当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」、「霜降りミキXIT」に取り上げられました
文:服部慎一

板野友美、アニサキスによる胃の激痛で急遽病院へ「人生のランキングで上位に入るほど痛かった」

スポンサーリンク
板野友美アイドル

画像:時事

26日、自身のYouTubeチャンネルを更新した板野友美さん。

アニサキスにより胃に激痛が走ったと報告をしており、ファンから心配の声が寄せられています。

スポンサーリンク

板野友美「人生のランキングで上位くらいに痛かった」胃の激痛で急遽病院へ

26日、元AKB48のメンバーである板野友美さんが自身のYouTubeチャンネルで「激痛に襲われ緊急で病院に行くことになりました」と題した動画を更新。

同動画の冒頭で、「昨日の朝からすっごく胃が痛くて、急遽昨日病院に行ったら、十二指腸潰瘍だと言われました。」と報告をしていました。

しかしながら、板野さんは「薬ももらったんですけど、本当に効かなくて、胃がメチャクチャ痛過ぎて…。」と、十二指腸潰瘍ではない可能性を示唆。

「こんなこと初めてなんですけど、夜も寝られないという事態が起こってしまっているので、今日も含め明日も仕事がたくさんあって穴を開けられないので、今から胃カメラをしにいこうと思います。」と、胃カメラにて精密検査をすることも報告していました。

板野さんは「今、診察終わって胃にアニサキスがあるか調べます。」と、病院内での診察についてレポート。

「おととい、お寿司食べちゃったので、もしかしたらそのせいかもしれないって言われて。」と、食事について心当たりがあることも明かしていました。

胃の診察が終わった板野さん。

「やばいです。アニサキスがいました。胃からアニサキスを引っ張るという激イタな行為をしました。」と、アニサキスが原因で胃に激痛が走っていたとした上で、「マジで涙出た。マジで結構人生のランキングで上位くらいに痛かった普通に。」と、その恐怖を語っていました。

スポンサーリンク

板野友美の報告に心配の声

無事、アニサキスはいなくなった報告し、動画の最後ではスッキリとした表情を浮かべた板野さん。

しかし、そのほとんどが板野さんが苦しみに悶える様子を収めていたことから、

《ともちん大丈夫ですか?無理せずがんばってください、応援してます》

《心配ですけどお大事になさってください》

《ともちん、お疲れ様です。 ゆっくり過ごして頑張ってください‼️お大事にしてください》

《大丈夫?無理しないで下さい、ちゃんと治してね、応援してます》

《妊娠より痛いなんて想像を絶する。ともちん無事で良かった》

などの心配の声も寄せられています。

アニサキスとは、魚介類に寄生をしている寄生虫のことで、サバ、サンマ、アジ、イワシ、ヒラメ、サケ、カツオ、イカ等の海産魚介類の刺身や、冷凍処理をしていないシメサバなどの加工品に多く潜んでいます。

生きたアニサキスが付いたままの海産魚介類を生食、あるいは冷凍や加熱が不十分な状態で食べると、アニサキス食中毒を引き起こす事があり、激しい腹痛や腸閉塞などを引き起こす恐れがあります。

60度以上での1分以上の加熱あるいは、マイナス20度以下での24時間以上の冷凍をするとアニサキスは死にますが、そうした処理をしていないと危険性が増すのも事実です。

板野さんも動画の中で「イカ明太を食べたからかな?」と話していましたが、やはり、魚介類を生食する際には十分に気をつけなければいけないでしょう。

(文:服部慎一)