当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」、「霜降りミキXIT」に取り上げられました
文:Quick Timez 編集部

元キャバ嬢・エンリケ、過度な糖質制限で救急搬送!痩せたい気持ちが勝り一時卒倒

スポンサーリンク
タレント

※画像はイメージです

2日、元カリスマキャバ嬢でタレント・ユーチューバーの小川えりさんことエンリケさんが自身のYouTubeチャンネルを更新しました。

過度なダイエットがたたり救急搬送されたことを告白し、ネットが騒然としています。

スポンサーリンク

元キャバ嬢・エンリケ、過度な糖質制限で救急搬送!

2日、元カリスマキャバ嬢でタレント・ユーチューバーの小川えりさんことエンリケさんが自身のYouTubeチャンネル「エンリケ空間チャンネル」を更新しました。

エンリケさんはベッドに横たわり、ほぼすっぴん姿で「人生で初めて救急車で運ばれちゃった」、「自分でも正直ビックリ」と覇気のない弱々しい声を絞り出します。

久しぶりの動画更新がこのようなショッキングなものになったことを詫びつつ、無理な食事制限が原因だったことを振り返るエンリケさん。

短期間で6キロ減量するも、極端に糖質や炭水化物をとらなかったことが、結果的に体に負担をかけていたようで、日課だったウォーキングにも行けなかったことや急な目眩に襲われるようになり、内心「ちょっとヤバイな」と感じてはいたそうです。

しかし、「痩せたい」気持ちを優先するあまり、入浴ができずにサラダも食べられなくなった状況に陥り、空腹のままシャンパンバーでシャンパンを口にしたところ倒れてしまったのだそう。

たまたま夫がその場にいたため、119番通報して救急車を呼んでくれたそうですが、エンリケさん自身は倒れた記憶すらないと振り返ります。

気づいた時には病院で5本もの点滴を打たれた状態だったとのこと。

「だいぶ回復してきた」とするものの、今回の経験から糖質制限や炭水化物を抜いたダイエットは「健康的ではない」として「オススメできない」ことから、「自分の体を大切にしながらダイエットしてほしい」と今回、動画を更新した理由と目的を発信しました。

スポンサーリンク

過度なダイエットは絶対にダメ!

今回、無理なダイエットがたたり病院に担ぎ込まれてしまったエンリケさん。

食事についてはおかゆをはじめとした回復食で徐々にできるようになっているそうで、ひとまず危機的状況は脱したようです。

しかし、これから肌の露出が増える時期ということもあり、ダイエットをする人が多くなるであろうことから啓発めいた動画に。

当初は、24時間で投稿そのものが消えるストーリーズに投稿しようと考えていたそうですが、「とっても大事なこと」であるために動画投稿に踏み切ったようです。

近年、人気となっている「糖質制限ダイエット」ですが、大前提として糖質は脳のエネルギー源となる栄養素であり、欠けてしまったら人間は自身の体内にある筋肉を分解することで栄養を補うことになります。

それが頭痛やめまいの正体で、厳しい糖質制限により体は「低血糖症」を引き起こしていることが考えられます。

「糖質」は人間が生きていく上で必要不可欠な栄養素であり、決して「糖質=悪」ということではありません。

「糖」という字面のイメージが「太る」ことを連想させ、人を「糖質ダイエット」に向かわせるのかもしれませんが、炭水化物の摂取が減ることで食物繊維や水分量も摂取不足となり、便秘になりやすくなるだけではなく、筋肉量が落ち、仮にダイエットに成功したとしてもそれはあくまでも短期的なものとなる結果に。

長期的に見ると、糖質制限への反動から暴飲暴食を引き起こし、筋肉量の低下などからダイエット前よりも脂肪を蓄えやすくなっているなど、体内の調子が狂っているため激しくリバウンドして健康的な見た目とは程遠くなる一方です。

ダイエットに無理は禁物と言われていますが、無理をした先にほっそりとした肉体が待っているなら多少無理してでも頑張ってしまうのがダイエットの非常に危険な点です。

ダイエットはひとつのきっかけに過ぎず、大事なのはダイエットでまず何をしたいのかを考えること。

水着を着たい、お洋服をおしゃれに着こなしたい、目的を明確にすればそこには必ず「健康」というキーワードが重要になってくることに気づくはずです。

どんなに痩せたとしても、顔色が悪く常に目眩に振り回されたり便秘で苦しんでいるようでは本末転倒。

もちろん「糖質制限」も正しく行えば、ダイエット効果を実感できるものなので、無理せずに正しいたイエットを継続して、理想的なプロポーションに近づきたいものですね。

(文:Quick Timez編集部)