三拍子・久保「何で入ったんだろう」入所当時のサンミュージックのお笑い事情を回顧

文:服部慎一
インタビュー
スポンサーリンク

「G-1グランプリ」では決勝に進出するなど、実力派の漫才師として知られる三拍子の2人。

Quick Timez編集部では、三拍子の2人にインタビューを行い、お笑いを始めたきっかけやG-1グランプリにかける思いなどについてお話を伺ってきました。

スポンサーリンク

三拍子・久保「何で入ったんだろう」入所当時のサンミュージックを回顧

ーーまず、お2人がお笑い芸人を目指したキッカケからお聞きしたいのですが、高倉さんいかがですか?

高倉さん:僕は、小学校2,3年生の時に学校の帰り道に友達に、嘉門タツオさんの替え歌を真似して聞かせたら、「高倉めちゃくちゃ面白い!」って笑ってくれて、そこから笑ってもらったり面白いと思わるのがすごい良いなと思って。

6年生くらいまで友達と面白いことやったりして、中学校に入って生徒会長になっても面白い事やって、高校入って漫才を始めて…。

進路相談の時に初めて親に言って、そしたらお母さんは「分かってたよ。あなたは芸人さんになるんでしょ。」って言ってくれて。

そこから東京アナウンス学院のお笑い養成所で2年間習って、相方と出会ってサンミュージックに入るっていう流れですかね。

ーーなるほど、スタートは嘉門タツオさんなんですね。

高倉さん:そうですね、当時替え歌のアルバムがあって、その中にちょっとしたショートコントみたいなのもあって、それが面白くてゲラゲラ笑いながら。

真似したやつを友達に見せたりしてましたね。

ーー他にも影響を受けた芸人さんはいらっしゃいますか?

高倉さん:やっぱり、加トちゃん、ケンちゃんから入って、そのあとウッチャンナンチャンさんとか、とんねるずさん、ダウンタウンさんの番組とか…。

久保さん:え、北海道でやってた?

高倉さん:やってるやってる全部。テレ東は入んなかったけど(笑)。

ーー(笑)。

高倉さん:その3組を物心ついた時からずっと観てて、こういう人達になりたいなって。

とんねるずさんみたいに、スポーツやって歌うたってコントやって。

あとは、「ダウンタウンのごっつええ感じ」のド世代なので、その中に「ボケましょう‼」っていうコーナーがあるんですけど…。

学校の教室のシチュエーションで先生役が入って来て、あとは生徒役が居てめちゃくちゃボケるっていう。

それを松本さんが見て点数をつけていくんですけど、次の日に友達とそれをやるっていう遊びを中学校の時にスゴイしてましたね。

今考えたら怖くて出来ないですけど。

久保さん:芸人とは違うからね!学生がやるのは良いのよ(笑)。

高倉さん:しかもトリでやらされるからね。期待値高いから大変よ。

ーーすごい遊びですね(笑)。久保さんはいかがですか?

久保さん:僕は、キッカケが本当にないんですよねぇー。

学生時代、野球部だったんですけど、野球部のグラウンドの横にサッカー部のグラウンドがあって、サッカー部のヤマザキくんっていう同級生が、進路を決める時に東京アナウンス学院に行ってお笑いをやるんだって聞いて、楽しそうだなぁって思って。

専門学校だったんで、2年棒に振ってもそっから働けば大丈夫かなって思ったりして。

なんとなくまだ働きたくないのと、なんかやりたいなぁーっていう安易な気持ちで…。

ーー誰かがキッカケでとかではないんですね!

久保さん:そうですね、お笑いが好きなのは好きでしたけどね。

朝から晩まで練習してたので、高校3年間はテレビもほとんど観てなかったので、ダウンタウンさんとか、ウッチャンナンチャンさんとかはそれより前のイメージですね。

ーーなるほど。東京アナウンス学院で出会われてコンビを結成されたとのことですが、どういった経緯で組むことになったんですか?

高倉さん:僕が学年が1つ上なので先に入ってて、コンビを組んでいたんですけど解散して1人になったんですよ。

でも、僕のコンビは成績が良いんですよ。優秀なんですよ。

久保さん:大トリやってましたもんね。

高倉さん:そうそう。中学校でもずーっと大トリやってたんで(笑)。

だから高倉を1人にしておくのはもったいないって講師の先生が、1年生のまだコンビを組んでない2人を連れてきて、どっちか選んでいいよみたいな。

そこに久保がいて、久保を選んだっていう感じですね。

ーーそこで久保さんを選んだ理由というのは?

