当サイトの記事が「全力!脱力タイムズ」、「霜降りミキXIT」に取り上げられました

鈴木砂羽「泣き寝入りしてはいけない」某映画監督をめぐる過去のエグい暴露話を披露

スポンサーリンク
俳優・女優

画像:時事

女優の鈴木砂羽さんが12日、文章投稿サイト「note」を更新。

そこでとある映画監督をめぐる告発をし、話題となっています。

スポンサーリンク

鈴木砂羽「泣き寝入りしてはいけない」某映画監督をめぐる過去のエグい暴露話を披露

12日、女優の鈴木砂羽さんが文章投稿サイト「note」で記事を更新。

「無性に書きたくなって。」と題し、過去の暴露話を始めました。

鈴木さんは10数年前、とある映画の試写会終わりに映画監督とプロデューサーがいる席の食事会に呼ばれたそう。

次回作は主演を務めてほしいとの打診があったことから、食事会に参加した鈴木さんでしたが、映画の感想を求められ率直な意見を言ったところ事態は急変。

お酒の勢いもあったのか、その監督は「あんなテレビの延長映画みたいな作品に出てイイ気になってる」「〇〇監督はクソだ、あんな作品に出てるお前もクソ」などと、鈴木さんへの罵倒を繰り返すように。

会食中に携帯電話の着信があり、電話に出てしまった鈴木さんの言動に激昂したその監督は、「出てけ。お前みたいな女優は二度と顔見せんな」と叱責すると、鈴木さんも「ナメんじゃねーぞ。」
と、言い捨てその場を去ったのだと言います。

この告発にあたった経緯について鈴木さんは「『性被害』一連の報道を見て、今現在あの日のことを振り返ると、自分の中の本能的な怒りが発動したんだと思う」と、自己分析。

「泣き寝入りしてはいけない。事務所も見て見ないふりはしてはいけない。絶対に役者を守らなくてはならない。長いモノに巻かれてやり過ごす時代は終わった」と、念を押していました。

スポンサーリンク

鈴木砂羽、罵倒されたのは園子温監督?

鈴木砂羽さんが罵倒された監督とは一体誰だったのでしょうか?

鈴木さんはnoteの中で、「実は映画の内容自体にさほど心を動かされなかった。エログロ的な画の中で、俳優たちの死闘のような頑張り」、「海外の映画賞を多数取ったばかりの彼は饒舌だった」などとつづっています。

また、「そのうちに以前付き合っていた?という女優の名前を出し、自分の元を去っていった女優がいかに売れたのは自分の功績だと言う事を語り出した。語り口の威勢はいいが誰の目から見ても明らかに未練しかないのに、本人がそれにまったく気づいていない様子に呆れた」と、具体的なエピソードまでも。

これらを整理すると、監督の条件は下記のようになります。

・エログロ的な描写で実績のある監督

・海外の映画賞を数多く受賞している

・鈴木砂羽さんは、当該監督の映画の第三弾に主演で出演予定だった

・女優と付き合っていたと自慢話をする

・その女優が売れたのは自分の功績だと話す

昨今、性加害の疑惑で問題となっている園子温監督ですが、海外の映画祭で数多くの賞を受賞しています。

また、過激な性描写も多い監督として知られており、鈴木さんも「あの試写の日、最初映画を観た時からすでに感じていた」と思うほど、性被害をめぐる一連の報道を見て思い出すほどだったと語っているほど。

こうしたことから、鈴木さんが名前を挙げたのは「園子温監督ではないか?」と、ネット上では言われています。

キャスティングをチラつかせて肉体関係を迫る「枕営業」。

これに鈴木さんは「自分の弱さを分かっていて自らを与えてしまう女たち。何故くだらない男たちの餌食になるのか、もう一度よく考えてみた方がいい」と、警鐘を鳴らしていました。

(文:服部慎一)