、上から目線な態度や元彼を引き合いに出すなど、性格の悪さが滲み出ている鷲見アナの態度が腑に落ちなかったのでしょう。

スポンサーリンク

鷲見玲奈アナ、性格が悪い?過去には意味深ツイートが話題に

性格悪いの?という意見が大半を占めてしまった鷲見玲奈アナ。

今年6月には、自身のTwitter上で後輩アナウンサーについて言及した投稿が物議を醸したことがありました。

鷲見アナは、「色々あった後輩が、私の行っていたジムに『鷲見さんには内緒にしてください」と言って通ってるらしい。すごいメンタル…。」とツイート。

このツイートに自分自身でリプライする形で「鷲見さんがいなくなれば自分ができる番組が増えるって言ってたのも、プロデューサーにアピールしてたのも、知ってるんだからねっ」と続けていました。

「鷲見アナは後輩アナウンサーへの暴露ツイートをしたした直後から、ネット上はかなり騒然となっていましたが、鷲見アナはこの投稿を削除しています。『ジム帰りでアドレナリン爆発してました 忘れてください』と削除について言及するツイートを残していましたが、これすらも削除していましたよ。こうした意味深な言動が引き金となって、性格が悪いと言われてしまったのかもしれないですね。」(芸能ライター)

過去の言動からも、性格が悪いという指摘がされていた鷲見玲奈アナ。

今回の「ヒルナンデス!」での態度は、鷲見アナの本当の姿なのかもしれません。

(文:服部慎一)