高倉さん:えーっと…、真面目そうだったから。

最初に会った印象はそんなに良くなかったんですけど、やっぱり野球部っていうので礼儀正しいとかそういうのが見えたんですよね。

決して面白そうではなかったですね(笑)。

ヤンチャな感じだけど礼儀だけはしっかりしてるみたいな。

もう一人は面白そうだったけど、テキトーそうな奴だったんで、究極の二択で選びました。

ーー久保さんはコンビ組もうって言われた時にどう思いましたか?

久保さん:組もうっていうよりは、最初先生に「高倉くんのコンビが解散するのでじゃあ久保君。」って言われて拒否権がなかったんですよ。

そして「高倉さんよろしくお願いします。」って言ったら「とりあえずお試してやってみて…。」って言われて。

でも、1年先輩だし、野球部だったら一年先輩はほぼ神なんで、「はい分かりました。」って言って。なので、いつ組んだか定かではないんですよね。

高倉さん:お試しでライブ出て結果残してってみたいなね。

だからまぁ、今も試しって言えば試しだね。芸歴もまだ0年かもしれない。

久保さん:芸歴は通用しねーだろ!(笑)コンビ歴は分かんないけど(笑)。

ーーそこから色んな事務所がある中で、サンミュージックさんを選んだ理由などは?

久保さん:素晴らしい質問ですね、そうなんですよ。

まさに当時のサンミュージックなんて、何で入ったんだろうっていう事務所で。

高倉さん:まだ誰も世に出てなかったもんね。

ダンディ坂野さんがまだCMとか出る前だしね、まだ黄色いスーツも来てなかったくらい。

久保さん:お笑いの部署を作ってまだ5年?くらいで、誰も売れてなくて、マネージャーも3人くらいで…。

高倉さん:アナウンス学院に、色んな事務所からスカウトじゃないけど、「このコンビ採りたい」みたいな方々が来るんですよ。

誰も売れてる人がいないのがサンミュージックで、その中で一番をとれば売り出してくれるんじゃないかと思って。

“サンミュージック”って名前は聞いたことあるし、あの事務所だから絶対売り出してくれる!って思ったんですよね。

久保さん:なんか芸能界のそういうのあると思ってたよな。どんどん売り出して、番組決めてきたぞ!!みたいなの。

実際は、まっっっったく無かったっすね。

ーー(笑)。まだお笑い部門に力を注いでなかったんですかね?

久保さん:当時は、ひどかったですよ。

高倉さん:まず知ってる芸人はいないんですけど、ライブやってみたら面白い芸人はいっぱいいたんですよね。

久保さん:面白いけど他の事務所を弾かれたおじさんが集まってて…。

高倉さん:最近でいうと、SMAみたいな感じですね。

僕らが入った時は、ダンディ坂野さん、髭男爵さん、カンニングさん、飛石連休さんがいて、もうほんと誰も知らなかったですね。

僕らライブの中では若手として早々に勝ち上がって、オーディションを入れてくれるっていうので「爆笑オンエアバトル」だったり深夜のネタ番組とかに出さしてもらって、ちょっとずつ結果を残すようになるんですけど、ただ先輩方には少し妬まれるっていう。

ーーそうなんですね(笑)

高倉さん:僕らが入ってすぐ結果を残したので、当時の女性マネージャーが「三拍子に手伝いとかやらせないで。」みたいな感じになって、僕ら手伝いとかしないのが普通だと思っちゃってたんですよね。

久保さん:何年かやって、「いやいや、僕らが行きます!」とかって言うようになるんですけど、入りたての時はなかなかグループに入れてもらえず、寂しかったですね。

ーー三拍子さんといえば「爆笑オンエアバトル」のイメージが強いのですが、芸歴何年目くらいで出たんですか?

久保さん:3年目くらいかな?早かったのは早かったですね。未来予想図としては順調でした。

高倉さん:地方大会とか行くと、「わぁ!三拍子だ!」ってちょっと盛り上がってくれるのが嬉しかったですね。

ーー当時からネタは高倉さんがお作りに?

高倉さん:そうですね、僕が1人で喫茶店とかでひたすら机に向かって考えるっていう。

今はもうスマホと睨めっこで、ニュースをコピペしてメモの所に貼って箇条書きにしてそこから組み立てるみたいな。

ずーーーっとスマホをいじっている人ですね。

久保さん:お前かホストかだよ、ずっとそうやってんの。

ーー(笑)。久保さんはその間は何をされてるんですか?

久保さん:生活してます。

何回か一緒にやろうみたいなのがあってその場にいたんですけど、最終的に僕が「これ僕いらなくないですか?」って言って(笑)。

ーーネタ作りの相談とかはされないですか?

