文:Quick Timez

『GYAO!』、サービス終了の理由はなぜ?『そこさく』の今後はどうなる?

GYAO!TV番組
スポンサーリンク

16日、動画配信サービス「GYAO!」が2023年3月31日をもってサービスを終了することが明らかとなりました。

「GYAO!」のサービス終了をめぐり、ネット上では「急すぎる」などの意見も。

「GYAO!」のサービス終了の理由や、なぜこのタイミングの発表となったのでしょうか。

スポンサーリンク

「GYAO!」、サービス終了が決定!急すぎる発表に視聴者困惑「信じられない」

16日、動画配信サービス「GYAO!」が2023年3月31日をもってサービスを終了することが明らかとなりました。

同サービスは元々、USENグループが運営母体であり、2005年4月にサービスを開始。

2009年にはヤフーが買収をし、それ以降「ヤフー/ZHDグループ」傘下として動画配信をメインにサービスを展開してきました。

現在はレンタルの映画やアニメおよびドラマといったコンテンツのほか、地上波のTV番組の見逃し放送、バラエティ番組など豊富なコンテンツを有しており、一部を除いては基本的に無料で視聴することが可能です。

もちろん「GYAO!」オリジナルのコンテンツも存在しており、俳優の木村拓哉さんのラジオ番組「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」(TOKYO FM)と連動している「木村さ~~ん!」や、木梨憲武さんが出演をするバラエティ番組「木梨の貝。」、お笑いコンビ・かまいたちとみちょぱさんがMCを務める「かまいちょぱ」など、「GYAO!」でしか見る事ができない番組も豊富です。

同サービスは16日、サイトを通じ「誠に勝手ながら、『GYAO!』『GYAO!ストア』『トレンドニュース』は、2023年3月31日(金)午後5時をもちまして、すべてのサービスを終了いたします。」と、報告。

「各サービスをお楽しみいただいているお客様には、多大なご迷惑とご不便をおかけすることとなり、誠に申し訳ございません。何とぞご理解くださいますようお願いいたします。また、サービス開始より多くのお客様にご支持いただきましたことに、運営チーム一同、深く御礼申し上げます。」と、つづっていました。

3月31日にサービスを終了するという「GYAO!」ですが、発表されたのが1月16日ということで、急な発表だっただけに、ネット上からは

《GYAOサ終、信じられん! アニオタの俺にとって、GYAOはだいぶ頼もしい味方だったんだが… ていうか急すぎない?》

《え、Gyaoなくなるの!?こんなに急に!》

《GYAO!なくなるってまじかよ、急すぎて各方面に迷惑かかってるやん》

《Gyao!終わるって・・・びっくり。随分急だね。》

《GYAO!今年の3月31日に サービス終了だって… すごく良かったのに どうして急に???》

などといった、驚きの声が寄せられています。

スポンサーリンク

「GYAO!」、サービス終了の理由はなぜ?

オリジナルコンテンツを多数配信しているほか、昨今では「M-1グランプリ」の敗者復活戦の放送を始め、同賞レースにおいて3位までのコンビを当てる三連単企画など、インターネットと地上波をつなぐ素晴らしい企画も目白押しだった「GYAO!」。

いきなりサービスを終了するという事ですが、その理由とは一体なんだったのでしょうか。

「GYAO!」を運営しているのは、ZHDグループでありYahoo!JAPANやLINEといったアプリケーションのサービスを展開しています。

「GYAO!」という動画配信サイトの運営にリソース割くよりも「LINE VOOM」にリソースを割きたいのが現状。

そのため、「GYAO!」サービス終了の理由の1つに「LINE VOOM」に注力したいという思惑があるでしょう。

「LINE VOOM」は、Tik TokやInstagramのリール動画、YouTubeショートのように縦型のショート動画で、主にメッセージアプリLINEの中で閲覧する事ができるサービス。

「GYAO!」よりも、LINEに注力したいという同社の狙いが伺えます。

また、NetflixやAmazon Primeなど、膨大な資金力に基づいて製作費を惜しまずにコンテンツを作り続ける外資系の動画サブスクリプションサービスの台頭などにより、「GYAO!」自体の利用者数の伸び悩みも、サービスを終了し「LINE VOOM」にシフトする理由の1つとなっているでしょう。

「GYAO!」、サービス終了で「木村さ〜~ん!」や「そこさく」の今後はどうなる?

前述した通り、「GYAO!」にはオリジナル番組「木村さ〜~ん!」の配信もあるほか、地上波のTV番組を見逃し配信できるサービスもあります。

その中でも人気なのが、テレビ東京系の「そこ曲がったら、櫻坂? 」(※略称はそこさく)の見逃し放送。

テレビ東京系はTXNネットワークというネットワークのもと配信をされていますが、テレビ東京の他にはテレビ大阪(TVO)、テレビ愛知(TVA)、テレビせとうち(TSC)、テレビ北海道(TVh)、TVQ九州放送から構成されており、このキー局6局の電波を受信できない地域は視聴する事ができません。

このため、東北6県や北陸地方などに在住している視聴者は「そこさく」を見る事ができないため、「GYAO!」での見逃し配信に頼るしかないのです。

関連記事:テレ東『そこ曲がったら、櫻坂?』、番組史に残る放送事故回にファン絶句「寒気がした」

しかしながら、今回サービス終了により「そこさく」を視聴できなくなるのではという一抹の不安が、ファンの間では広がっている模様。

また、同様に「木村さ〜~ん!」の行方についてもファンらは不安を覚えているようです。

3月31日をもって「GYAO!」上からは見られなくなりますが、「そこさく」に関しては代替案として「Tver」や「テレビ東京オンデマンド」での配信が始まるかもしれません。

「GYAO!」オリジナルだった「木村さ〜~ん!」に関しては今後、YouTube公式チャンネルを開設するなど別のプラットフォームで配信をする可能性も考えられます。

急なサービス終了で話題の「GYAO!」。

もう少し早く視聴者に知らせるなどの配慮があってもよかったのかもしれません。

(文:服部慎一)