Kinki Kids・堂本光一、下ネタ連発!?『ブラの気配』発言にファン歓喜も…無理していた?

ジャニーズ

17日に放送された「Kinki Kidsのどんなもんヤ!」(文化放送)。

同番組のMCであるKinki Kids・堂本光一さんが、「あの下ネタ」を口にしました。

ファンはその下ネタに歓喜。

では一体なぜファンは、光一さんの下ネタを喜んでいるのでしょうか。

スポンサーリンク

堂本光一、「あの下ネタ」を口に!「ブラの気配」にファン歓喜!

17日深夜に放送された「Kinki Kidsのどんなもんヤ!」。

この日、パーソナリティを務めたのはKinki Kidsの堂本剛さん、そして堂本光一さんの2人でした。

久しぶりにKinki Kidsの2人が揃ってパーソナリティを担当した今回、いつも以上の盛り上がりを見せました。

そして、番組恒例の「オススメのナンバー」をかけることに。

この日の「オススメのナンバー」は、昨年12月に発売された「光の気配」。

すると、ここである事件が。

光一さんが「それでは聞いてください、光の気配」と紹介したのですが、その直後に「……ブラの気配」と付け足したのです。

それを聞いていた剛さんは、思わず吹き出してしまいます。

突然の下ネタ発言、しかしこれを聞いていたリスナーからは、

「ブラの気配、いただきました!」

「まさかここで聞けるとは……」

と、嬉しそうな様子。

ファンが喜ぶ「ブラの気配」とは一体、何なのでしょうか。

光一さんが口にした「ブラの気配」は、昨年12月に開催されたコンサートツアーの東京ドーム公演で光一さんが言った言葉でした。

コンサートツアーで「光の気配」を歌う直前、光一さんは自分のシャツのボタンを外し、胸元を大胆に見せると、「『ブラの気配』な」と言って笑いを誘ったようです。

 

スポンサーリンク

堂本光一、下ネタを連発していた!でも無理して下ネタを言っている?

コンサートで笑いを誘った「ブラの気配」を、ラジオでも口にした堂本光一さん。

光一さんは、他のアイドルからも支持を受けるほど、ジャニーズ事務所の中でも「真のアイドル」的存在であります。

その真のアイドルから飛び出てきた下ネタ。

しかし、光一さんは以前から、下ネタを平気で口にする人でした。

たとえば「Kinki Kidsのどんなもんヤ!」が放送を開始した1994年、まだ光一さんと堂本剛さんが、メジャーデビューを控えていた頃。

女性スタッフがいるにもかかわらずラジオ中に、言葉では書けないような女性の体の「一部分」を、光一さんは言ってしまったのだそう。

しかし、光一さんは下ネタを口にした自覚はなく、剛さんに指摘されてようやく気づいたようです。

同番組では、下ネタを連発している光一さん。

しかし、下ネタを発することに抵抗はなくても、下ネタをされることには慣れてはいません。

以前、「Kinki Kidsのブンブブーン」(フジテレビ系列)で、お笑いコンビ・かまいたちの2人が登場した時、山内健司さんから股間をまさぐられた光一さん。

「ちょっと待って!」と抵抗する様子を見て、剛さんが「慣れてないのよ。そういう(下ネタされる)のに」と、自分が下ネタの対象になることは苦手であることをポツリ。

光一さんはもしかすると、無理をして下ネタを言っているのかもしれません。

(文:有馬翔平)

コメント

テキストのコピーはできません。