高倉さん:オチとか決まってない段階で渡してどうしようとかはありますね。

あとツッコミはあるようでないようなもんなので、それはもう完全に任せるっていう。

久保さん:ネタ書いてくるじゃないですか。

それに対して書いてない方が、「これ無し。これもダメ。」とか言うから普通は喧嘩になると思うんですけど、そこに(高倉さんの)優しさが加わってるから「あぁ分かった。」って言ってくれるっていう。

奥さんにも言われたんですよ、「冷静に考えたらどうかしてるよ。」って。

ネタ書いてなくて無しとか平気で言えるのどうかしてるよって(笑)。

高倉さん:そういう風に言われることはほぼないですけどね。

まぁお互いの事だから、1人がやりたくないならそれはやめておこうっていう。

ーーすごくバランスが良い関係性ですね!

高倉さん:ただ、逆の事はないですからね。

久保さん:俺が書いたものを出して、ダメ!って言われることはないからね(笑)。

高倉さん:そういう意味ではバランスは悪いですね。

ーー以前、「ENGEIグランドスラム」で「同業者から見て本当に面白いと思う芸人ベスト10」で1位に選ばれていますが、反響などはありましたか?

久保さん:そうですね、一番の反響は後輩から「僕は入れました!」「僕も入れました!」「すみません、僕は違う人にいれました!」が多かったですね(笑)。

高倉さん:あとはイベントとか営業で掴みにできたりとか。

「売れてないけど面白いランキング」に入ったことで、自分たちが売れてないことを知るっていう。気付かないようにやってきたのに。

ーー(笑)。それに選ばれること自体は嬉しいですか?

高倉さん:めちゃくちゃ嬉しかったですよ。

オンバトでグッときてこのまま行くんじゃないかと思ったら沈んできて、

「レッドカーペット」、「エンタの神様」ブームに乗り切れなくて、オンバトでいってなかった人たちがグッといって…。

うわぁ~って思ってたら「お笑いハーベスト大賞」で優勝したり、そこから何にもなかったら今度は「THE MANZAI」でファイナリストになって、これでイケるかと思ったら何もなくて…。

どうしようかって思ってたらそういうのに選んでもらえて、なんか頑張ってやってたら、たまにご褒美くれるんだなって。

ただそれを貰うことによって、突き抜けないし辞めもしないしが繰り返されるっていう…。

三拍子のプロフィール

名前(左):高倉 陵(たかくら・りょう)

出身地:北海道

生年月日:1981年2月16日

血液型:O型

趣味:オリジナルソング作成、味噌、スキューバーダイビング、スナック

特技:料理、一人旅

名前(右):久保 孝真(くぼ たかまさ)

出身地:東京都

生年月日:1981年10月8日

血液型:O型

趣味:スポーツ、ボーリング、西武ライオンズ応援

特技:和太鼓

ボケの高倉陵と、ツッコミの久保孝真の2人によるお笑いコンビ・三拍子。「爆笑オンエアバトル」や「笑いの金メダル」などで活躍し、2014年には「THE MANZAI」で認定漫才師となり、ワイルドカード決定戦から決勝に進出した実績もある実力派。

「芸人1000人にアンケート!! 売れてないけど本当は面白い芸人ベスト10」では、堂々の1位に輝くなど、同業者からの評価も高く、「G-1グランプリ」での活躍にも期待がかかる。

スポンサーリンク

三拍子・高倉陵、RYO TAKAKURAとしてのファーストアルバムがサブスク解禁

三拍子のボケを担当している高倉陵さんは「RYO TAKAKURA」という名義でシンガーソングライターとしても活動をしています。

音源作成は、音楽エンジニアの中谷浩平氏や、北海道出身ミュージシャン、TRIPLANE江畑兵衛氏など共同で行っています。

2018年2月16日に、渋谷354Clubにて初のワンマンライブ 「Clubを借りて自ら主催したbirthday partyでoriginal songを歌う漫才師を見て君は何を思う?」を開催。

翌年の2019年2月15日にも、代々木Laboにて2ndワンマンライブ 「音を止めろ!」を開催するなどしており、その他、下北沢ろくでもない夜など音楽ライブイベントに多数出演をしています。

また、定期的に自主企画も開催し、大成功を収めるなど音楽活動にも注力している高倉さん。

2022年3月16日からは、ファーストアルバム「SOGEN」がApple MusicやSpotifyなど主要音楽サブスクリプションサービスで配信が解禁されていますので、チェックしてみて下さい。

(文・取材:Quick Timez 編集部)

(撮影:RYOUSUKE MAEJIMA)