当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」、「霜降りミキXIT」に取り上げられました
文:服部慎一

駆け抜けて軽トラ・小野島、「芸人になる」という小学校からの夢が叶い「イチロー選手と同じタイプ」と明かす

スポンサーリンク
インタビュー

4月29日に単独ライブを開催するお笑いコンビ・駆け抜けて軽トラ。

餅田コシヒカリさんは、加藤綾子アナに似ているということでブレイクを果たしましたが、現在は、昭和ポルノの世界を表現したコントに注力するなど、脱”カトパン”を目指しているとのこと。

そんな駆け抜けて軽トラのお2人に、Quick Timez編集部ではインタビューを敢行。

様々なお話を伺ってきました。

スポンサーリンク

駆け抜けて軽トラ・小野島、自身をめぐり「イチロー選手と同じタイプ」

ーーまずは、お2人がお笑い芸人を目指したキッカケからお聞きしたいのですが、小野島さんいかがですか?

小野島さん:僕は、とんねるずさんとかダウンタウンさん、ウッチャンナンチャンさんをテレビでいつも観ていて、小学生の卒業文集に「芸人になる!」って書いてましたね。

その時は吉本興業に入るって言ってたんですけど、流れ着いて松竹芸能に入りました。

卒業文集に書いた夢が叶ったという点では、イチロー選手とか本田圭佑選手と同じタイプですね(笑)。

ーーそうですね(笑)。お笑い1本で来られたんですね!

小野島さん:お笑い1本です!小学生の時も先頭を切って、コントじゃないですけど色々やったりとかもしてました。

ーーご自身で作られてたんですか?

小野島さん:いえ、パロディみたいなものですね。

その当時、「ウォーターボーイズ」が映画化される前だったんですけど、男性のシンクロが流行ってるからっていうので、みんなで曲に合わせて踊ったりとかしてました。

ーーエンターテイメントな感じですね!餅田さんはいかがですか?

餅田さん:私は元々女優になりたくて上京してきて、最初は劇団四季を目指して学校にも通ってたんですけど…。

当時から太っていて、その時の先生に「劇団四季は太ってる人は入れないんだよ。痩せるか諦めるかどっちかに決めな!」って言われて、「諦める」を選びました。

ーー(笑)。

餅田さん:そこで挫折して…。

小野島さん:挫折でも何でもないだろ、何もしてないだけだよ(笑)。

餅田さん:(笑)。松竹が新人発掘みたいな感じで見に来てくれてて、「うちに入れば女優とか結構幅広く出来るから良いんじゃない?」って言われて養成所に入れてもらったんですよ。

そこで、「私は女優になれる!」って思ったんですけど、授業受けてたら急にネタ見せとか始まって、そこがお笑いの養成所だったっていうだけで芸人になっちゃって。

元々は芸人には1番なりたくないというか、とにかく恥をかきたくなくてカッコつけちゃうタイプだったので、ずっと嫌で無理矢理やってきて…。

でも、小野島さんと組んでちゃんとネタをやるようになってから、お笑いが楽しいって思えるようになって。

小野島さん:結構、事務所がウソつくんですよ。

僕も大学のお笑いサークルからスカウトで入ったんですけど、その時は「めちゃイケ」に出られるって言われて入ったんですけど、一度も出た事ないですね(笑)。

ーーそうなんですね(笑)。実際に入ってみてどうでしたか?

餅田さん:最初はダイエット番組だけ出てる感じで、太って痩せてそれで得たお金でまた食べて太ってみたいな。

一生イケるんで(笑)。

でも、小野島さんと出会って、賞レースとか本気で出るようになって、そこから頑張ろうってなった感じですね。

ーーコンビを組もうってお声掛けされたのはどちらからですか?

小野島さん:それが、事務所から組んでみたらって言われて。

ーー松竹さんは結構そういうスタイルなんですか?

小野島さん:いや、珍しいみたいです。

安田大サーカスさんくらいですね。

クロちゃんさんもアイドルになりたかったけど、気付いたら芸人にされてたっていう。

なので同じラインですね。

騙されて組まされてやってみたら上手くいったっていう(笑)。

ーー組んでみてと言われて、何も思わなかったですか?

小野島さん:最初お話いただいた時は僕がピンでやってて楽しかったので、1回断ったんですけど、マネージャーさんに「あんたは1人でやってても売れないんだから。」って言われてビックリしちゃって。

餅田さん:でも、その方には本当に感謝しています。

ーーお2人でやることになった時に、ネタはすぐに浮かびましたか?

餅田さん:そもそも私がお笑いをやってなかったのでネタも書けないし、なので全部お任せしてて。ネタも番組のアンケートもピンネタも書いてくれたりとか。

小野島さん:最初は「カトパンさんに似てるから、どうにかネタにしてくれ。」って事務所からお願いされて作ってました。

それ以外のものをやるとすっごい怒られるっていう(笑)。

ーーそこは少し葛藤がありましたか?

小野島さん:このままカトパンさんだけで大丈夫かなって不安はあったんですけど。

餅田さん:一発屋的なとこもあったし、賞レースはモノマネだけだとって所もあったりして。

小野島さん:そうですね、そのへんは少し葛藤もありました。

ーー「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」で優勝されていますが、反響はいかがでしたか?

小野島さん:その前の年にカトパンさんのネタで最終まで行ったんですけど本戦に届かずで…。

次の年に「昭和ポルノの世界」のネタを持って行ったら、こっちを伸ばしていこうって言ってもらえて、一気に楽しくなったというか。

餅田さん:それが転機ですよね。カトパンさんのネタじゃないっていうところで。

小野島さん:一次終わった時に楽屋戻って、嬉しすぎて「よっしゃー!カトパンやんなくていいんだ!」って言いましたもん。

ーーそんなに嫌だったんですね(笑)。

小野島さん:というか、もうこれ以上どうやって笑いに変えていったらいいか分からない感じだったんですよ。

ーー「昭和ポルノの世界」はどのようにして生まれたんですか?

小野島さん:寺山修二さんとか、つげ義春さんの作品とかが好きで、そこからヒントを得て作ったりとかしてます。

次の単独ライブのポスターも、丸尾末広さんを参考にさせていただいたりして。

餅田さん:このポスター本当にお気に入りです。

ーー初めて昭和ポルノのネタをもらった時はいかがでしたか?

餅田さん:私、言われたらやるタイプなので、嫌だとかは特になかったですね。

何か演技っぽいし、元々女優やりたかったのもあったし楽しかったというか。

演技の一つ一つも教えてもらいながらやってたので苦じゃなかったですねぇ。

小野島さん:確かにやりたくないとかは全然なかったですね。

餅田さん:小野島さんの良い世界観が出てたなぁって思います。

小野島さん:恥ずかしいっていう所で言うと、「おもしろ荘」に出た時のネタがあるんですけど、狭い楽屋で着替えなきゃいけない時に、餅田がそれまでは下腹を隠すようにパンツを履いてたんですけど、たまたまクルクルってなって本当にパンツがちっちゃくなってて。

それをチラっと見てしまって、本当に紙切れ一枚で来たのかと思ってビックリしちゃって(笑)。

ちょっと見せてみてって言ったら、最初は嫌だって言ってたんですけど、これは本当に面白いからって楽屋にいたみんなに見てもらって、そこでめちゃくちゃウケて。

やっぱりウケると餅田も嬉しくなったみたいでそれをネタにしたんです。

餅田さん:とにかく、めちゃくちゃ笑ってもらって嬉しかったですね。

小野島さん:松竹って新年会があるんですけど、若手はショートネタを見せないといけなくて、そこでパンツのネタを見せたらすごい盛り上がって…。

ーー新年会は皆さんいらっしゃるんですか?

餅田さん:そうですね、若手は何組かしか行けないんですけど。

小野島さん:よゐこさん、ますだおかださん、TKOさん、安田大サーカスさんさんとかが見てくださってる所でやるんです。

餅田さん:新年会でウケると売れるみたいなジンクスがあるらしくて…。

小野島さん:その年の年末に「おもしろ荘」が決まりましたね。

ーー松竹さんの中で仲の良い先輩後輩の方はいらっしゃいますか?

餅田さん:それぞれでありますね。

私は、キンタロー。さんと「SBK48(松竹ブサイクフォーティ―エイト)」っていうアイドルユニットをやらせてもらっててお世話になってました。

私は身体がブサイク担当だったんですけど(笑)。

小野島さん:僕はうしろシティの阿諏訪さんとか、オジンオズボーンの篠宮さんとか、なすなかにしの那須さんとか、プライベートでも仲良くしていただいてますね。

駆け抜けて軽トラのプロフィール

名前(左):小野島 徹(おのじま とおる)

生年月日:1987年9月16日

出身地:埼玉県

血液型:AB型

趣味:パン作り、鎖鎌

特技:スティールパン演奏

Twitter:@onojima_tohru

名前(右):餅田 コシヒカリ

生年月日:1994年4月18日

出身:宮城県

血液型:A型

趣味:食べ歩き、読書(東野圭吾作品愛読)、ミュージカル観劇、即興作曲

特技:ピアノ(17年)、耳コピ、絶対音感、歌(声楽6年/ゴスペル2年/Nコン2011銅賞)、お腹で鈴を鳴らしながら歌う

Twitter:@m_koshiikari

Instagram:koshihikarimochida0000

スポンサーリンク

駆け抜けて軽トラ 単独ライブ「濡れたのぞき坂」開催決定!

駆け抜けて軽トラのお2人が行う単独ライブ「濡れたのぞき坂」が、歌舞伎町Sparkleにて開催決定となりました。

下記は詳細ですので、ぜひご参加ください。

日時:2022年4月29日(金)

昼公演:13:30開場/14:00開演

夜公演:17:30開場/18:00開演

出演:駆け抜けて軽トラ(単独ライブ)

会場:歌舞伎町Sparkle

東京都新宿区歌舞伎町1-17-2小松ビル地下1階

※新型コロナウイルス感染対策のため、客席数を縮小しての開催となります。

チケット:

【昼公演】劇場前売券2,500円(前売のみ/整理番号付全席指定席)

【夜公演】劇場前売券2,500円(前売のみ/整理番号付全席指定席)

オンライン視聴券2,000円(夜公演のみ・最大1か月アーカイブあり)

※チケットは、オンライン配信のみ販売中

(5/29(日)21:00までご購入いただけます。)

チケット発売:https://shochikugeino.zaiko.io/e/20220429keitoratandokulive

(文・取材:Quick Timez 編集部)

(撮影:RYOUSUKE MAEJIMA)